2009/1/17

back to 1/11  イベント
恒例の新年スーフェス。

クリックすると元のサイズで表示します
ウルトラQのイベントがあり、西村さん所有の国宝級シナリオなどを展示。

クリックすると元のサイズで表示します
このへんの展示のお手伝いもする。

クリックすると元のサイズで表示します
「ペギラが来た!」の雪上車。すげえ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ゴメスの角。ああ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
ご真影(生写真)。ひい・・・

クリックすると元のサイズで表示します
セミ、勝ち目ない。

クリックすると元のサイズで表示します
ガラモン「内臓部分」を見つめる神様。

クリックすると元のサイズで表示します
物凄く熱い視線の先にいるのは

クリックすると元のサイズで表示します
TACのみなさんと星川航空のみなさん。確かに凄い組み合わせ!

クリックすると元のサイズで表示します
イベント終了後、国宝級資料を懐かしげに見つめる佐原健二さん。
東宝初のカラー特撮映画「空の大怪獣ラドン」を皮切りに、
東宝特撮映画といえば佐原健二、という絶対的な地位を築かれた、
福田から見ると完全な人間国宝。

クリックすると元のサイズで表示します
星川航空お三方のサイン入りの120cmカネゴンを購入したオバカさん
(最近、本の印税が入って金持ち)。どうしても今日中に持って帰る
と言って聞かなかったが、実際の重さを体感して泣く泣くあきらめた。
天野ミチヒロ、今年で49歳。

クリックすると元のサイズで表示します
四人兄弟。

クリックすると元のサイズで表示します
US TOYさんが近日発売するギララ。カワユス!!

クリックすると元のサイズで表示します
それはそうと、スーフェスと言えば必ず遭遇する平松くんw。
とてもお元気でした。

クリックすると元のサイズで表示します
さて打ち上げ。福田が購入した「旧下北沢市街地に旧小田急線が
ぶん投げられた状態のジオラマ」に、各自購入したフィギアを
置いて遊ぶ。完全なバカども。

クリックすると元のサイズで表示します
ジオラマがあるとカメラは自然と怪獣目線になるもんだなあ・・・

クリックすると元のサイズで表示します
人間目線。

クリックすると元のサイズで表示します
            チキュウノミナサン。

クリックすると元のサイズで表示します
            タベラレニキマシタ。

クリックすると元のサイズで表示します
              サヨウナラ。

2009/1/5

ちょっと年末に戻りますがw  イベント
            クリックすると元のサイズで表示します
12/26。相当楽しみにしていたアレクサンドル・アジャの新作「ミラーズ」を初日に見る。「24」のキーファー・サザーランドが主演、という点がすでに大失敗で、オカルト事件に巻き込まれたジャック・バウアーがヤケクソで大暴れ、としか言いようの無いオモシロ映画になってしまっていた。特にクライマックス10分は、あまりに乱暴なシナリオの展開と、「バウアーVS悪霊」の肉弾戦が楽しすぎ、笑いが止まらず。とにかく全体に大味もいいところで、フレンチホラーのヒーロー アレクサンドル・アジャ「オカルト映画」には全然向いてないことが判明。とってつけたようなオチも、SFとかホラー読み始めて1年くらい経ったマニアックな中学生が始めて小説書いてみましたー、オチには自信がありますー、っていう、まさにその程度。これが今年劇場で見る最後の映画か、と思うと、悲しいような、でも、爆笑できたのでこういうのもありか、みたいな。


12/27、JURAN JURAN忘年ライブ。
クリックすると元のサイズで表示します
「そんな至近距離でスペシウム光線うたないで」「いや、撃つ!」

クリックすると元のサイズで表示します
「でもどうせならあっちの白龍撃ってみる?」「撃って!!」

クリックすると元のサイズで表示します
                  「あたった!」  「ふっ!!」

それにしても。

クリックすると元のサイズで表示します
まさかこの中に怪獣者が潜んでいるとは・・・・・

クリックすると元のサイズで表示します
「ニューイヤーオペラって特撮イベント?」 「さあ?」

12/28、海老原氏のお手伝いでコミケへ。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
海老原氏渾身の力作コミック「地球最悪の侵略」(前・後編)の即売。
どんなコミックかって?それはもうとにかく、怪獣がたくさん出る!
マンガ史上、こんなに莫大な数の怪獣が登場する作品は存在しない!
そういうコミックだ!なのに、前編も後編も1,000円(原価は1冊2,500円くらい!)
もはやこの即売は社会貢献だ!

クリックすると元のサイズで表示します
下書き。

クリックすると元のサイズで表示します
完成版。

クリックすると元のサイズで表示します
トータルで111部の売上げ!めでたし!!

2008/12/12

OPRTセミナー  イベント
「漁港」がイメージキャラクターをつとめているOPRT(責任あるまぐろ漁業推進機構)
主催のセミナー、今回のテーマはこれ↓

クリックすると元のサイズで表示します
当たり前だけど、すっげえ専門的!ちなみに、IUU漁業、というのは、
「Illegal Unregulated, and Unreported」、つまり「違法、無規制、無報告」な漁業。
早い話が「乱獲」というか、「密漁」に近い漁業で、IUU漁業による国際的な「損失額」はなんと80億ドルに達するそうなんだが、国をあげてIUU漁業をやっちゃうケースもあるらしく。で、IUU漁業を取り締まる為のアメリカの法律が「マグナソン・スティーブンス漁業保全管理再授権法」。その内容が最近いろいろ改正され、それによって、国際的なIUU漁業への取り組みが具体的にどう変っていくか、という内容。AC/DCじゃないけどまさに「HARD AS A ROCK」、超硬派な内容で、出席者には外務省、水産庁などの「お役人」も多数。そんな中になんで俺が紛れ込んでいるのか。全く人生は不可解である。門外漢としては、ふーん、と聞いているしかなかったのだがw、感じたのは、どんな分野においてもアメリカが国際社会において占める責任範囲や権限というのは強烈にデカいんだねえ、という事。そして、そういう既存の世界構造の「内側」に入り込んでしまったら、逆にそうおいそれとは物事が動かせなくなるんだろうなあというイヤな感触みたいなものをちょっとだけ感じられただけでも、出席した価値はあったかも。あと、いわゆる「グリーンピース」や「シーシェパード」のような先鋭的環境保護団体の「煙たがられ方」が、当事者でない立場から見ているとけっこう面白かった。

クリックすると元のサイズで表示します
さあ、後半のこの文章、一度読んだだけで意味が分かる人!!

クリックすると元のサイズで表示します
セミナーのあとは、森田船長の乾杯の音頭でOPRT会員の懇親会。
一気に和やかなムード。しかも!お寿司屋さんが来て、マグロのおすしを
握ってくれます。

クリックすると元のサイズで表示します
ミナミマグロの握り、激ウマス!!福田、おかわりしました!!

クリックすると元のサイズで表示します
出席者の抽選会でもマグロのお刺身ゲト!
喜びのあまりOPRTの原田専務とツーショット!
この日は、「漁港」のメンバー全員(マネージャーの奥田さんも含め)に
なにがしかの商品が当たり、特に深海くんは「マグロ1kg」が当たって
大喜び。

クリックすると元のサイズで表示します
懇親会のあとは、飲み(って、懇親会も飲みだったんだけど)。
福田のとなりにいる、板屋監督を凶暴にしたような面構えの男は、
マグロを素手で獲るという原始的な漁をしながら地球の海のほぼ半分を
航海したという漁師・・・ウソ。「水産庁資源管理計画官」の上田勝彦氏。
要するに「上級国家公務員」=「官僚」なんだが、
「役人っていうのはね、おいそれとはクビにならんのです。だからワシは国のためにではなく、国民のために、思い立ったことはなんでもやってしまえ!と思ってます。」と言い切る。「でもそういう人間は煙たがられるもんで、中央にいたためしはなくて、南氷洋に3年、マグロ漁船に5年、ここ数年は鳥取の境港。ワシャ、ただの流れもんですわ」こういう人間が「役人」の中にいるというのはすげえ楽しい。

クリックすると元のサイズで表示します
楽しすぎて福田崩壊。
さあ、みなさんもOPRT http://www.oprt.or.jp/top.html の賛助会員になりませんか(^0^)/

2008/12/4

告知  イベント
情報を更新しましたー(^0^)/
よろしくねー!!

http://black.ap.teacup.com/daiz/

2008/12/3

毎度おなじみAAA in 武道館  イベント
12/1 AAAin 武道館、集客8,500人、大盛況のうちに終了しました!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
コーラス部隊 ハイテンションw       「紅葉」・・じゃなくて「黄葉」見事!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
コーラス部隊 さらにハイテンション。      照明チェック中。   

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
記念撮影場所を探す人々w         まだ「席が冷たい♪」

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
師匠サウンドチェック中。         激写(死語・・)する弟子たち。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
ついでに記念撮影。中央は淳太くん。   ダブルパーカッション チェック中。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
最近はプロンプター完備でございます。   コーラス部隊のスペース、ひろっ!

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
やっぱ、けっこうデカいなー武道館。    AAAリハ名物 体育会系のふたりw

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
福田の左耳を直撃する位置です♪      ちょっと照れ脇康文・・・なんちて

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
大きい大だいこ・・・当たり前か。    「祭りの準備」っていう映画がありました・・   
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
担いでるのは若手アミューズ社員w    ↑最近トイレが近い団長。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
どっちかって言うと罪人系?       ちょっとカタい船長。  

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
妙に用心深い歩き方の船長。       なんか感動している船長。 

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
というわけでライブ無事終了!      石野真子さん、カワユス!!

今年のいちウケ↓
クリックすると元のサイズで表示します

よく分からないと思うので当該箇所をアップ。
クリックすると元のサイズで表示します
里村さんって、ステキ・・・ww

今年は去年のエグザイルみたいな「大物隠しダマゲスト」はいなかったんですが、五朗ちゃんや寺脇さんたちと一緒に16年間ずっと続けてきた「ザ・バラエティ」の原点に帰ったような、アットホームなライブが出来たのでは、と思っています。毎年、ホントに交通費だけで参加してくれているハウスバンドI.D.O.Lのみなさん、ありがとう。わずかなリハーサルしかないのに見事にステージを切り回してくれるスタッフのみなさん、ありがとう。そして、見に来てくださっているみなさん、ほんとうにありがとう。来年もまた、必ずやります。是非見に来てくださいねー(^0^)/

2008/11/30

11/29 実相寺監督三回忌  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
あれからもう丸二年!時間経過の早さに呆れつつ、都内某所の霊園へ。
丸一年ぶりなのでお墓の場所がわからなくなり、事務所で尋ねると、
「ああ、ウルトラのお墓ね」と言われたw。

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと腰の引けたウルトラマンと

クリックすると元のサイズで表示します
堂々としたメトロン星人がいるせい?

クリックすると元のサイズで表示します
お線香と花と焼酎(お湯割り)を供えてお暇する。

            クリックすると元のサイズで表示します
コダイ主催のオフィシャル「実相寺監督を偲ぶ会」に出席するべく上野へ。東京都美術館でフェルメール展をやっていたので、ちょっと観てみることにしたのだが・・・待ち時間40分はまあフェスに並ぶ事を考えればなんでもなかったけど、肝心の中身があまりにも貧弱。「フェルメール展」っていうタイトルなのに、フェルメールの絵は7枚だけで、あとは同時代の作家の絵!もちろん素晴らしいものもあったが、全然ダメなものもたくさんあり。これって、例えば「浜田省吾コンサート」って名前がついたライブなのに知らないアーティストがぞろぞろ出てきて、肝心の隊長はトリで数曲しかやらない、みたいな?さらに、とにかく客を入れすぎてて絵画鑑賞の状況では全くなし。少なくとも、フェルメールの絵って、みんなでうわーっと集って観るタイプの絵じゃないんじゃねーのか。はっきり言うがこの展覧会、軽くサギ

クリックすると元のサイズで表示します
でもまあこの日はすげえいい天気で、なんともいい風情だったから許す。

クリックすると元のサイズで表示します
「偲ぶ会」は、老舗の宴会場「東天紅」で夕方5時から。
それにしてもこの看板情けなし。
「実相寺」と「昭雄」の間のスペースとりすぎだし、さらには、
「三回忌を偲ぶ会」って書いちゃって「を」を消してる!ありえねーな。
俺が主催者だったら、会場使用料ディスカウントさせるw。

クリックすると元のサイズで表示します
それはさておき、この「偲ぶ会」、200人以上が出席する大イベント。

クリックすると元のサイズで表示します
レア映像上映もありつつ、

クリックすると元のサイズで表示します
冬木透先生がピアノを弾いたり、

クリックすると元のサイズで表示します
監督直筆のイラストや写真の展示もあり。

クリックすると元のサイズで表示します
カワユス。

クリックすると元のサイズで表示します
監督の絵、ほんと、味がある。デッサン力も抜群だし。

クリックすると元のサイズで表示します
ちなみに、これが今の「玉電」。ここ数年で全部この車両になった。
監督が生きてたら嘆いただろうなあw。

クリックすると元のサイズで表示します
ところで、京極夏彦先生には、「ギララの逆襲」のサントラをIPODに入れて
愛聴していただいているとの事。ありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します
佐野史郎さんにも初めてお会いできた。福田は、佐野さんが「いいとも」
に出演された時、あまりも熱く「マタンゴ」をリメイクしたい!!と
語ってタモリ氏をドン引きさせていたのを見て、勝手に物凄く好感を持っていたのであるw。
この日は強引に名刺をお渡しして、もし「マタンゴ」のリメイクが実現しそうな折には、
是非協力させてくださいと押し売りしておいたw。

クリックすると元のサイズで表示します
最後に、監督と記念撮影。しかし、3人揃って親指立ててるのってどうよ。

クリックすると元のサイズで表示します
それにしても、この監督のショット、人相良すぎww。

このあと、いつものメンバーで渋谷に移動、「猫ラーメン大将」の初日舞台挨拶を
見学後、夜中までグダグダ飲み。

2008/11/30

back to 11/27  イベント
クリックすると元のサイズで表示します
どんどん進むAAAリハ。I.D.O.Lでバックをやる曲数が去年のほぼ倍あるので、
けっこうイソガシス!!この日は「漁港」がリハに参加。ケガニさん水揚げw。

2008/11/28

緊急告知  イベント
Act Against AIDS 2008
ザ・バラエティ/
祭りだよ!!16年だワッショイ!!


開催場所:日本武道館  開催日時:12/1(月) 開場 5:30 開演 6:30

出演:岸谷五朗/寺脇康文/サンプラザ中野くん/パッパラー河合/ポルノグラフィティ/Perfume/岸谷香/森雪之丞/FLOW/漁港/PaniCrew/村川絵梨/水沢エレナ/小出恵介/仲里依紗/林剛史/三浦春馬/佐藤健/ほか
<ハウスバンドI.D.O.L.> エンペラー福田、バーベQ和佐田、キューティクル鈴木、千葉“団長”孝、五十嵐公太、立井幹也、里村美和、野沢"毛ガニ"秀行、BuriBariBombers(武田和大、佐久間勲、茶谷将彦、霜田ゆーじ) 白土直子、丸山優子、チハ 

■メンバー割り当て分チケットから2枚をお分け出来ます■
ご希望の方は、11/28日中(11/29 午前0時で締め切ります)に、info@daiz.tvに「AAAチケット希望」というタイトルでメールをくださいませ。先着順で即決します。購入された方は、必ずおいでくださいねー。当日、会場でチケットと代金(1枚5,500円)を引き換えてください。

では、よろしくですー(^0^)/

2008/11/27

T1グランプリ  イベント
            クリックすると元のサイズで表示します
加藤礼次朗氏、初参戦!いつもにましてクセモノ揃いの出演者が揃う中、アシスタント時代に師匠の意向を無視した作画を繰り返し、とうとうクビになった話を淡々と語り・・・

クリックすると元のサイズで表示します
見事優勝!当人、あっけにとられてますw。

              クリックすると元のサイズで表示します
「アジ釣り大会準優勝」トロフィも随分ニギヤカになった。この名前の中に、福田と高野二郎に引き続き加藤礼次朗も並ぶ・・・「怪獣軍団」おそるべし。

            クリックすると元のサイズで表示します
審査委員長の松沢さん(左:「日本一のエロ本研究家」にして、大のソバ、カツ丼ファン)によれば、どうしてもグランドチャンピオン大会で「老舗の蕎麦屋の息子(註:礼次朗氏は、早大文学部のまん前にある有名なお蕎麦屋さんの次男坊。もちろん福田も在学中は足しげく通った)としての加藤くんの話」が聞きたいのでチャンピオンに推した、とのこと。真実というものはこんなふうに、往々にしてけっこうくだらないw。

2008/11/27

11/25〜  イベント
              クリックすると元のサイズで表示します
AAAのリハが始まった。今年のリハスタは、世田谷にある「世田谷スタジオ」。
あまりにもそのまんまな名前だが、芝浦にある「芝浦スタジオ」と同じ系列のスタジオなのでこういうネーミングなんだろうw。確か、1998年のAAAのリハはここでやった。10年も前のことだが、ホントに昨日の事のよう。この感覚、ヤバいなあ・・・

           クリックすると元のサイズで表示します
つい昨日まで映画監督だった岸谷氏、リハ冒頭でイベントの進行を説明。今年は首の故障も直り、体調万全だが、監督業専念で、○Kg太ったそうな。

           クリックすると元のサイズで表示します
なかなかスケジュールが合わないバンドメンバーのためにリハに参加してくれている助っ人のワカモノたち。左から、五十嵐公太くんの「リハトラ」(リハのトラ、ということ。ちなみに、トラ、はエキストラ、という意味です)ドラマー坂庭淳太くん(26)、真ん中が仮歌要員の吉井菜穂さん(24),その右、仮歌要員の村上竜太くん(24)。この二人はデビューを控えたアミューズのシンガー。覚えてあげてね。後ろに立っている女子二人は、左から高貝紗希さん(18)、方波見(かたばみ)梨沙さん(19)。和佐田くんの「生徒」さんで代理ベーシスト。なんで二人いるのか?まあ、年齢から言っても立場から言っても、まだ「半人分」だから・・・なんちてww。でも、十分ちゃんと弾いてくれてます。みなさん、お世話になってます!で・・・・彼らが混ざって演奏しても、「I.D.O.L」の平均年齢は全然30才を下回らない、という現実。オソロしい。


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ