2008/6/10

日曜日は  音楽
姪っ子(弟の娘)の学校の吹奏楽部の定期演奏会に行ってきた。
姪の通っている埼玉栄高校の吹奏楽部は、一昨年、去年と、二年連続で
全国優勝してしまったので、規定によって今年はコンテストに出場出来ない、
という「超強豪」。今年は、どこぞの国際機関の招聘で、カーネギーホールで
演奏するんだそうな。パーカッションとハープ担当の姪は今年高校三年。
「あんた、今年が最後なんだから、見に来てあげなさいよ!」
俺の母親は大抵こんな調子。誘ってるんだか脅してるんだかよくわからないw。

クリックすると元のサイズで表示します

始まった演奏は、なんせ「高校NO.1」だからして、物凄く上手。
子供たちをここまで鍛える、というのは並大抵ではない。
ほんとうに一糸乱れぬアンサンブルだ。すげえ!!

・・・しかし、ずっと聞いていると眠くなる。音がこっちに飛んでこない。
もっと端的に言うと、全然、心に響かない。なんでだ?
「NO.1」なのに、なんで??

首をひねりながら聞いていると、演奏中にもかかわらず、俺の隣に座った母親が、
向こう隣の席の俺のおばに、姪っ子がどこにいるか、という解説をはじめた。
うるせーなー、演奏中だよ!!と思いつつ、そうか、と気づく。
これって、要するに「発表会」なんじゃん。
もっと平たく言えば「学芸会」の延長なんだ。
彼らがやっていることは「芸」であって、「芸術」じゃないんだ。

これは単に好みかもしれない。
しかし、俺は、もっと未熟で、その分、もっと自由でアグレッシブな吹奏楽が聞きたかった。
つまり、それは「高校生にしか演奏できない吹奏楽」であり、その未完成さとエネルギーゆえに単なる「芸」の範疇を超えたもの、明らかに「一種の芸術」である音楽。

そんな音楽はありえないのかも知れない。ただの妄想なのかも。
実際、クラシック楽器の習得の難しさを考えたら、現状の完璧なアンサンブルを実現するだけで、十分すぎるじゃないか。
確かにそれはそうだ。でも、俺はただただ、退屈だった。
もっとはじけろ、もっとうたえ、もっとしずめ、もっともえろ、もっとほえろ!
ずっと頭の中でブツブツ言っていた。
もちろんそんな演奏で「高校日本一」の座は、間違いなく手に入らないだろう。
この吹奏楽部の指導者は限りなく「正しい」。
そして「正しい」からそこから先に進めない。
残念だ。音楽は勝ち負けじゃないだろ。
「日本一」なんて称号、捨てちゃえばいいのに。
そしたら、「学芸会」じゃなくなるのに。

コンサートは2度の休憩を挟んで、約3時間続いた。
申し訳ないが、姪が出演していなければ、俺は最初の2曲で退出していたと思う。
確かに「学芸会」としては、圧倒的に高レベルだった。
間違いなく「日本一」だ。
しかし、「日本一の学芸会」が3時間も続くのは、もう二度と見たくない。
「今年が最後」でホントによかったww。

2008/6/9

6月9日って  音楽
ロックの日、なんだって。これってどうなの??
まあ、いいかw。

「裕彦、ロックっていうのは、なんなんだ」
むかしむかし、父親に尋ねられたことがある。俺が22の頃かな。
父親は、いかにも音楽教師らしく、「定義」とか「分類」からロックを理解しようとしたわけだ。「リズムなのか?」
確かに、その当時大抵どこの音楽室にもあったリズムマシン(それがKORGのドンカマティック、というマシンである事は随分後で知った)の「ROCK」と書かれたスイッチを押すと、チャカポコチャカポコ、世にも軽やかな8ビートが鳴った。
「うーん、まあそれもある」
「教科書に、グリーングリーンっていう曲が載っててな。曲の指導説明に、この曲はロックのリズムで、と書いてあるんだ。この曲はロックなのか。」
「ああ、♪グリングリーンって、あれ・・」よく言えばクソまじめ、悪く言うとまるで融通のきかない理論家の父親にロック論を語るほど、俺にロックに関する哲学があったわけではなく。「そうね、ロックだね。ロックはリズムよ」
「そうか。じゃあ、お前がやってるのはロックか」
「いや」当時、俺はいわゆるフュージョンバンド、をやっていた。「ちがう。フュージョン」
「フュージョンっていうのはなんなんだ。」
「簡単に言うと、ロックとジャズが混ざったみたいな」
「ジャズっていうのはなんなんだ。リズムか」
ああもう面倒くさい。「そう。ジャズもリズム。ロックもリズム。」
「ふーん」理解したのか、単にそれ以上考えるのが面倒になったのか、父親は質問をやめた。これ幸いと俺は自分の部屋に逃げ込んだのだが、この「ロックっていうのはなんなんだ」という父親の質問は、実はその後もほぼ一ヶ月おきに繰りかえされた。
別に父親がボケていたわけではなくw、多分、彼は自分の中で「そうか、ロックはリズムなんだ」と定義してみるものの、なにかのきっかけで「いや、それだけじゃないんじゃないか」という疑問を持ち、もう一度尋ねてみる、という事を繰り返していたんだろう。
今になってみれば、父親がいったいどんなことをキッカケに「ロックっていうのはリズムだけじゃないんじゃないか?」と思ったのか(それも、何度も!)、ちょっと知りたい気もする。でも結局、当時の俺は面倒臭くて、そのつど、「ロックはリズムだ!」でカタをつけていたような気がする。そのうち父親は重いうつ病にかかり、二度と「ロックっていうのは、なんなんだ」などという質問をすることもなく、70歳半ばにやっと訪れた回復の途上で、あっけなく亡くなった。父親が元気なうちにもっとちゃんと答えるべきだったのかも、とも思うが、実は今に至っても、俺は「ロックってなに」と尋ねられて、そう分かりやすい回答をする自信はない。やっぱり、「ロックはリズムだよ」と言って済ませてしまう気がする。だって面倒くさいから。あまりにも面倒くさいから。

確かに、俺の中に「最高のロックバンド」は間違いなくいる。Rage Against the machineだ。じゃあ「彼らがロックの全て」なのか、というと、別にそうでもない。ただ最高なだけだ。最低のロックバンドも間違いなくいる。B’zだ。じゃあ「彼らがロックじゃない」という事なのか、というと、別にそうも思わない。ただ最低なだけ。

ロックっていうのはなんなんだ。父親のかわりに、自分に聞いてみる。
とどのつまりロックってなんなんだよ。
実は全然わからない。未だに、全然。
逆らうこと?揺るがないこと?不屈な事?扇動的なこと?攻撃的なこと?
まあ、「そんなもん」だろう。
リズムでもスタイルでもない。要するに、表現に関する、心意気。
「そんな感じ」なのかも。

結局俺は、51歳にもなって何の答も見出せていない。
でも、これもまた、「そんなもん」か。
とか思いながら、6月9日「ロックの日」は終わっていく。

クリックすると元のサイズで表示します

2008/6/6

6/8 「漁港」TBSに登場!  音楽
告知です!!

6月8日(日)、14:00〜15:30
TBS系28局で放送される特別番組
『マグロ情熱紀行〜海のダイヤを迫れ!〜』に
「漁港」が出演!!

1時間半丸々鮪の番組で、番組終盤にどどーんと出演しますので、
是非是非、お見逃しなく!!

出演:小池栄子/ビビる大木/さかなくん/神無月/ザブングル/他

2008/5/17

Back to 5/13  音楽
いよいよトラックダウン最終日。
順調に進捗したものの、やはり作業は深夜に突入。

クリックすると元のサイズで表示します
なかざとさーん、もうすぐ朝ですよー

クリックすると元のサイズで表示します
まあ、こんなのは日常茶飯事・・なんですがw。

結局フリーダムスタジオでの作業は5/14の朝7時に終了。
自宅に戻って8時、風呂に入って9時。さあ気持ちよく気絶しよう、と思いつつも
一応一回全曲プレイバックしてみたら、どうしても気になる部分を数箇所発見。
すぐに中里さんに電話して、13時ごろ行くのでリテークをしたい旨お願いする。
中里さんが快諾してくれたので、2時間ほど仮眠してスタジオに戻り、2時間ほど
リテーク作業。15時半ごろ終了して自宅に戻り、再び全曲プレイバック。
すると、まだ気になる曲があるので、結局一曲丸々録音しなおし、自宅でTD。
翌日のマスタリングに備えてのデータ整理も含め、全作業が終了したのは
5/15の午前3時だったとさ(^0^)/

2008/5/17

Back to 5/11  音楽
延々自宅作業が続いてきた「ギララの逆襲」サントラ制作もいよいよ大詰め。
この日からフリーダムスタジオでのトラックダウンを開始。
でも、その前に、ちょこっと追加曲の録音。

クリックすると元のサイズで表示します
高野二郎くん、フルートで参加。「ジュラン ジュラン」のライブで
その実力を確認してはいたが、今回、完璧にレコーディングレベルの
腕前である事がはっきりした。さすが芸大、副科のクオリティも高し(^0^)/

クリックすると元のサイズで表示します
続いて高野二郎くんの弟子、山岸由香さんがボーカル入れ。
一体どんな曲が追加になったのか、は7/2のサントラ発売まで秘密。
で、さらに、その曲が一体どんなシーンで使われるのかは7/26の
公開まで秘密w。

クリックすると元のサイズで表示します
この後、数曲をTDして、午前0時ごろこの日の作業は終了。

2008/4/22

今朝  音楽
フジTVの「特ダネ」で尾崎豊くんが取り上げられていた。そういえば、4/25は彼の命日だ。普通だと、もと担当Pの須藤さんが出てくるところだけど、今回は、尾崎くんの写真を2万枚以上撮った写真家、として田島さんだけが出てきたのが新鮮だった。柳家花緑さんが一人語りで田島さんと尾崎くんのやりとりを演じてる部分を「田島さんはもっとおっとりしゃべるけどなあ・・」とかジミにツッコミながら観ていると(実相寺監督の特集の時も「実相寺監督はそんな風には喋んないけどなあ」とかツッコんでました。ごめんね、花緑さん)福田の演奏歴でトラウマになっているw、例の「夜のヒットスタジオ」の映像が流れた。あちょー。事情を知らない人のために敢て書いておくと、福田はこの時、尾崎くんの一夜限りのバックバンドのメンバーとしてシンセを担当しており、イントロでいきなりフレージングをしくじった・・具体的には「ソバ鳴り」と言って、他の鍵盤を一緒に弾いちまったのである。幸いというか何と言うか、この時の本番の記録は、映像としても音としても福田の手元にはなく、したがって実際にどのくらい自分のミストーンが目立っているのか、は、ナゾのまま(まあ、あえて知らんぷりしてる部分もありw)なのだが、あの時の演奏が尾崎くんの短い生涯においてたった一度の「テレビ生出演」だった事を考えると、やっぱりなんとも切ない。出しちゃった音は返ってこない、というのは、どんなミュージシャンにとっても座右の銘の一つだと思うが(そうでもねーか・・?)、それだけじゃすまない局面も確かにあるんだよなあ、と、ほんっっとに今更、17年ぶりに痛感。人生、後になってから重みが増すあやまち、っていうのもあるって事だ。ま、時効って言えば時効なんだけどねw。尾崎くんが生きてりゃ名誉挽回のチャンスもあったんだけど、とか思いつつ、もし彼が生きてたら、さぞかし笑顔のステキな43歳の男になってたんだろうな、と少し感傷的になった春の朝でした。合掌。

2008/1/25

FIRE PLAYER  音楽
クリックすると元のサイズで表示します
いろんなかたがたと仕事をする福田ですが、去年の秋ごろから
このお三方ともよく仕事をしています。
株式会社ISBのプラットフォームビジネス部の三銃士(今決めた呼び方w)。
左奥が渡部(わたなべ)さん、右が坂元さん、手前が池上さん。
この方たち、いったいどんな仕事をしているのかと言いますと。

クリックすると元のサイズで表示します
ウイルコムの携帯電話上で動くイギリス産音楽アプリケーション
「FIRE PLAYER」の日本市場への導入です。
「FIRE PLAYER」というのは、言うなれば「i tune」みたいな
音楽再生用のフリー(無料)ソフトで、ウイルコムの携帯を
使っている人なら、サイトから無料でダウンロードできます。
で、このアプリ、「i tune」とはどこか違うかと言いますと。

クリックすると元のサイズで表示します
「FIRE PLAYER」は、なんと、8チャンネルのマルチデータ、
プラス3つのサウンドをバラバラに再生できるのです。
どういう事かと言いますと。
例えば、ある楽曲にドラム、ベース、ギター、キーボード、ボーカル、コーラスが入っているとします。普通、これらの楽器は1チャンネル、もしくは2チャンネルにミックスされた状態で再生されますから、各楽器だけ取り出して聞くなんてことは当然出来ません。
ところが、この「FIRE PLAYER」では、画面表示の中にあるボタンに各楽器が割り振られていて、それぞれの楽器を単独で、または好きな組み合わせで自由に聞くことができるのです。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに。これこそが「FIRE PLAYER」のキモ、なのですが、楽曲を流しながら、
各楽器パートのON、OFFを「録音」できるのです。これによって、使う人は
いとも簡単に、楽曲の「リミックス」を作ることが出来ます。
言葉で言うとなんだかヤヤこしそうに感じるかもしれません。
でも、実際にやってみれば物凄くカンタンで楽しく、あーでもない、こーでもない、
と遊んでいると、本当に時間を忘れてしまいます。

実は、去年の10月の時点で、船長とチハにはいじってみてもらいました。

クリックすると元のサイズで表示します
な、なるほどー!
クリックすると元のサイズで表示します
こりゃー、面白い!!
クリックすると元のサイズで表示します
たのしー!!
クリックすると元のサイズで表示します
☆とりあえず、持っとこーかな・・・☆

で、現在、「漁港」と mcPOPtune は、日本のアーティストとしては始めて、
この「FIRE PLAYER」むけの音楽配信をしてます。

クリックすると元のサイズで表示します
これがメニュー画面。

クリックすると元のサイズで表示します
これが「漁港」の楽曲をダウンロードしている時の画面。
面白そうでしょ。

このブログをごらんになっているみなさんで、ウィルコムの携帯を
お持ちの方は、今すぐ、「FIRE PLAYER」ダウンロードしてみてねー!!

2008/1/13

back to 2007/12/17  音楽
クリックすると元のサイズで表示します
所用あってJASRACへ。小田急線の代々木上原から歩いて5分なので便利。

クリックすると元のサイズで表示します
70mm機関砲で著作権侵害は木っ端微塵!(^ ^;

クリックすると元のサイズで表示します
なにが展示してあるのかなあ、この博物館・・・
今度是非、見てみよう。

2007/8/16

back to 8/3  音楽
とりあえず、粛々と遡ってみる。

クリックすると元のサイズで表示します
チハが新しく組んだバンドのレコーディングの見学 兼、ミーティングで
駒場東大前駅で下車。東口で降りたのははじめてだが、あまりにも
なんもない駅で愕然。

クリックすると元のサイズで表示します
しかも駅には階段でしかアクセスできない。いっそ、シュール。

クリックすると元のサイズで表示します
チハのバンド「mc POP tune」。実にワカモノバンドである。
がんばれー。とりあえず、秋には大頭視聴覚からCDデビューの予定。

クリックすると元のサイズで表示します
コンソールの向こうに窓拭きのおじさん出現。これは正しくシュール。

クリックすると元のサイズで表示します
それはそうと、天野くんにたくさんDVDを貰った。
見ても、単に人生を浪費するだけの作品群である。すげえ嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します
さらにそれはそうと、ジジ、17歳。長生きです。

2007/6/17

チハレコーディング  音楽
6/14 フリーダムスタジオでチハのレコーディング。

クリックすると元のサイズで表示します
フリーダムスタジオを経営する「スクラムスタッフ」という会社の企画する
コンピレーションアルバム「WHO'S NEXT?」に参加するのであります。
もともと和佐田くんからの紹介で知り合ったチハだが、今回のプロデューサーは福田。

クリックすると元のサイズで表示します
メンバーは、ベース わさはん、ギター、朝井くん、ドラム、五十嵐公太くん。
楽曲は、昔チハが大阪で組んでいたユニットのギタリストKIKIくんの作品。
二曲ともとてもPOPでよろしいのではないかと。

クリックすると元のサイズで表示します
チハは基本が「ロック女子」なので、歌入れにもシュアーの58を使用・・・
しようかと思ってたんだが、結局は普通のマイクにしましたw。
ちなみに、かつて地元大阪でライブをやっていたチハは、「アイドル系アーティスト」
としてAVEXから熱心に誘われていたのだが、結局「自分がやりたいのはロック」
という信念がゆるがず、「ロックをやりに」イキオイで東京に出てきてしまった、
という気合満点の「ロック女子」なのである。

クリックすると元のサイズで表示します
それにしても、関西人ってなんでこうかなーw

クリックすると元のサイズで表示します
福田お得意「あ、この展開、絶対予想できません」なアレンジ部分の録音。
スタジオにいた男子を全員召集して激しく野太いコーラスが炸裂w。

こうして、13:00スタートのレコーディングは夜中2時ごろ無事終了!
TDが終わったら、試聴部屋に乗せるので乞うご期待。
アルバムは8/3全国発売されますが、
もちろん大頭屋でも売ります。
チハ以外にも、朝井クくんプロデュースのアーティストなどなど、
5人の女性シンガー、全10曲を収録して、予価1500円。よろしく!!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ