2007/5/17

新緑美  雑感

 手稲山の残雪を背景に新緑が埋め尽くす山々。好きな風景のひとつです。ここは写真にはしたくない、そんな風景がいくつかあります。うっすらと太陽が出ているときに、ふわふわと浮かび上がる新緑の心地よさが全身を包み込みます。

 このまま山の中に足を踏み入れてゆったりと散歩したいな...と思いつつ、難しい仕事の打ち合わせに向かいました。この週末は雨らしいので、新緑の中を歩くのが楽しみです。雨粒と新緑が生み出す空間は心をたっぷり満たしてくれそうです。ですから、たとえ30分でも森や林に出かけてみようと思っています。

 この時期の北海道は枯れ色の中から湧き上がるように花や木々の芽が出てきますから、もうそれだけで嬉しいし、楽しい..おにぎりの具材をどうしようかと楽しみながら、卵焼きと漬物一切れにお茶を用意して近場の川原に行ったり、公園を散策する。久々にあたらしいメロディーが生まれてきそうな予感がします。

 どのフルートを持って出かけようか..気がついたら随分種類も増えています。どのフルートも結局ライブで使いますから、どうもプライベートなフルートがない..。どれもそれなりの良さを持っていますから、曲想にあわせて使い分けています。特に最近は一曲一本という感じになっています。

 どうやら今年は、演奏に使わない、自分だけのフルートと出会う必要がありそうです。不思議とフルートもメロディーも、他の人に聴いていただくというスタンスになると変質するような気がします。一人で使う、一人だけの音の流れが必要なのではないか..。それは独りよがりや孤立を意味するものではなく、自分が生かされている意味を知ることに繋がるような気がします。

 人は結局誰にも知られず、触れることのできない自分だけの道を辿りつつ人生を終える。そういう部分をもっていて、そこのところで自分はどう生きるかを問われ、それに答えて旅しているのかもしれません。

 うつろい行くけれど、確かにいまそこにある新緑の美しさ。彼らは、何か大切なメッセージを送り続けているような気がします。それは生まれてくる音の響き心の揺らぎと繋がるものかもしれません。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ