国際関係論の新しい視座を求めて

国際関係論は1920年代のアメリカで始まりました。第一次世界大戦を引き起こした原因を論及するために。第二次世界大戦、ベトナム戦争、そして冷戦終結とアメリカの国際関係論はめまぐるしいまでの「理論」が提示されてきました。本ブログではアメリカの国際関係論を踏まえながらも、その視座は日本の国際関係論の構築であります。

 

カレンダー

2020年
← April →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

メッセージBOX

自己紹介

大学講師 コロンビア大学大学院同窓。 日米の大学学部、大学院をそれぞれ修了。 ◆専門 国際関係論、社会科学方法論研究、アメリカ史 ◆趣味 絵画鑑賞 遺跡探訪 クラシック音楽(ヴァイオリン)

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
トラックバック(この記事にリンクしている関連ページ)一覧
※送信されたトラックバックは管理人の承認後反映されます。
トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ

 日本ではほとんど小さくしか報道されない、イラク戦争以来、拡大してきたアメリカの反戦ムーブメント。その後、「We are the 99%」をスローガンにした「Occupy Wall Street(ウォール街を占拠せよ)運動」が登場したわけですが、その二つの潮流の合流もみられるように...
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ