2008/1/23

強引にリアルタイム化  日記
1/16

法務局へ行き、なんだかんだ。

1/17

14:00 JASRACで出版社申請。書類二点を除き、すべて提出。
16:00 日本出版社協会で「著作権契約書」を購入。
17:00 水素獣H Tシャツの件でTシャツメーカー(株)インハイの黒木氏と打ち合わせ。相当面白いものが出来そうな雰囲気になってきた。
18:00 アルシオーネの石川氏とあれこれ打ち合わせ。

1/18

11:00 「ジアース」版権申請のため、安齋レオさんと小学館へ。小学館の担当の岡崎さんが、すでに「電エース」を見て漁港を知っていたのにはワロタ。

1/19

BeatNuts 新橋ZZ ライブ。小さい小屋だが、その分アンサンブルが作りやすく気持ちのよいライブとなる。「虹友」のみなさんも10人参加してくれて、とても賑やか。来てくださったみなさん、ありがとう!

終演後、オーナーの加治木さん(元 東京おとぼけCATSのリーダー、ダディ・竹千代さん。実は、日本ロック史上不朽の名曲、カルメン・マキとOZの「わたしは風」の作者でもある)も参加してそのまま小打ち上げ。加治木さんとはほぼ10年ぶりくらいのマトモな再会(そこここですれちがったりはしていたんだが)だったので嬉しかった。1981年当時の「おとぼけCATS」のライブの映像が残っていて、メチャ懐かしく見た。東京おとぼけCATSは、「米米クラブ」出現のはるか以前に、米米がやっていた事をすでに全部やっていた、と言えるコミカルなスーパーポップバンドで、ドラムのそうる透(今や日本ドラム界に君臨しとります)、ベースのなかよし三郎(今はトラックの運転手)のリズムセクションはとにかく強力無比、これでダディさんのルックスが石井竜也だったら、多分「米米」は出る幕がなかった(はず)、というすげえバンドなのである。中でも、ベース三郎ちゃんの「客が持ってきたものならなんでも使ってベースソロをする」というコーナーはまさに伝説で、トウフ、ナットウ、スイカなどをベースに叩きつけながらたたき出すチョッパーベースは、まさにキチガイ。ある時、コショウの袋でベースソロをして会場中阿鼻叫喚のパニック、それ以降、そのライブハウスからは完全整理禁止をくらった(あたりまえ)。とまあ、やっぱり80年代初頭はバカばっかりだったわけだが、そんなバンドにBeatNutsのバンマス包国氏はブラスセクションで参加。今見ると、なんかエロい若造w。QUYZのときもあんなだっけなあ・・?あんまり記憶にない。その他、このライブにはQUYZの女性ボーカルセクション、桑田りん、佐藤めぐみ、国分ゆりえの3人からなる「FATES」も参加。みんな可愛かったなあ。加治木さんたちは、ナルチョや山岸と同じくいわゆる「下北一派」(福田もそう)だったので、この当時、いろんなミュージシャンがいろんふうに「かぶって」いるのである。多分、このへんの人脈を全部辿ると、当時の「ロック界」の80%程度はカバーされちゃうんではなかろうか。いい時代。
というわけで、なんだかんだ話しているうちに、ひょっとしたらこの店で福田がトークライブをやるかも、みたいな話になった。現在検討中。

1/22

「漁港」と2月のライブツアー、および、2月7日の渋谷O-WESTライブの打ち合わせ。
福田は多分、舞台監督として参加(^o^)/

1/23

東京、雪・・・・だと思ってたら、もう雨に変った。
よっしゃ、追いついた!!! 

2007/6/17

6/10〜6/13  日記
6/10 腹具合は相変わらずおかしく、「漁港」ライブの打ち上げでもビール一杯飲むのがやっと。この日は結局、かけうどん一杯で過ごす。

6/11 朝、おかゆ食う。本格的に病人っぽいw。とりあえず、こういう食事を二〜三日続けて様子を見ることに。NHKホールでのDVD収録用の福田のナレーションパートBGMを淡々と制作。収録時は「二人の夏」以外の曲は「原盤」が使えないので、尺どおりにコピーして打ち込んで録音しなければならない。短いが全部で7曲もある。あーめんどくせー。でも、いざコピーしてみると、全然気づかなかった新発見があって面白い。特に、札幌オリンピックのテーマ「虹と雪のバラード」、リズムが八分の六拍子で基本バッキングがハネてるのに、歌はそういうの全然無視してひらたーく歌ってるのには爆笑。あと、この年になって、若い頃の水谷さんが弾いてる「春一番」のイントロのギターをコピーしたりw、今更、「ホテルカルフォルニア」のギターソロをシンセで弾くハメになるとは思わなかった。その状況そのものが案外笑える。夜、讃岐うどん食う。うまし。

6/12 朝、またもやおかゆ。梅干、うめー(シャレではない)。BGM仕上げて片山くんに送信。その後、14日に録音するチハ用の楽曲2曲のアレンジにとりかかる。なんとなく力が出ないので、ゆるゆるやる。夜、そうめん。シュウマイを2個食ったら、それだけで腸が痛くなる。医者に行くことにする。

6/13 朝、医者に行く。近所の、問診が丁寧なので有名な医者。若手だがいいセンセイ。
基本的に「過敏性腸症候群」だか「腸過敏性症候群」だか(忘れた)と診断される。
酒を飲みすぎなようなので、この際いろいろ調べましょうと言われ、血を採られる。ちっ(シャレ)。
薬を貰って帰宅、おかゆを食ってからチハのアレンジの続き。

クリックすると元のサイズで表示します
6/13 夜、秋葉原のデジタルハリウッド大学(こんなすげービルに入っているのであります)で、リュック・ベッソン(「グランブルー」とか「レオン」とかの監督)の特別講義があるので来ませんか、と櫻井氏に誘ってもらったので出かける。あくまでも新作「アーサー  ミニモイの不思議な国」のプロモーションの一環として、という内容だったので、福田の好きな旧作の話はほとんど出ず。かつ、制作会社や配給会社のスタッフの管理も厳しかったようでデジハリ側が学生側にあらかじめ用意させていた質問も硬く、はっきりいってあまり面白くなかった。だが、途中、ベッソン監督が「ちょっとオーガナイズドされた質問が多すぎなようなので、これから5分は誰の質問でもうけますよ!」と言った一幕だけはちょっと楽しかった。また、ベッソン監督はコンピュータを持っておらず、それゆえ僕はとても自由だ、と言っていたのはいい感じ。彼は毎朝、頭に浮かんだことを紙にペンで書き留めるそうな。「紙とペンは誰にとっても平等だ」と言ってて、このコトバはなかなか含蓄あり。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ