2006/6/29

ブルーベリー  雑感

 1ヶ月程前に移植したブルーベリーの木が、今まで見たことのない新鮮な若芽を出し、葉を付けました。道路側の小さな庭から、裏の工房の近くに移し換えた途端にです。

 今年こそは葉を茂らせ、花を付け、実を付けるかな...。どうして成長しないのか不思議だと思っていたのですが、そのうち段々あきらめムードになっていきました。あれから既に8年。柿ならいざ知らず、ブルーベリーですから、そんなにかかるわけがない...。このままでは枯れてしまう..そんなあわれな姿になったので、今年こそは何とかしなければと思っていました。

 それは長年気になっていたハナミズキの思い切った移動に伴って実現しました。一本の成長した樹木の移動は、周囲の環境を大きく変えました。ぽっかりと空いた空間の寂しさをまぎらわせるようにハーブたちを移動しました。ベリー類を同じ場所に集めました。クランベリー、イエローベリー、レッドベリー、ハスカップ、レッドカーラント、ブルーベリー、プルーンたちはお互いを見ることができます。

 ブラックベリーとユスラウメとモモだけは別の場所にあるのですが...。秋になったら実を食べまくろうという感じです。まるで熊になって、冬眠の準備?みたいです。工房を訪ねてくださる方、レッスンに来られる方たちが、一口食べて実りを楽しんでいただけたらと思っています。

 それにしても、殆ど枯れかけていたブルーベリーの、あまりの変貌ぶりに驚いています。これは本当なんだ..と確かめるように、ほとんど毎日様子を見ています。こんなにも変わるものなのか..今までに見たことのない元気な姿を、嬉しさと不思議さの中で見ています。いろんな訳があるのでしょう。

 置かれる場によって実るものも実らない。実らないものも実るということを強く印象付けられました。ハナミズキを思い切って移動しようと決断したことで、ブルーベリーの思わぬ移動が起こりました。まるでここに来る時を待っていたように、一気に芽を吹き、若葉をつけ、花を付け始めました。

 場の大切さを感じます。同時に、自分が人をある場に置くこともあれば、自分自身が誰かや何かによってある場に置かれることもあります。はたして、自分は実りのない道路際の小さな庭にいるのか、それともぐんぐん成長できる場に置かれているのだろうか。それは、自分自身から伸ばされている枝に新芽や若葉や花が、そして実があるかを見れば一目瞭然なのでしょう。場を保持することだけでは花は付かない...。思い切った場の移動が、待ち受けていた新しい人生の扉を開くのかもしれません。それは見えないところで起こっている別の変化としっかりつながっているのでしょうね。去るものが、新たなものを招く。今回は、ハナミズキとブルーベリーの不思議物語でした...。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ