2010/12/31

みなさん ほんとに ありがとう  ラブフルート

それぞれの心の響きが木と触れ合うとき、どうしてこんなに美しい響きが生まれるのだろう

その響きを美しいと感じる不思議なものが私たちに与えられているのは何故だろう

美しく純粋なものに触れて動くもの

それを心と呼んでみるとしたら、私たちはその心でこの世界を感じ、愛し合うことを知り、喜びと楽しみを携えて生きていけるだろう

私がラブフルートを吹き続けて来たのは、それぞれが生かされ与えられた道を辿ることが命の歓喜に満ちたものだと感じ歌い始めるためだと思っています

ですから、今彼らたちが姿を隠すことで

それぞれの心の歌、繋がる思いの波が広がっているのを ひしひしと感じています

彼らは私たちの心の扉を開くための不思議な知恵であり、助けなのだと感じます

それぞれの願いや思いやりが見えないけれど静かな響きとなって天に昇っている

それぞれの思いが密やかな揺らぎとなって願い、祈り、繋がっている

その事実こそが 新しい歓喜を生み出すように思います


その人がもし、寒さに耐えきれず防寒着を盗んだのなら

まずは凍え死ぬことから守られてほしい

お金に困っているのなら、まず空腹を満たしてほしい

私は命が続く限り  ここで待ってます

輪をつなぎ、心を割いて 声をかけ

出来ることをしてくださっているみなさん

ありがとう
17

2010/12/31

連れ去られたラブフルートたち  ラブフルート

2010.12.29 愛車の窓ガラスを壊されて盗まれたフルート達

イチイ60cm・バード=イチイ (製作を始めてから、初めて作ったマイフルート)  
レッドシダー50cm・バード=ケヤキ(ハイトーンの特殊な運指のフルート)   
シウリザクラ18cm・バード=エゾヤマザクラ(沢山のエピソードを持つ、手彫り)  
シウリザクラ60cm=バード=ブナ(愛の笛という曲のためだけに作られたフルート) イタヤカエデ20cm・バード=シウリザクラ(明るい響きで好まれる方の多いフルート)
くり60cm・バード=リンゴ(不思議な音階で、貝紫で染めた一品モノの組紐で結ばれたフルート)  
ポプラ50cm・バード=ケヤキ(北大の倒木で作られ、相当な数の方々に響きを届けてきたフルート)  
レッドシダー45cm・バード=レッドシダー(個性的な倍音でメインフルートの一つ)
ミズナラ60cm・バード=ミズナラ埋もれ木(奥深い森を浮かび上がれせてくれる重たくて太いフルート)  
桂25cm・バード=くるみ(木々の響きのCDの最初の曲で使われた存在感のあるフルート)  
レッドシダー(ダブルフルート50cm・バード=くるみ(初めてラブフルートのために書きとめられた曲を吹いてきたフルート)   
レッドシダー(ダブルフルート)70cm(CDの中でアメイジンググレイスを演奏してきたフルート) 
イチイ50cm・バード=ミズナラ埋もれ木(力強い響きを持ったフルート)  
アスナロ45cm(クローズドタイプ)・バード=桂埋もれ木(深く静かな内省的な響きのフルート) 
トドマツ60cm・バード=クルミ(繊細で美しい北海道生まれの木から生まれた愛用のフルート。東へ西へ、草原情歌などを演奏してきたフルート)
エゾクロマツ70cm・バード=クルミ(不思議な落ち着きと軟らかさがバランスよく響くフルート) 
カラマツ50cm・バード=うるし(隣町の長沼で山に眠っていた初めてカラマツで作ったフルート、CDの中の曲に使われています)
竹60cm・バード=くるみ(ワタリガラスの彫刻・木彫家・岩間隆作) 初めて製作し、アメリカを旅してきた大切なフルート・和風の響きが印象に残るフルート)
その他(合わせて20数本)

 演奏用のラブフルートのためシリアルやマークを入れていないものが多いのですが、入れてあるものも多少あります。
5ケタのシリアルナンバーとSHOの文字を入れてあるもの。(裏面)
嘴にフルートを咥えたマーク。(表面)

 もし、どこかでそれらしいものに触れましたら、お知らせいただければ幸いです。
メールアドレス ravenono@basil.ocn.ne.jp
電話番号 0123−36−8881
携帯電話 090−8906−9916
0

2010/12/31

彼らは今どこにいるのだろう  雑感

  伊賀の里から神戸まで、連日のワークショップやライブ、影絵とのコラボの旅を無事終え、帰宅翌日の札幌市資料館のライブを終えたら様々なエピソードを数回に分けて書き込もうと思っていました。

 ところが来年のライブの打ち合わせに出かけた辺りから、怪しい風が吹き始め、会場での音合わせを終え、喫茶店で打ち合わせを終えて車に戻ると、窓ガラスが叩き割られ、演奏用のフルート20数本がバッグごと盗まれ、ジャンバーもなくなっていました。警察に通報しながら、よくよく見ると隣の外車の窓も同じように破られていました。

 演奏用に厳選したフルート達が一気に消え去ると云う事態が何を意味しているのか分かりませんが、愛用のドローンフルート2本を始め、高価なイチイ、シウリザクラ、ミズナラ、クリ、エゾヤマザクラ、イタヤカエデ、アスナロ、レッドシダー、クロエゾマツ、カラマツ、トドマツ、クルミ、北大ポプラなどなど。

 これまで生まれて来た200曲ほどの演奏曲目は、ほとんどこれらのフルートで演奏されてきました。楽しく思いで深い関西方面のワークショップやライブ、交流の時にお聞きいただいた音色たちが突然奪われてしまいました。

 自分が与えられた命の息を注ぎ続けてきた木々たちが、今どこにいるのか。それぞれがかけがえのない存在であることを、改めて感じます。警察官に金銭的価値を問われて答えに詰まりました。一曲の演奏のためだけに製作したフルートが何本もありますから、とても厳しい状況にあります。

 今回の盗難事件を知り、発見の可能性を考えて、連絡網を作ってくださった方々のご厚意を心から感謝します。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ