2011/9/7

三世代のラブフルート  ラブフルート

  100歳のフルーティストがKOCOMATSUにやって来ます。70代の娘さんたちお二人も一緒です。電車に乗って駅から歩いて来られるとのことでした。

  御主人が愛用していた碁盤で数本のラブフルートを作らせて頂きましたが、刃物がたちまち切れなくなってしまうほど硬いダケカンバの木で作られていましたので、かなり手こずりましたが、音色はとても澄んでいて忘れられない美しさが印象的でした。

フルートを吹いている姿を写真で見せて頂いた事はあるのですが、お会いするのは初めてです。こちらから車で出掛けてお会いしようと思っていたのですが、ご自分の方から来られるとの事。ちょっとビックリしましたが、楽しみにしています。

毎朝3キロの散歩をしておられるとの事でした。私より遥かに運動量が多いです。フルートも持っているというだけではなく、ちゃんと吹いて楽しんでおられるとの事。最近のテレビ取材の時にご自分からフルートを吹いている所をいれて欲しいと希望されたとのことでした。

娘さんのお話では、随分と上手になって楽しんでいたとのこと。きっとKOCOMATSUの響きが気に入る事でしょう。ご自分の呼吸が樹と触れ合う響き、その美しさに包まれる空間が楽しみです。

大雨や風たちも過ぎ去って、太陽の光が豊かに差し込む時間になりそうです。

自分は100歳という年齢を体験出来る可能性はほとんど無いと思いますが、99歳で初めてマイフルートを手に、レッスンに足を運ぶ気持ちはどんなでしょう。お二人の娘さん達も、それぞれにマイフルートを楽しみ、そのお子さん達もマイフルートを手にしています。

 三世代が、それぞれのラブフルートを手にして旅を続けておられる姿は、理屈抜きに北の大地と共に生きてきた樹々と人の深く豊かなつながりを見せてくれます。

 マイフルートを手にし、その樹々にいのちの息を吹き込む。大地と樹々と空と人の心を繋ぐラブフルートの不思議を感じます。単に好奇心を満たしたり、習い事としての楽器というイメージから、存在する世界と心身を繋ぎ循環する笛として手渡すために心を注いで来ました。

 対話しながら作らせて頂き、演奏を続け、レッスンを続けて来ましたが、今回の出会いは、その思いを再確認させられるような予感がしています。
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ