2009/6/30

隣のテント  ラブフルート

 今年も地元の花さんぽ祭りに参加させていただきました。小さな祭りで、決して人通りの良い場所ではありませんが、のんびりこつこつ地味に参加しています。

 これまでにもフルートを知っていただくための展示は何度も経験しているのですが、今回はとびっきり刺激的なスタートになりました。

 というのも、お隣のブースの方がなかなかお目にかかれない強烈な自己主張の持ち主で、足を踏み入れてすぐにまくし立てられる展開になりました。長〜い一日が、一方的で険悪なスタートになりびっくりでした。

 今までは和気あいあいで楽しく助け合いながらというパターンが続いていましたので、最初は何が起こったか分からない状態でした。一方的に文句を言われたり、脅されたりという経験がないわけではありませんが、かなり久しぶりの出来事でした。

 少しでも自分の売り場を確保しようという勢いで、見事に構成された言葉が無秩序に連射されました。急いで組みたてたテントの一面がうまい具合に壁になりはしたものの、そしらぬ顔でこちらの敷地に販売物を並べるという驚きの行動が続きました。

 これはとても興味深い出来事でした。気持ちの良い人、物事を善意に捉えて生きる人と接していると平和で嬉しく喜ばしい旅を続けることができます。でも、そういう人ばかりではないのは、誰しも知っています。やたらと批判的で手厳しい人もいれば、対立的な人も現れます。それぞれに自分なりの正しそうな理由を持って生きていますから、ちょっとやそっとでは静かに話し合うことはできません。誤解されっぱなしということも少なくありません。

 腹を立てることが癖になっていたり、攻撃的になったり、自己確信が強いと自ずと批判的になり問題は常に相手にあると信じて疑わない。これは、いつでも自分自身の問題でもあると思います。人間同士の争いや戦いの根底には、こうした性質が常にあるように思います。

 イデオロギーの違いや宗教的価値観の違いが対立の要因のように思われがちですが、問題は自我を正義感や優越感と混同する内面のトリックのような気がします。正しさの陰に住み着く自我は常に繁殖し続けているように思います。

 何故、若者はラブフルート(愛の調べを奏でる笛)を手渡された時に小さな鏡を突き付けられたのか...。その光を受けて彼は目の前が真っ暗になったのか...。

 自分自身の姿、心のありさまを正面からはっきりと見つめること。このプロセスのために起こる人生の出来事を回避せず生きることと愛の笛が手渡されることには深いつながりがある...。問題を転嫁し、自分を憐れみ、うぬぼれの中に生きる愚かしさに目まいを覚え、その空しさに気づくまで...。

 問題は、誰のものでもなく自分自身の中にあることを知る。争いの愚かしさを批判する己自身の中に同じ資質がある...。旅の途上、並んだテントで起こった出来事は、もう一度わが身を振り返る機会になりました。目の前の鏡に映ったのは、隣のテントの人であり、その背後には自分自身がいる...。

クリックすると元のサイズで表示します

宝塚歌劇団にお送りした男女それぞれが奏でるラブフルート
12



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ