2007/8/29

月の夜  雑感

 早朝から慌しさと残暑の厳しさの中で休憩も取れずに過ごした一日でした。車を走らせていると周囲の景色はうっすら秋色。ススキが姿を見せ、風がどことなくひんやりしてきました。夜の仕事を早めに切り上げ、夕食の時間を惜しんで皆既月食と共に過ごしました。

 不思議色の月が闇に浮かび上がり、星たちが周辺にまたたいていました。スコープと大き目の三脚、双眼鏡、デジカメとフルートを積んで街明かりから離れた農道に向かいじっくりと過ごしました。ひたすら時間に追われながらの仕事が一区切りついた後でしたから、時を忘れて月食の空と過ごすことが出来ました。

 そこで感じたことはたくさんありました。気がついたら2時間以上、スコープ、双眼鏡、肉眼で交互に月を見上げて立ちっぱなしでした。時折フルートを吹きながらたっぷりと神秘的な月夜の下で贅沢に過ごしました。

 自分たちが立っている大地も、あの月と同じように宙に浮いていて、くるくる回っている....。何故浮かび、何故回っているのだろう....そんなあれこれの思いがキラキラ瞬く星のように浮かび上がってきました。
情報満載の不思議な映像の数々に感動するのも良いのですが、やはり事実そのものの中にいると不思議そのものと一体化した自分を強く感じます。

 月明かりの中に浮かび上がる周囲の情景の美しさが深く心に残りました。うっすらとした独特の色彩はとても魅力的で、いいな、いいなと何度もつぶやきながら眺めていました。一人の時間はとても贅沢で十分満喫できましたので、肉体的な疲れは残っているものの日中の激務は、遠くに行ってしまいました。

 もうひとつ感じたのは、暗闇の世界に月や星をちりばめた天の摂理の見事さでした。漆黒の闇に囲まれて身動きできなくなった私たちが、心を天に向けたときちゃんと光を注がれていることを知り、絶望することがないように....。輝く太陽は見えないけれど、その光を受けた月が闇を照らし、月が見えなくなっても星たちがメッセージをつないでいるのですね。

 もうひとつおまけですが、自分自身は光ることは出来ないけれど、立派に輝いている月を見ていると光を妨げるものを取り除けばなんの変哲もない石ころだって十分に輝くぞという思いが浮かんできました。
 
 何よりも、この数時間の天体の動きが心身の根元に力と喜びを満たしてくれたことを知り、感謝しながらの帰宅になりました。どれだけの人が月を眺めていたのでしょうね....。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ