2009/10/13

シアターNでサントラ盤が  CD
めでたく売り切れたという事で、追加分を納品に行く。
ついでに、Nで公開中の「狼の死刑宣告」を観る。「街のダニども」(form 予告編w)に最愛の息子を殺された父親のド直球復讐劇で、「SAW」のジェームス・ワン監督の強烈タッチが気持ちいい。さすがワカモノ。ガンアクション映画としては、本当に気合が入っていて、久々に溜飲が降りる出来。特に、室内でのショットガン同士の撃ち合いはバズーカの撃ち合いみたいな迫力でサイコー!!ただ、どう考えてもケビン・ベーコン演じる主人公の「平凡な父親」が、強すぎw。銃器を本格的に扱うのは初めて、みたいな描写があるわりに、クライマックスでは少なくともこのオヤジよりははるかに銃器の扱いに慣れているハズの不良どもを完膚なきまでに圧倒。この人、保険屋のリスクマーネージメント担当の生粋のホワイトカラーじゃないんだっけ?実は昔特殊部隊とかにいた?一切説明はありません。ただただ、二連ショットガンをぶっ放す姿がカッチョいい!あんた何者!?まあ、確かにそれが気持ちいいのであって、どうこう言うべきじゃないのかも知れないけど、福田としてはかなり気になった。でも、とにかく撃ち合いシーンの演出が抜群なので、☆☆☆★★★。やっぱ「ナマ弾着」はええなあ・・・もう一回観たい。

2009/9/30

「ロボゲイシャ」オリジナル・サウンドトラックアルバム発売!  CD
クリックすると元のサイズで表示します
DAIZ SHOP、その他、全国CDショップでもお求めいただけます。
DAIZ SHOPの商品詳細情報はこちら↓

http://6809.teacup.com/daiz/shop/01_01_01/DAIZ_000050/

もちろん、「ロボゲイシャ」公開期間中は、シアターN渋谷でも売ってますよ〜(^-^)/
よろしくです!!

2009/4/7

これが THE JADE!  CD
クリックすると元のサイズで表示します
4/15、EMIクラシックスから発売!
マジで今年の紅白狙ってますので、みなさん、応援よろしく!
もちろん、特撮ソングは入ってないぞ!!

2008/5/25

サントラのジャケ  CD
クリックすると元のサイズで表示します
こんなです。
以下に、全曲名の情報もあり。↓

http://ec2.famima.com/cinema/guilala/

定価は3,058円。福田が当初想定していたより高いんですが、
そこは「19曲入り50分超え」の内容の濃さに免じてお許しをm(_ _)m。
と言うわけで、永久保存版と愛聴盤の2枚をお買い上げいただく事を
節に希望しますwww。

で、一部の方から「このサントラ盤は大頭屋で売るのでしょうか」という
ご質問があったのですが、じつはまだはっきりしません。
販売するかしないかの決定は、決まり次第このブログで発表しますが、
現状、7:3で「売らない」という公算が高いです。
最終決定はもうちょっとお待ちください。

2008/3/1

今更のように買ってみた(^0^)/  CD
SONY MUSIC DIRECTが2005年の11月に発売したアルバム
「宍戸留美 アイドル・ミラクルバイブルシリーズ」。

クリックすると元のサイズで表示します
このアルバム、存在は知ってたんだが、収録曲は基本的に全部持ってるわけだしw、
わざわざ買うまでもないか、と思っていた。でも、シングルCDコレクション的な意味合いにおいては持っててもいいのか、と。で、Amazonでゲト、超あらためて聞いてみました。すると。

クリックすると元のサイズで表示します
いやー、予想以上にオモロかった。なにより、シングル曲がつなげて聞けるっていうのがすげー楽チンだった。実は持ってなかった福田の宍戸仕事の記念すべき一曲め「恋のロケットパンチ」(「ナクヨアイドル平成2年」のカップリング)が15年ぶりくらいに聞けたのも収穫。このアルバム、1〜3、10、18の5曲以外は全部福田の曲(11の「男のコが泣いちゃうなんて」は当時のクラブ系大ヒット曲「La Da Dee」をアレンジという名目で完膚なきまでに叩き壊してるので、オリジナルと言ったほうが原曲の作者には失礼ではない)で、いまさら絶対手に入らないようなシングル楽曲がたーくさん入ってるので、興味のある人は是非。特に「地球の危機」「全人類が愛しい夜」「おとこのこ」(←花王愛の劇場「アイとサムの町」主題歌)「恋はマケテラレネーション」「なかよしお泊り倶楽部」)(←OVA 「ビースト三獣士」のオープニング、エンディング)は、正直言って大して売れてないシングル楽曲でしたがw、傑作です
あと、セカンドアルバムに入ってる「ママ、悩んでるよ」。
実は当時のディレクターとの連絡の行き違いで、最終バージョンじゃない歌詞でリリースされてしまったのが非常に心残りなのだが、それでもマジ、名作。泣けます。
で、それ以外の曲は福田がずっと「生涯ナンバーワン仕事」と自負し続けている「ドレミファソラシドシシドルミ」からの抜粋。よって、全部いいに決まってるw。
とまあ、宍戸留美仕事のことになると、毎度異常なまでの自画自賛を始める福田ですが(^0^)/福田はホントに「作詞:石嶋由美子 作曲:福田裕彦」のコンビが好きでたまらないので、お許しをm(_ _)m

2008/2/25

水素獣エッチ Tシャツ 完成!  CD
クリックすると元のサイズで表示します
よろしくですー!

2008/2/6

一応 期限を設定しますです(^0^)/  CD
えっと、先日より以下の内容でinfo@daiz.tvにメールを募集していますが、一応期限を設定することにしました。今月一杯、ってことでよろしくですー。



福田は今年、「福田のトークCD」や「トークライブ」を企画しています。
「トークライブ」に関しましてはまた改めてご説明します。
ここでは「トークCD」について書いてみます。

「福田のトークCD」というのは、文字通り、福田が喋ってるCD。まんま、ですがw。音楽は、入れるにせよ、ほんのちょっと(おいおい)。
あとはもうただ、なんだーかんだー喋るわけです。場合によってはゲストも呼んで。
で、何を喋るのか、と言うと、それはもう、好き勝手(笑)。一応、毎回テーマは決めますが、今更言うまでもなく、ゴルフの話題とかブランドものの話とかには間違ってもなりません。そうそう、たまにはキーボードのひとくち講座めいたものもやりたいです。
で、内容のリクエストはある程度ありにしようと考えていますが、もちろん、苦手な事をしゃべれと言われたら単純に無視しますw。

・・と、こう書いてみると、なんだ、それって要するにラジオ番組じゃん?と思われるんではないでしょうか。実際、そうです。だったら、いま流行のポッドキャスティングでやったら?というご意見もあるでしょう。確かに!!

でも、ネットラジオには大きな問題がありまして。
それは「うまく課金できない」という事です。いや、課金自体が不可能なわけではありません。
正確に言いますと、完璧な課金システムを作るとすると、そのシステム構築がとても面倒。
いつになったらちゃんと稼動するやら、よく分からない、という事です。
だったら、発想を変えて、「ラジオ番組みたいなCD」を作って売る、っていうのもいいんじゃないか?というのが福田の考えです。
ただ、そう思ってるのはあくまで福田個人。そんなCD作ったって誰も買わないよー、というのであれば、当然、作る意味がまるでなく(笑)。

そこで、このブログをご覧の皆さんに「市場調査」も兼ねて、広くご意見を求めてみます。
ただ、この記事に対する自由なコメントとしてご意見募集をすると物量的に物凄い状態になることも考えられます。そこで、まず、以下にテンプレートを設けてみます。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

1、この「トークCD」という企画、ずばり、「あり」でしょうか「なし」でしょうか

2、(あり、と答えたかたのみ)価格は幾らぐらいが適切と思われますか?

3、(あり、と答えたかたのみ)どのくらいの頻度で発売すべきだと思われますか?
さすがに「週刊」は企画としてムチャなのでw、「月刊」「隔月刊」「季刊」「半年にいっぺん」「一年に一枚」のうちいずれかを選んでください。

4、(あり、と答えたかたのみ)内容的なリクエストがあれば、自由にお書きください。

5、その他、なんでも。

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<

お手数ですが、以上の文章をメールにコピーペーストし、ご自分の意見を書き入れたメールをinfo@daiz.tvあてにお送りくださいませ。

「あり」メールがあまりにも少数であった場合(というか、その前に、この記事に対する反応がめっちゃ薄かったりした場合)は、この企画自体、当然、ボツにしますw。
切なー(;o;)

で、ある程度以上の「あり」メールをいただけた場合は、企画GOです・・・ちょっと待て、「ある程度以上」、ってどのくらいなんでしょう。
まあ、少なくとも、作る労力にある程度見合った数、という事です。だからその数はどのくらいなのか??・・・まあ、その辺の判断はお任せいただく、という事で一応、ナイショにしておきますw。
この物量に従った場合は、CDRで制作、発売します。

・・・・で、これはほぼ全く想定してないのですがw、まかり間違ってすげえ数(と言っても数百ってことですが)の「あり」メールをいただいてしまった場合は、普通のCDとして発売しようと思っています。

というわけで、みなさま、よろしくお願いします〜(^0^)/

2007/12/12

こんな仕事もやりました  CD
9月から10月にかけてアレンジと録音をやってたんですが、なかなか情報が解禁にならなかったんで、黙ってました。なんでまた今回この仕事かと言いますと、うじきつよしくんのご指名だったので。ありがとう、うじき。ちなみに、うじきつよしが歌を歌うのは、ほぼ20年ぶり。中には、えー、
うじきつよしって歌手だったの??とか思う人もいるかも・・・・実際、チハなんかはまるで知らんかったし(^_^;時は流れたなー・・・・

というわけで、以下、CDの発売元会社ティームエンタテインメントのプレスリリースをほぼそのまま載せておきます(^_^)/

■商品名:SILENT SURVIVOR(21st century ver.) / HEART OF MADNESS(21st century ver.)
■アーティスト名:KODOMO BAND
■発売日:2007年12月26日(水)
■品番:KDSD-00178
■価格:\1,260(税込) \1,200(税抜)
■発売元:株式会社ティームエンタテインメント
■販売元:ソニー・ミュージックディストリビューション

【商品内容】
★懐かしのTVアニメ主題歌を、当時と同じアーティストで新たに収録する「セルフカバー」CDシリーズの最新作が登場!

TVアニメ「北斗の拳」の第2期オープニング主題歌となった「SILENT SURVIVOR」、そして1986年公開「北斗の拳」劇場版の主題歌「HEART OF MADNESS」が21世紀バージョンとして甦る!1988年解散活動を停止したKODOMO BAND、そしてミュージシャンとして沈黙を守っていたうじきつよしがニューアレンジでレコーディングを敢行しました。この2曲は「北斗の拳」のみならず、KODOMO BANDファン、ロックファン必聴の1枚となることでしょう。

★ジャケットには、北斗の拳の人気キャラクター「ラオウ」が登場!

<収録予定曲>
1.SILENT SURVIVOR(21st century ver.)
2.HEART OF MADNESS(21st century ver.)
3.SILENT SURVIVOR (Remix)
4.HEART OF MADNESS(Remix)
5.SILENT SURVIVOR(Instrumental)
6.HEART OF MADNESS(Instrumental)

以上、よろしくです!
あ、ちなみに、リミックスバージョンは福田はやってません。

2007/10/30

きのうは  CD
クリックすると元のサイズで表示します
漁港のセカンドアルバム「FISH & PEACE」のマスタリング。
作った張本人たちですら、聞きながらついつい笑ってしまう曲も多く、
マスタリングは笑いが絶えず。爆笑をこらえるのに必死な船長。

クリックすると元のサイズで表示します
無事終了!三原さんの右横にいるのがマスタリングエンジニアの間部(まなべ)さん。
華子の「いままでよりずっと」、前回の「漁港」でもお世話になりました。
いろいろなメガヒット作品も手がけている、信頼できる素晴らしいエンジニアです。
おかげさまで、今回も素晴らしい音になりました。お疲れさまでしたー!

というわけで、前作をはるかに凌駕するテンションとスケールでお送りする、
宇宙超大作「FISH & PEACE」、お楽しみに!!

2007/6/24

シンゴ レコーディング  CD
クリックすると元のサイズで表示します
今日はフェアライフスタジオで、シンゴのレコーディング初日。
最初はすげー緊張していたがw、後半はいい感じ。素晴らしいテイクが録れた。
発売日は未定だが、DAIZ CREATERSのフォトグラファー大場典子さんとの
コラボレーションCDになる予定。

クリックすると元のサイズで表示します
水谷さんは6/17がお誕生日、とうとう「還暦」に!
つまりこのツーショット、二人合わせて110歳。どひー。
思えば、南こうせつツアーメンバーのオーディションで水谷さんに初めて会ってからすでに24年・・・ちょっと信じられん。当時36歳の水谷さんは既に超ベテランで、こうせつにステージの上で「芸能界のシーラカンス」と紹介されてました(ほんとう)。時代は変わったよなー。今じゃ36歳なんて、超ワカモノだもんなあ・・・とにかく、師匠、これからもよろしくお願いします!!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ