2009/3/12

チューナーが壊れた  雑感

チューナーが壊れた...カラマツラブフルート78cmの音程確認作業開始直前のことでした。ここで作業は完全に中断。多分使えるものはないだろうなと思いつつも地元の楽器店に急遽出向きました。そして、やっぱり作業に耐えられるようなものは見つかりませんでした。

チューナーってなんだろう。どうしてこのフルートをこのメカニックな道具で調整するのだろう。一体、自分は何をしているのだろう。そんな自問自答は常にあるのですが、ピアノやギターやそのほかの楽器と合わせられるように、基準音に合わせたフルートを製作する..。それはそれで必要なことだとは思うものの、こういう基準なるもので一致していく社会の怖さも感じます。

 某メーカーのソフトが実質的に世界標準になってしまったり、音楽の価値観もマーケットが優先といった感じで、純粋な天然の水がバイヤーによって高価な水になってるような感覚に似ている感じがします。

 これがとんでもない離れた場所で、ピアノも音叉もなく、チューナーが手に入るのは半年とか一年後だとしたらどうだろう...。いま、製作しているフルートの中にはオリジナル音階のものがあるのですが、きっとそういうフルートばかりを作るようになるのかもしれません。

 何らかの基準が必要だと思われることもあれば、基準があるばっかりに自分をゆがめたり、無理しなければならないこともあるのだと思います。特定の基準によって、少なからず批判、非難が生まれ、はじかれたり、受け入れられたりという分岐点が生まれてくるように思います。

 個としての存在が、そもそも何らかの基準に当てはめたらどうなるのか..そのあたりをじっくり考えずに音の世界に単純に基準音を取り入れるとしたら、それは先住民族のフルートではなく、先住民族の笛の形をした近代楽器になるのかなと...このあたりをちょっと提言しただけでも、ご近所の音楽関係者からははじかれるかも知れません。ラブフルートもディジュリドゥーも、チューナーを使いながら吹き始めると、音そのものが持っていた豊かさが失われるな〜と感じることがあります。美しさや調和の価値観が根底で違っているのでしょう。

 変な音程のフルートが、心に強い印象を残すという現象をライブの中で感じながらも、いま新しいチューナーのオーダーを済ませました。当分は、製作依頼者との対話の中で、ペンタトニックのフルートとオリジナルスケールのフルート作りを並行して続けることになりそうです。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ