2006/8/3

いきなり  音楽
       クリックすると元のサイズで表示します
昔リットーミュージックにいた編集者の林さんから、こんな写真が返却されたw。
1987年に出した「What's DX7U」という本を作るとき、福田が貸し出したもので、この写真自体は、86年ごろにYAMAHAさんが製品プロモーション用に撮ったものだったと思う。という事は29歳なので、ギターのシンゴくんや小林未郁とほぼタメくらい。老けてるっちゃあ老けてるが、それでも一目で「こりゃー若い」って分かるのは何故だ?やっぱ、顔の筋肉かw?

       クリックすると元のサイズで表示します
これも同時期に、生方くんと一緒に作った「TIME BASE」という会社の一室で撮ったもの。
なんか室内が雑然としてるのは、引越してきて間もないから、と言いたいところだが、
ずっとこんなだったw。

       クリックすると元のサイズで表示します
これまた同時期、YAMAHAのイベント「X DAY」で生福がデモしてる。うわあ、古いよう。
左側の福田、なんかすげえデブみたいだが、これは単に着てるトレーナーのせいだとw。それにしても、デモを見てるお客さんの数と真剣な顔がすげえ。テレビ発祥の頃、「街頭テレビ」に群がった人々みたいだw。で、こういう「ワカモノたち」の中には今やバリバリに活躍してるミュージシャンとかも混じっていて、よく「X DAYの生福のデモ、見てたんですよー」とか言われたりするのだが、そのたび、ああ俺ってほんとーに年寄りなんだねえと激しく実感する。まあ、今更ですが。

2006/7/28

やっとできた  音楽
クリックすると元のサイズで表示します
「いままでよりずっと」他2曲入りマキシシングルのマスター(最終工程であるマスタリングが終わった状態の音源)。
あとは明日、工場にプレスに出せばおしまい。

実は、一回、7月17日にもマスタリングは完了していた。18日にはプレスに出す予定だった。
さもないと、8月2日の「レコ発ライブ」に間に合わないからだ。
17日、マスタリング作業自体はなんの問題もなく終了。クラウンレコードの間部(まなべ)さんという腕のいいマスタリングエンジニアにお願いしたので、非常にいい仕上がり。意気揚々と仕事場に戻って、マスター(のコピー)を聞いてみたのだが・・・
なんと福田、肝心かなめの華子の歌が気になってきた。
この歌、いまひとつ、弱くないか???
すごくナチュラルでいい歌をうたっているのだが、なんとなく押し出しに欠ける。
聞けば聞くほど、どんどんそんな気がしてきてしまったのだ。

ここに至るには、実は、こんな経緯がある。
12日のオケ録りのあと、13日にフェアライフスタジオでボーカルダビングをした。
5時間くらい作業をして、やっと一曲録り終わった。じゃあ次の曲へ行こう、と、それまで作業してきたファイルをコンピューター上で閉じた。
・・・・すると、なんと!
そのファイルが丸ごと消えてしまったのである
原因は全く不明。
福田も水谷さんも、コンピュータを使ってもう20年以上音楽を作ってきているが
こんな異常事態は初めて。コンピュータに詳しければ詳しいほどこれがどれほど異常な出来事か分かると思う。
HDを使ったデジタルレコーダーでは、録音したデータはすべて直接HDに書き込まれていくので、たとえ作業中に停電が起きてコンピュータが落ちても、書き込まれたデータがなくなる、なんていうことは「絶対」ありえない。
ところが,「停電もクラッシュも、なにもおきていない」のに、とにかく全データがいきなり消えてしまったのである。
現実世界で言えば、手間ひまかけて作った料理をキッチンテーブルの上に置き、さあ次の料理を作ろうと思って一瞬目を離したら、もとの料理が丸ごと消えてしまった、というくらいの異常事態。一種の「超常現象」である。。
なにかの拍子に、とんでもない場所にファイルが書き込まれてしまったのでは?、と、HDの中を隅から隅まで探したのだが、結局ファイルは発見できなかった。
原因は全く分からないが、とにかく、ファイルは完全消滅してしまったらしい。

こうなったらもうしかたがない。前日のオケ撮りの時に録ってあった「仮歌」を使うことにした。
いったん福田の仕事場にもどり仮歌データをリムーバブルHDに書き出して、再びフェアライフスタジオへ。そしてオケにはめてみると・・・・・これがなんとすごくよかった。
本番ではなく仮歌だ、と思って歌っているから、余計な緊張をしていないこともあり、歌がすごくナチュラルでスムース。声もよく伸びている。
なんだ、今日5時間かけて録音した歌より、こっちのほうが全然いい!!という事になり、どうしてもピッチが気になるところだけ手直しし、コーラスをくわえ、無事この日の作業は終了。「結果オーライだったねー」と、俺と水谷さんは胸をなでおろした。
で、14日のCHIHAのライブを経て、15日16日、福田は仕事場でひたすらTD(楳図さんのサイン会には行ったがw)。
こうして、無事、17日のマスタリングにこぎつけたのだ。

17日の夜中から18日の朝の5時まで、「完成品」をくりかえし聞いた。
確かにスムースだ。ナチュラルだ。俺はこの歌いかた、凄く好きだ。すごくいい歌歌ってる。心からそう思う。だからここまで、なんの疑問もなく作業を進めてきたし、マスタリングもしてしまった。これは間違いなく、凄くいいテイクだ。
でも、初めて華子の歌を聞く人にとってはどうなのか?「すごくいい感じ」だけど、なんとなくインパクトに欠けてないか?ある意味もっとエグくないと、華子っていうシンガーがどんなシンガーなのか、うまく伝わらないんじゃないか?
これ、このままプレスに出しちゃっていいのか?
でも、今日出さないと8月2日には明らかに間に合わない。「レコ発ライブ」にCDがなかったらそりゃーマヌケだ。っていうか、単にウソつきw?
だいたい、今更も今更すぎる。TDの最中ならまだしも、マスタリングが終わっちゃっている。使うべき予算は全て使ったあと、ここから先は予定外出費だ。
でも、それでも。これをこのまんま出しちゃっていいのか?
俺は大好きだけど、この歌いかた。
俺が大好きだっていうだけで出していいのか?
さすがによく分からなくなってきたので、いったん3時間寝て8時。また聞く。9時半まで聞いて、決めた。
やっぱり、これ、歌入れやりなおそう。8月2日は、俺がお客さんにあやまりまくることにする。
というわけで、朝っぱらから、関係各所に電話しまくる。もちろん寝坊すけの華子もたたき起こすw。いきなりちゃぶ台ひっくりがえしてゴメン、とあやまりつつ、なんでやりなおすか、延々説明。最初は呆然としていた華子も、レコ発ライブに売るものがない、という状況も含め最後は納得してくれた。

その翌日、プレス業者のかたに事情を説明すると「もし28日までマスターをいただければ、全部は無理ですが百枚程度のプレスならなんとか2日に間に合わせましょう!」と言ってくれた。福田、思わず、その担当者の方を拝んじゃいましたw。

というわけで、新たな歌入れを25日にやり、再TDを26日に完了し、
そして今日27日に無事マスタリングを終え、明日28日、プレスに出せば・・・
ギリ8月2日にCDがあがってくる、という、そういう超ドキドキもののお話なのであります!

2006/7/25

福田のボイスブログ「極私的考古学」に  音楽
「スプリングドラム」の実演をアップしましたーw。
興味のあるかたは聞いてみてくださいまし。

2006/7/13

華子、「初」レコーディング  音楽
クリックすると元のサイズで表示します

正確に言うと、華子にとって、「普通のスタジオで、せーの!でオケを録る」のが「初」ということw。今までのアルバムはとにかく全部打ち込みで、出来あがったオケに歌入れしてただけだったから。
今回は、去年たまたま華子を連れてきたことのあるWEST SIDE STUDIO(福田の家から歩いて5分くらい)でレコーディング。その時は、福田の友人が音楽を担当している「容疑者 室井なんたら」のTDにお邪魔したのだが、華子が「うひょー、もんのすげえ立派なスタジオ!」とショックを受けていたので、あえてここを選んだw。というわけで、華子、最初から最後まで、ずっとはしゃぎまくってました。
写真、左からエンジニアの斉藤くん、ギターの朝井くん、パーカッションの里村さん。写真を撮ったのが最後の最後だったので、ドラムの万作さん、ベースの六川さんは残念ながら帰ったあと。明日はFair Life Studioでボーカルを録る。

2006/7/12

このURLで↓  音楽
http://www.voiceblog.jp/miccabose/

先日のロフトプラス1での「チャンバラナイト」で紹介した、新生璃人くんの監督作品
「桜花心中」の予告ムービーが見られます。
アナログのVHSから取り込んだので、ちょっと画面くらいですがガマンしてねー。
なんにせよ、凄く凝った画で、相当の力作になりそう。完成が楽しみだ。

2006/7/3

案外、マジで「瓢箪からコマ」かもな  音楽
クリックすると元のサイズで表示します

スペシャルユニット「小華」。いいんじゃないか?
まあ、酔っ払うとすげーやかましいのは置いとくw

2006/6/27

樋元千春さん、であります  音楽
クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

7月14日にライブをやります。べース、わさはん、ギター、西尾くん、ドラム、公太くん。何気にすげえ豪華なバックバンドであるw。
樋元千春さん=CHIHAは、エロカワ系全盛のこのご時勢にすっかり姿を消している
「ボーイッシュ系」。このポジションは今完全に「空席」なんで狙い時だと福田は思う。声は単純に言ってしまうとジュディマリのユキちゃん系だが、あそこまでキツくなく、いい感じにPOP。ルックス、すごく男の子っぽいのだが、しゃべり声はむちゃくちゃアニメ系。ついでに言うと、この写真より本物のほうが数段かわいいのでw、アキバ系男子が積極的に受け入れるPOPロッカー、になりうるかも。それが「正しい」のかどうなのかはまあ、置いといて、だけどw。とにかく今後、彼女の動向を気にして見てってください。

2006/6/23

華子、ダイエットがんばってるんだべさー  音楽
はじめて「アー写」撮ってみたでありますw。
クリックすると元のサイズで表示します
今後もがんばるです。
まずは、7月2日 初台ドアーズ(17:00開演)です。

http://www.livebar-the-doors.com/index.php

聴きにきてくださいませ。

2006/6/17

昨日、こういうメンバーでレコーディングがありました  音楽
クリックすると元のサイズで表示します
まず、ドラマーが木村万作さん。ここのところずーっと小田和正さんのツアーメンバーだが、「M.A.F.F.」のドラマーだった、と即座に思い出してもらえると嬉しい。

クリックすると元のサイズで表示します
で。ギターが古川望さん↑で、ベースがわさはん↑。変わった組み合わせ!

クリックすると元のサイズで表示します
で。アレンジャーは水谷さんで、ボーカルは福田。ウソ。中野くん。
さらに変わった組み合わせ。一体なんのレコーディングなのか?
ちょっと興味を持ったまま、日々暮らしててください。そのうちお教えします。

2006/6/13

試聴用のブログ 引越しました!  音楽
えー、いきなりなんですが、昨日作ったばかりの
小林未郁のCD試聴用のブログ
引越しました。
やっぱり、小林のCD試聴用ブログは、小林のブログ内に在るべきだろうと思ったので。
と言うわけで、引越し先はこちら。

http://www.voiceblog.jp/miccabose/

本日6月14日の段階で、小林未郁の2枚のCDの全曲(ただし、「月夜のかけおち前説」と「くらい森のおはなし」のカラオケ、を除く)の試聴版と、
5月31日新中野「弁天」の小林ライブでの、福田のピアノバッキングによる「くびわ」が聴けます。是非聴いてみてください。

で、小林試聴部屋ではなくなったこちら

http://www.voiceblog.jp/punipuni/

では、ゆくゆく、「YOU」の未発表音源とか、まあ、タダでアップしても問題なさそうないろんなモノ、をアップして行こうと思ってますので、お楽しみに〜。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ