2009/3/31

お詫び  ライブ
きたる5/21に予定しておりましたトークライブ「裕福バカデミア学園・九州校 開校式」ですが、まったくもって福田の個人的事情により、延期させていただくことになりました。現状、替わりのスケジュールは立っていませんが、なんとか年内には実現したいと思っております。ほんとうにごめんなさい(> <)その節はどうぞよろしくお願い申しあげますっm(_ _)m

2009/3/30

水道橋  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
3/29は水道橋でBeatNutsのライブがあった。反対側の出口で出てしまい、ちょい迷う。

クリックすると元のサイズで表示します
こっちで降りればよかったんだよなー。実は、福田が通っていた竹早高校は
ここからも歩いて行ける。たまに、学校の帰り、友達やガールフレンドと
ゆるゆる後楽園のあたりを抜けて、水道橋駅のこっちの出口まで歩いた記憶あり。

クリックすると元のサイズで表示します
けっこう繁華街から離れたところにある「東京倶楽部」。
基本的にいわゆるJAZZ系のライブハウス。

クリックすると元のサイズで表示します
夜になると、それなりに雰囲気ありw。

クリックすると元のサイズで表示します
福田はもともとJAZZは好きじゃない・・というか、もうちょっと正確に言うと、JAZZという音楽そのものが嫌い、なのではなく(まあ、大して好きではないのは確かだが)、「JAZZという音楽の周辺に存在する様々な記号」が好きじゃないのである。それは例えば、グラスに注いだバーボンだったり、オシャレな男女の会話だったり、タバコの紫煙だったり、都会のイルミネーションだったり。なんだか知らないが、そういう記号に対して、福田はイラっとするw。もうちょっと端的に言うと、かつて一世を風靡した「わたせせいぞう」的な世界観に対して、ムカつくのである。なんでなのかよくわからないが、多分そういったものは、怪獣やホラーと完全に対極だからだろう。なのに、福田はこういう店に出演して演奏したりする。人生は不可解である。

2009/3/22

告知  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します

よろしくっ!!(ポスターはクリックで拡大できます)

2009/3/17

4月5日に  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
一緒にライブをやる「瞬間的 弦楽四重奏団」のみなさん。
左から1stバイオリンの山本さん、2ndバイオリンの有馬さん、
この撮影のあと福田に向かってチェロを投げつけた(うそ)吉良さん、
そしてこの撮影のあと福田を弓でぶった(うそ)ビオラの小弥さん。
ごらんのように、極めてノリのいい人たちです。
4/5は、このメンバーのオケをバックに高野くんが特撮ソングを歌いまくるほか、
古村くんを交えて、珍しく隊長の曲なんぞも何曲か演奏してみよう、と。
聞きにきてねー(^0^)/

2009/3/10

お知らせ  ライブ
4/5(日) 弦楽四重奏+福田による特撮ライブのお知らせをアップしました↓是非チェックしてくださいねー(^-^)/

http://black.ap.teacup.com/daiz/

2009/2/25

地球の海から魚が消える日vol.4  ライブ
     クリックすると元のサイズで表示します
        
魚はぬめりが大事だ!をキーワードに、またもや福田の目からウロコ30枚以上が落ちました。福田のすぐ右から、「月刊 養殖」編集部の秋本さん、パンクバンド「雷矢」のボーカリスト・Yasuoさん、宮古市魚市場・坂幸魚店の坂下幸樹さん&船長。今回は「漁港」の3rdアルバム用の新曲2曲も、まだデモ段階ながらご披露しちゃいました(どうやら今のところ、「漁港」次回作には福田がたくさん曲を提供させてもらう事になりそうです。いい曲書くから、期待してね!)。時に爆笑を誘いながら、実に濃く有益な「魚話」が炸裂するこのトークライブ。まだまだシツコクやり続けますので、是非遊びに来てくださいねー(^0^)/

2009/2/7

back to 1/31  ライブ
京都のライブハウス「陰陽 NEGAPOSI」さんでのトークライブ第二弾!!の日。
東京を出発する時は、新幹線止まったらヤベーよなー、と思うほどの悪天候だったのだが、徐々に雨足は弱まり、名古屋を通過するあたりでは青空が!やったぜ、もう傘要らん!と、ビニ傘を新幹線に置き去りにしたのだが、その呪いなのか、京都は夜までずーっとしとしと雨。ビニ傘、ゴメン。みなさん、モノは大切にしましょうね(> <)。

これまたビニ傘の呪いなのかどうか、この日の福田は準備段階から相当ボケていて、いったんホテルにチェックインして荷物を整理し意気揚々と出発したのはいいが、部屋のキーからサイフから、はてはシンセサイザーのデータ満載のUSBメモリまで入ったショルダーバッグをあっさり自室に忘れて会場に到着!すぐにとって返して回収したのだが、おかげでリハーサル開始時間が大幅に遅れてしまった。いやー、関係者のみなさまには大変なご迷惑をおかけしました。特に、車を運転してくださった黒田さん、何度も行ったりきたりさせてごめんなさい!平身低頭!

クリックすると元のサイズで表示します
この日は、大阪在住の上野さんも見に来てくださいました。
山田さんとはなんとなーくの面識しかなかったので、造形家どうし、
いい「めぐり合い」になりましたw。

クリックすると元のサイズで表示します
この日のライブのテーマその一は、「日本神話と仏教と日本音楽の起源」。
あくまでも神話や仏教の「面白さ」を伝えるのが主旨なので、とにかくどのくらい笑いを取りながら話せるか、に主眼をおく。用意したネタをばんばんカット、すげー手短に話したつもりだったのだが、あっという間に2時間が経過。みなさん、最後まで逃げ出さずに聞いてくださってありがとう(^0^)/

さて、このトークライブの大きな特徴のひとつは、福田の顔の生変形。

クリックすると元のサイズで表示します
まず、こんな苦悶の表情から

クリックすると元のサイズで表示します
鼻が巨大化。

クリックすると元のサイズで表示します
さらに鼻が伸び

クリックすると元のサイズで表示します
最後は顔全体が溶けます。

見たい方は、是非、トークライブへ。
さあ、福田は本当は何をしているのかな?

とまあ、こんな風に福田自身もモンスター化しながら、後半は怪獣の話。
今回は、あまり怪獣に詳しくないみなさん(っていうか、普通は詳しくないんだよ!)に、
「初ゴジ、逆ゴジ、キンゴジ、モスゴジ」

の区別が出来るようになっていただこうという、無謀な啓蒙企画が中心(山田さんには映像資料からフィギアまでご用意いただき、大感謝!)さらに、ウルトラマンタロウ、そして、DVDが発売になったばかりの「ギララの逆襲」をフィーチュア。結局、用意したネタの三分の一くらいをご披露した時点でタイムリミット。なんとなく物足りない(既に3時間半経ってるんですがw)雰囲気があったせいか、10時にいったん終了したライブ後も、ほぼ9割以上のお客さんがその場に残って夜中まで打ち上げ、という壮絶な盛り上がりになりました。みなさん、ありがとうございました!

次回は5/6、同じく京都 「陰陽 NEGAPOSI」さんで、さらに一歩踏み込んだトークライブ
「裕福バカデミア学園・京都校開校式」を開催します。
福田裕彦の封印キャラであるあの方も、名誉教授として特別講義を行うらしい(あくまでウワサ!)。みなさん、是非、遊びに来てくださいねー(^0^)/

ちなみに、トークライブ「裕福バカデミア学園」は、虎視眈々と全国展開を狙っています。京都についで「開校式」が行われるのは一体どこなのか?そしていつなのか?
乞うご期待!!



2008/12/22

この気温で「クリスマスコンサート」とか言われてもなあ  ライブ
・・というくらい暖かく、不気味なほど温い強風が吹き荒れた12/21。
どっちかっていうと、「春一番ライブ」。

クリックすると元のサイズで表示します
今年の開場は「アプリコ」。去年は「パーシモンホール」。
果物つながりって企画?

クリックすると元のサイズで表示します
なんか、救いがないほどヘタ、っていう表現にしか思えん・・

クリックすると元のサイズで表示します
本番前のミーティング。いまや恒例になってしまった「曲途中のパフォーマンス」の
打ち合わせなので、全員異様に真剣。

クリックすると元のサイズで表示します
なんと、そのわずか「数分間のパフォーマンス」のために全員がライブあたまから
ずっとスーツ着用!なんでこんな事になったかと申しますと。

実は今年は、バンマスの加藤みちあき氏、早い時期から「これだ!」というアイディアを持っていて、リハ初日から絶好調だった。ところが、会場の規定によって、その「これだ!」のアイディアが完全に実行不可能である事が判明。加藤氏は一転、ドン底の精神状態に。そこから(例年のごとく)メンバー全員の苦闘が始まり、最終的に出たアイディアは「もうこれは、素直に謝罪するしかない!土下座だ!!」という、ほぼ禁じ手。「今年はアイディアが出ませんでした」とミュージシャン全員がステージ上で土下座するライブというのは、おそらく誰も見たことがあるまい(あたりまえ)。で、「謝罪するにはやっぱりスーツ姿!」。というワケで、全員スーツ。暑かった〜。
しかし、謝罪だけではなんだかモノ足りない、という意見が出て、なんと、身長176cm体重54Kgというスレンダーぶりを誇るバンマス加藤みちあき氏(52歳)が谷村姫に変装、謝罪後に暗転したステージの中、こっそりグランドピアノに座り、姫のふりをして演奏を再開、本物の谷村姫がステージ袖から現れピコピコハンマーで加藤氏を殴る、というベタな展開を実行。この部分も十分うまくいったと思う(実際、けっこう露出度の高いサンタ系衣装で現れた加藤氏を谷村姫だと思い込んでメッチャ盛り上がったお客さんもたくさんいたらしいw)のだが、例年このコーナーに賭けている加藤氏にとって満足のいく出来ではなかったらしく、コンサート後はひどく凹んでましたw。というワケで、加藤氏、再び謝罪↓

           クリックすると元のサイズで表示します
         来年はもっとうまくやるわっ!ゆるしてね、みんなっ!!

2008/10/7

トークライブ at 京都「陰陽」  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
昼の2時過ぎに京都入り。うけけ団の山田さんが車でホテルまで迎えにきてくださった。
恐縮しつつ、この際なので、「ジャミラが死んだ国際会議場」(実はこれは大カン違いで、ジャミラが死んだのは代々木体育館のそば・・)へ連れて行っていただく(図々シス)。
会議場では今日も科学技術に関する会議が開かれていた(写真を撮ろうとしたら、警備員に「なるべくはやく立ち去ってください」と言われました・・)。

クリックすると元のサイズで表示します
今日の会場、ライブハウス「陰陽」NEGAPOSI。
看板、カワユス!!

クリックすると元のサイズで表示します
入り口の階段。いい感じ。

クリックすると元のサイズで表示します
敢てキーボードスタンドを使わず、ステージ下のお店のテーブルにMOTIF EXを置いてみた。
なんか楽しげだったので今日はこのセッティングw。

7時半、ライブスタート。
まず、トークライブのタイトルを「すべっちゃうかもしれない」から「日本でいちばんすべっちゃうかもしれない授業」に変更。これは、前回、九州で「トークライブ」をやってみたとき、やっぱり俺って「先生」っぽいんだよなあ、と思い、それを無理に変えるよりはここは居直っちゃったほうがいいんじゃないか?という結論に達したため。
というわけで、一時限目wは「音楽」
「音楽」「MUSIC」の語源に迫る!
まあ、普通、ライブハウスでやる内容ではないですなーww。
ギリシャ神話を題材に、カオスから生まれた大地の母神ガイアが旦那ウラヌスに与えたあまりにもヒドい仕打ちの話から、最高神ゼウスの9人娘「THE MUSE」の話、有名なオルフェの悲劇を経て、最終的に「音楽」が神様の世界から人間界に降りてくるまでを、あくまでお笑いネタとして話す(途中、いきなり歌ったり演奏したりもする。)。最後に、山田さんと「あまだ省吾」さんをゲストに迎えて、隊長の楽曲を演奏(サービス サービスゥ!)、一時限目が終了したら、なんと2時間以上経ってて愕然。
というわけで、休憩もそこそこに二時限目スタート。テーマはもちろん「怪獣」(これって、「教科」としてはなに?やっぱり「社会科」か?)。
映画会社と怪獣の関係からはじまり「円谷英二」の履歴を語る、という超基礎編、だったが、これもあれよあれよというまに1時間30分が過ぎ、結局第1部からのトータルで3時間半、という、長さだけだったら隊長のライブと同じじゃねーか!というおそるべき結果に。次回やるときは、開始時刻をあと30分早めて、トータル4時間ということに・・・って、削るんじゃないんかい!

とにもかくにも。
今回は、うけけ団の山田さんには、企画の段階からほんとおおおにお世話になりました。大大感謝です。現場でいろいろお手伝いいただいたみなさん、盛り上げてくださったあまださん、「陰陽」のみなさん、そして、月曜日の夜、という「最悪な日程」にも関わらずおいでくださったみなさん、ほんとうにありがとうございました。出来ればこのトークライブ、シリーズ化したいので、今後も是非、応援してください(^0^)/

2008/9/26

back to 9/23 浦和におでかけ  ライブ
クリックすると元のサイズで表示します
はやくも千秋楽を迎えた「おでかけツアー」。
最終日の浦和市民会館、年季入ってます。
すげー古くない?ここ、と若いスタッフに聞くと、
「ええ、築37年ですからねー、古いですよー!」
「37年」でこんなに古い感じになるんだねえ・・・
51歳ってすげえんだなあ、とつくづくww。

クリックすると元のサイズで表示します
ステージ下のオケピを使った「飛び道具作戦」を練るスタッフと姫。
まあ、最終日だし、いっそ客席にダイブしちゃうというのも
手だと思うがww。

クリックすると元のサイズで表示します
なにやってんだ51歳(於 楽屋)。

クリックすると元のサイズで表示します
なんにせよ、6本無事に終了!

クリックすると元のサイズで表示します
完全に解放状態ですな。

クリックすると元のサイズで表示します
みなさん、お疲れさま!またクリコンでお会いしましょう!!


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ