2009/5/3

合掌  音楽
忌野清志郎さん。
絶対に権力におもねず、どんなにメジャーシーンに顔をだしても常に「サブカル」そのものを体現しながら、飄々と颯爽と生きたあなたは、まさに、このうすっぺらな、インチキ野郎だらけの「日本ロック界」にあって、数少ない本当の「ロックンローラー」であり、巨大な柱であり、「核」そのものでありました。
残念ながら、一度もお仕事でご一緒する機会はありませんでしたが、自分はあなたを、心から尊敬しておりました。いや、過去形で書くのはやめます。今も尊敬していますし、これからもずっと、尊敬し続けるでしょう。


忌野清志郎という「核」を失った「日本ロック界」は、今後ますます、迷走の度合いを深めるでしょう。どこを目指し何を語るべきか分からないまま、同じところをぐるぐる回るだけになるかも知れません。
でも、そういうのもまた、ロックなんじゃないの?
あなたならニコニコ笑って、そう答えるのかも知れませんね。


忌野清志郎さん。
お元気で。
自分は、少なくとも、「あなたの意志を継ぐもの」になろうと努力しつづけます。
さようなら。

トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ