2010/11/5

広島〜高松〜オールラッシュ  ライブ
11/2 のぞみで広島へ。久々に4時間新幹線に乗ったらけっこうしんどかった。やっぱり年齢か(-.-;

クリックすると元のサイズで表示します
会場は広島市文化交流会館。もとの厚生年金会館だそうな。

楽屋でもみんなけっこうダルそう。陽水さんはご実家でお母様の七回忌を済ませて博多からの到着。移動距離は短いものの、やはり「乗り打ち」(移動してそのままライブをすること)には変わりなく、ちょっとシンドそう。
乗り打ちって結構キツい、みたいな話をしているうちに、そういえば、と思って前々から陽水さんに聞いてみようと思っていた事を聞いてみた。
「誰から聞いたか忘れちゃったんですけど、昔、陽水さんが仕事関係の人たちと酒を飲んでいたら、フスマで仕切られた隣の部屋がカラオケでもりあがって、そのうち、「リバーサイドホテル」が始まった。そしたら、いい感じに酔っぱらった陽水さんが、ふすまをあけて出て行って続きを歌っちゃって飲み屋が大パニック、っていう、まあほぼ都市伝説みたいな話があるんですよ。これってほんとですか?」
「(笑)うーん、さすがにそれはない。ないなあ(笑)」
というわけで、誰か忘れたけど福田にこの話した人、やっぱり単に都市伝説だったよw。
でも、陽水さんっていきなりほんとにそういう事しちゃいそうな雰囲気があるのは確か(^-^)
今回の里帰りでも飲み屋で黒田節歌ったって言ってたし。

クリックすると元のサイズで表示します
まあそういうこととは全然関係なく、おお、こういう表現するんだ、と。

クリックすると元のサイズで表示します
翌11/3、昼ごろチェックアウトして新幹線で岡山へ移動、マリンライナーに乗り換える。
指定席はけっこうすいていたのでこんな感じのリラックスモードで移動。誰の足とは書きませんがw

クリックすると元のサイズで表示します
更に誰の足とは書きませんがw

クリックすると元のサイズで表示します
なんにせよ、何度乗ってもいい景色。

クリックすると元のサイズで表示します
逆光っぷりもまたよし。

ちなみに、この路線に乗るのが初めてで、高松在住の友達からも「とにかくいい景色だから!」と言われてものすごく盛り上がっていたパーカッションの裕ちゃんは、橋を通過するあたりで爆睡してしまい、結局なんにも見られなかったらしい。「大物やね」と陽水さんに言われてました。福田としては、例のハイジャック事件の時、最初から最後まで眠っていたJストリングスの岩戸さんを思い出しましたとさ。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、高松と言えばやっぱりうどん。
会場ではかの有名な日の出製麺さんによるケータリングがあり。

クリックすると元のサイズで表示します
ゆでたてっす!

クリックすると元のサイズで表示します
つゆも薬味も

クリックすると元のサイズで表示します
もちろん天ぷらもすべてそろって言うことなし。

クリックすると元のサイズで表示します
あー写真見てたらまた食いたくなった・・・

クリックすると元のサイズで表示します
高松弁覚えた!「がいに」=「すごく」「どえりゃあ」「めっちゃ」だそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
アルファあなぶきホール。隊長のライブでも何度か来てますな。

クリックすると元のサイズで表示します
今日はギターの今堀さんの機材をちょこっとご紹介。

クリックすると元のサイズで表示します
足元。いっぱいついているスイッチで、エフェクターのつなぎを変える。
踏み間違うと致命的な事も多々ありw。

クリックすると元のサイズで表示します
これが実際に働くエフェクターのみなさん。ご苦労様です。
バンドをやったことのない人にはあまりなじみがないと思うけど、
ギタリストってこのへんの機材のセレクトからセッティングから、大変なんだよ。

クリックすると元のサイズで表示します
これはチャランゴ、という南米の楽器。複弦で、マンドリンを陽性にしたような
華やかな音で出る。ギターとは全然チューニングが違うので弾くの大変だそうな。

クリックすると元のサイズで表示します
で、これが陽水さんの使うギター群。

クリックすると元のサイズで表示します
アーンド、ブルースハープやピックのセット。

クリックすると元のサイズで表示します
こじやんのセット。

クリックすると元のサイズで表示します
シンセやエレピはKORG派。

クリックすると元のサイズで表示します
もともと視力2.0だったこじやんには絶対欠かせないリーディンググラスw

クリックすると元のサイズで表示します
続きでこの写真を載せると、なんか井口監督が歌いだしそうだが、
これは高松の翌日11/4の、ザボーガーのオールラッシュ。
この時、フィルムに現像した状態の画を初めて見るのだが、あくまで画だけをチェックするので状態は完全に「無音」。それはさみしすぎる!ということで(昔のラッシュと違って、完全に完成したあとに見るわけだからね)、監督自ら効果音や一部セリフを、福田が音楽を、全部声で担当。なんだか壮絶な2時間だったw。

ちょっと時間をさかのぼると、この日、福田は高松から戻ってそのまま品川のプリンスシネマで「SP」を鑑賞。なんでまた「SP」を?というと、井口監督が、あまりにもひどい映画なので是非見てみてください!、と熱く推薦していたから。で、見てみたわけですよ、1800円払って。そしたら・・・・まー、すごかったです。とりあえず、小難しくて硬派っぽい外面を作ってはあるんですが、後半なんか、大中のお面かぶった暗殺者集団が朝方にボウガン打ったりダイナマイト投げたりしてくるだけ(ほんとう)の映画。こういう、外面だけ整えて中身がからっぽ(っていうか高校生の映研レベル)な映画見に行って、「面白い」って思っちゃう観客が多いんだとしたら(でも多分、多いんだろうなあ・・・)、それはそれは悲しい事。

2010/11/2

ツアーに出る前にあれこれ告知!  ライブ
■11/6(土)■

「やくざハンター」
「爆発!スケ番☆ハンターズ/総括殴り込み作戦」
「逆襲!スケ番☆ハンターズ/地獄の決闘」


上映&トークショー:
亜紗美+島田紗良+中平一史(監督)+福田裕彦(音楽)


場所:グリソムギャング(小田急線 よみうりランド前下車)
詳しい情報はこちらで↓

http://grissomgang.web.fc2.com/schedule1011.htm#sukeban

なんと怒涛の三本立て!しかもトークショーとサイン会つき!多分こんな機会はもう二度とないんじゃ?是非是非見に来ておくれー!

■11/12(金)■

BeatNutsライブ   
新橋ZZ http://www.zzpad.com/


前回腕を怪我して欠席した分弾きまくります!
・・ってそれじゃ、ただの弾きすぎ・・

■11/29(月)■

福田裕彦+森田釣竿トークライブ
「地球の海から魚がいなくなる日」Vol.14
ゲスト:上田勝彦(元漁師の水産庁官僚)その他多数


新橋ZZ http://www.zzpad.com/


10/31、東京12chの人気番組「ソロモン流」でライブの模様がちょこっと放送されたとたん、新橋ZZには問い合わせと予約電話が殺到(ほんとう)!みんな、気づくのが遅いよw!
というわけなんで、この際、みんなイキオイで見に来てね〜!

2010/10/18

井上陽水ツアースタート  ライブ
ツアー初日に情報解禁、ということだったのでずーっと何も書かずに来ましたが、
本日無事に初日が終了したので書きますね。
福田は、この秋の井上陽水さんのツアーに参加します。

クリックすると元のサイズで表示します
昨日は厚木市文化会館でゲネプロ、今日は本番でした。

クリックすると元のサイズで表示します
今回のツアーメンバーは福田を入れて4人。
左から、ギターの今堀恒雄さん、パーカッションの はたけやま裕(ゆう)さん、
そしておなじみ、こじやん。ドラム、ベースがいない、かなり変則的な編成です。

クリックすると元のサイズで表示します
ライブは全部で20本。年内で全部終了しますが、けっこう小さな町も行くので、
出来るだけマメにレポしようと思ってます(時間があればw)。


2010/10/12

おでかけツアー千秋楽  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
10/12、7月から始まった、姫の「おでかけツアー」、無事に千秋楽!
全部で6本、と本数は少なかったですが、毎回毎回、ほんとーに何が起きるかわからないスリリングなライブ、大変に楽しませてもらいました(^-^)/

クリックすると元のサイズで表示します
ちょっと珍しいモニター卓ごしの画。

クリックすると元のサイズで表示します
この日は10/17の姫の誕生日を祝うサプライズイベントもあり。
照明スタッフの粋なはからいで、HAPPY BIRTHDAYの文字が会場にどどーんと!
いやーこれはよかった。めでたい感300%アップ。ありがとうございました。

というわけで、今年、残るは恒例のクリコンのみ。
お疲れさまでしたー!!

2010/9/20

告知  ライブ
9/22 新橋ZZ http://www.zzpad.com/

 福田裕彦&漁港のトークライブ
「地球の海から魚がいなくなる日」Vol.8(くらい)

今回のテーマはズバリ、
「肉 対 魚」!


年を追うごとに膨れ上がる日本人の肉食嗜好、圧倒的劣勢に立たされる魚食文化!
いまや激戦のコンビニ弁当の分野でも「おかずの魚」は風前の灯だ!
「魚食」に起死回生のチャンスはあるのか!?

例によって水産系雑誌編集者から農林省官僚まで多彩なゲストを迎え、
典型的肉食系日本人・福田が、日本魚食文化の行く末をマジメに考える
超変化球トークライブ。
おさそいあわせのうえ、是非是非おいでくださいませ(^-^)/

2010/6/4

ゾンビじゃなかった日 6/2  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
BeatNuts結成10周年ライブ。福田は10年前にはトラで参加しただけで、
正式に参加することになったのは2001年。なので、福田としては9年目。
まあどっちにしろ、長いっちゃ長いw。

クリックすると元のサイズで表示します
実はBeatNutsのライブって、メンバーのスケジュール合わせるだけでも
相当大変なのだが、そういう面倒な作業を一手に引き受けて、
なおかつライブごとに必ず新曲を書いてくるリーダー包国氏。
ほんとーにエラいと思います(^-^)>

クリックすると元のサイズで表示します
今回は久々にケガニさんも参加。お元気そうでなにより!
高杉さんとのパーカッションバトルにアミノ酸燃焼しまくり。

クリックすると元のサイズで表示します
最近、ほぼレギュラー化しているサックスの甲本さん。
回を重ねるにつれ、どんどん音がデカくなってる!
今や多分、古村とかと張る感じかも。いつか対決させたいw。

クリックすると元のサイズで表示します
ドラムの樋口さんはここ一年以上断酒状態。なんと10kg以上体重を落としたそうな。
見習いたいけど、ムリs。ベースの六川さんはなんも変らず。でも来年還暦だ!
ギターの鈴木くんも毎ライブごとに新曲書いてきます。すごい。

クリックすると元のサイズで表示します
書き譜キラい、と思ってます。

さて、今回の白眉はなんと行ってもゲストの純名里沙さん。
去年のAAAの打ち上げで、なんか一緒にやりましょうよ、と盛り上がったのが実現。
本番の写真はないので、リハのスナップショットをいくつか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

なんにせよ、当たり前の事だが、やっぱり歌うまいっす(^-^)/
あと、「基本的にキャパ2000人」の劇場で育っただけあって、
なんというか、「歌ってる姿の訴求力」が凄い。
100人規模のライブハウスだと、出てくるだけで圧倒的。
実に「由来」の違うミュージシャンだなあ、と。

クリックすると元のサイズで表示します
ジャンプして締めてますが、本番ではすっかり忘れてましたw。
とまあ、結構、素晴らしく天然な脳パーツもありで、キャラも立ってます。
今後もまたご一緒させていただくかもしれませんので、
その時はみなさん、是非お見逃しなくっ!

クリックすると元のサイズで表示します

2010/5/31

BeatNutsのリハに  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
6/2のゲスト、純名里紗さんが参加。なんかすでに打ち上げっぽい雰囲気w。
何を歌うかは、当日のお楽しみってことで^-^)/

2010/3/11

13日の土曜日は  ライブ
久々の「バカデミア学園」at 京都「陰陽」http://www.negaposi.net/
久々だから、いつもにもまして濃い授業をするぞ!
テーマは
「1960年代」
そして「ウルトラQ」だ!
覚悟しておいでやす〜!

2010/2/6

いやー楽しかった!!  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
始まる前はいったいどうなるんだ!?と思っていた昨日の「内容の無い音楽会」ライブ。なんせ、福田がライブの構成を決めて「うまかろうくん」シナリオのプリントアウトなどをしたのが昨日(要するに本番当日!)の午前中。で、現場で打ち合わせしたのが、本番の1時間半前。いやー、もうドキドキものでしたが、さすがみなさん人前に出る仕事を昨日始めた今日始めたという若造ではない。あたりまえですがw。いざ本番となったら(多少酔っ払ってろれつが回ってないケースはあったけどw)みなさん、歌もセリフもバッチリでした。素晴らしい。生方くんも福田も、喋りに喋ってアルバム制作秘話や元ネタを全披露。まあ、アルバムを知らない人には結構キツかったかもしれないが、知っている人はそりゃあもう面白かったはず・と前向きに我田引水解釈。

というわけで、会うのは十数年ぶりというメンバーもいた昨日のライブ、久々に心から楽しかった。写真は、ライブ終了直後。後列左から岡井大二氏、稲葉うまかろう政裕くん、クリス・シルバースタイン氏、水谷公生師匠、前列右から、サンプラザ中野くん、
生方くん、福田、そして昨日の紅一点、藤原美穂さん。みなさん、ほんとうにお疲れさま。そして、声のみの出演をしてくれた浅倉大介くん、ありがとうございました!

ちなみに、みなさんを簡単にご紹介しておきますと。

■岡井大ニ氏■日本初の本格的プログレバンド「四人囃子」のドラマーとして、日本ロック史に名を刻む伝説的人物(なんかこう書くと「生福」のネタみたいだがwほんとう)。福田がプロデビューしたバンド「QUYZ」のドラマーでもあったので、知り合ってすでに30年になるのだが、ここ10年くらいは全く会う機会がなかった(年賀状のやりとりはしてたけど)。「内容の無い音楽会」では怪獣ドラマ「うまかろうくん」で、「うまかろうくん対ジョン・ノレンの霊魂 世紀の対決」を実況中継するアナウンサーを熱演。昨日はレコーディング以来23年ぶりにその実況を生再現してくれました。いやー、嬉しかったー(^0^)/

■稲葉政裕くん■このブログにもしばしば登場しているのですでにお馴染みだと思うが、彼の実質的なメジャーデビューアルバムが「内容の無い音楽会」。ある意味、このアルバムは、稲葉くんのソロアルバム、と言ってしまってもいい。彼がいなければこのアルバムは成立しなかった。「内容の無い音楽会」の中で、彼はギタリストとしての凄まじい才能はもちろん、メタル歌手、演歌歌手、俳優、怪獣としての才能も示しきっているのだが、現在は、スタジオプレイヤーや、吉田拓郎さん、小田和正さんのサポートギタリストとして活躍、数ある才能の中からギタリスト才能だけしか使っていないのが個人的にはちょい残念w。

■クリス・シルバーステイン氏■1985年にニューヨークからやってきたとても心の優しいベーシスト。福田とは、生方くんを通じて知り合い、1987年に真璃子というアイドル歌手のレコーディングで初仕事、その後1988年から2年間、鈴木雅之ツアーを一緒にやった。「内容の無い音楽会」にはラッパーや英会話学校の先生役(「オンナーッ!」としか言わない)として参加。現在は小野リサさんのサポートなど、ほぼ、オトナな音楽専門wのベーシストとして活躍中。25年も日本にいれば、普通日本語がペラペラになるものだが、彼の日本語は未だに片言。彼とも、この10年くらい会う機会がなかったのだが、昨日久々に会ってみて、日本語のレベルが昔と全く同じなのに爆笑してしまった。ごめん、クリスw。

■水谷公生師匠■今更説明するまでもなく、福田の師匠。1983年の秋口、南こうせつのサポートバンドのオーディションで初めて会ってからすでに27年が経過。いやー、時の流れはほんとうに早い。ビックリだ。ちなみに、初めて会った時の水谷さんの印象は「カリメロ頭の、すげえ業界人っぽい人」でしたw。昨日は、レコーディングでも歌っていただいた「47歳の地図」のボーカルや、「うまかろうくん」のキャストとしても参加していただきました。

■サンプラザ中野くん■最初に会ったのは1982年の夏ごろ。当時の中野くんのニューウェーブ系変態バンド「スーパースランプ」が出たコンテストに、福田のバンド「YOU」がゲストで出たのがキッカケ。その時の河合くんの異様な動きと、「さよなら」という、世にも陰気で切ないバラード(確か、浮気した男を殺した女が、男の着ていた着物を庭で燃やすっていう曲)にいたく感動し、福田はその年の大晦日の「スーパースランプ」解散ライブにキーボディストとして参加。翌年、中野くんと河合くんは「爆風スランプ」を結成、福田はサポートキーボディストとしてライブに参加するようになった。昨日は、当時「山口のばら」という変名で作詞してくれた「47歳の地図」にはじめてボーカリストとして参加。「うまかろうくん」でもちょっとセリフを言ってもらったりしました。

■生方則孝くん■初めて会ったのは、デジタル楽器最盛期の1984年、YAMAHAが大金を投じて開催していたイベント「X DAY」の東京会場。彼は、DX7とシーケンサーQX1のデモンストレーションで、生ギターのストロークのような演奏をしていた。それは当時としては本当に驚異的なクオリティで、びっくりして話しかけたのを鮮明に覚えている。その後、大阪X DAYの移動で新幹線が一緒になりすっかり意気投合、一緒に会社でもやるべーという話になった。「生福」という名前は、翌年、DX7のソフトを作るときに考えたもの。まさかその名前でアルバムを作るようになるとは思ってもみなかったw。昨日はご機嫌でよく喋ったねー(^-^)/

■藤原美穂さん■最初に会ったのは鈴木雅之ツアー。もうひとり松葉美穂さんというコーラスメンバーがいて、ミホミホだった(別にそう呼んだ覚えはない。なんとかなく書いてみたかった。ミホミホ。)。「内容の無い音楽会」の録音当時は、まだ彼女がどのくらい芸達者なのかはあまり分かっていなかったので、うまかろうくんの「小美人」役をやってもらうにとどまったのだが、その後、マーチン(鈴木雅之)のJWAVEの番組に福田がコントを書き、彼女も演技者として参加したとき、物凄い演技の才能があることが判明。1988年の「内容の無い音楽会」ライブでは、実にいろんなことを押し付けた。昨日も、女性役は全部一人でやってもらいましたw。


というわけで、ライブ後はそのまま「鈴ん小屋」で軽く打ちあがり、終了後は何故か「アントニオ猪木酒場」へ。誰のナビだったのか、全然不明w。いやー、なんかすごかったな、「アントニオ猪木酒場」。

クリックすると元のサイズで表示します
店内BGM猪木ボンバイエが洗脳音楽のようにループする中、最大級ジョッキワインを飲む藤原姐さん。平然と全部飲んでました・・・

それにしても。
今更ながら「47歳の地図」は名曲だと思った。
あれをシングルカットしなかったSONY、シクったなw。

2010/2/1

ライブ 再告知です(^-^)/  ライブ
「多分・内容の無い音楽会復刻再販? 記念トーク&ライブ」

トークを中心に、アルバム「内容の無い音楽会」収録曲を出演者が弾き語ります。
この日限り、もう絶対手に入らないスペシャルアイテム販売もあり。
最初で最後の機会をお見逃しなく!

■会場池袋 鈴ん小屋■
http://www.ringoya.org/

■日時 2/5(金)■
■開場19:00 開演19:30 ■
■出演:生福(生方則孝、福田裕彦)、稲葉政裕(G)、
藤原美穂(Vo.)スペシャルゲスト:サンプラザ中野くん
水谷公生・岡井大二 その他 サプライズゲストもあり・・?■
■前売3000円 当日3500円(ドリンク別)■


チケット予約は「鈴ん小屋」(りんごや)まで! 03-6382-7273


でもって、現状、「再発」けっこうアブないかもね・・(-0-;

http://www.sonymusicshop.jp/detail.asp?goods=DYCL000000235


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ