2006/11/9

物と思い出とこれから  雑感

 物より思い出..という言葉を思い起こしつつ、どたばたしていた部屋の荷物を整理しはじめました。まるで箱庭療法のように、家具などを移動し、出来るだけラブフルートを求めてこられる方々のことを中心にしたいと思案しています。

 確かに物より思い出なのかもしれません。思い出を全部形にして残しておくタイプなので部屋は手当たり次第に荷物を押し込んだ倉庫状態です..どうも貧乏性なのと、過去があって今があると思うと、捨てられない、もったいない..となるのです。この回路を変更しない限り、最後には過去にまつわるものたちに押しつぶされて、圧死しそうです。

 とはいえそれなりに色んな所を移動してきましたから、捨てるという作業がなかったわけではありません。思い切って随分捨ててきたのです..。確かに、思い出は悪くないけど、忘れてしまえばおしまいだ..残しておけば、また思い出せる..とも思うのです。

 それにしても過去とか思い出とはなんなのでしょう。恩恵を感謝し、出会った人たちや出来事を大切に心に留めておく。それが次に向かう力になる..そんなところでしょか。

 ただ、最近は残りの人生を考えながら、もう使うことはないだろうなと思うものたちを処分する流れになってきました。将来の子供のために..と思って買い求めた書籍や絵本も、気がついたら一人身の旅が長くなって必要なくなってしまいました。準備が良過ぎたのかもしれません。まあ、そんなこと考えて買い求めたことがあったなという思い出の品ではありますが..

 ラブフルートを吹くようになって、あれこれ感じ始めるようになり過去と現在と未来の感覚が変化してきたように思います。今という瞬間には、過去も今も未来も全部含まれている..この素朴で充足した感覚の中に生きることの豊かさを強く感じるようになってきたのかもしれません。

 冬を目前に、一気に葉を落として準備を始めた木々たち。それは失ったのではなく、新しい命の芽生えのためのに備えなのでしょう。物を大切にすることも必要なのですが、それ以上に大切なことを見失ったのでは、本末転倒になりかねません。

 たった一人の人間が、こんなに物を持っててどうする..山積みの荷物を眺めながら、人生を豊かにしてくれたものたちに感謝しつつ整理開始です。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ