2011/12/27

歌い始めた高田の松の笛  ラブフルート

 思わぬ流れから大震災でなぎ倒された陸前高田の松との出会いがありました。北大の倒木ポプラの時もそうでしたが、それはまだ自分自身も知る事のない道に繋がっているのでしょう。

 それがどれほど些細な事であれ、不可解な事であれ、大きな意味を持って人生に待ち受けている人生のあらゆる出来事への深い信頼。目の前の事象に短絡的に反応するのではなく、根底にある深い意図に思いを向ける事。

 それは心を揺るがす事がないとか、感情が揺さぶられない生き方を意味してはいません。弱さのない完璧を演じる生き方ではなく、痛み悲しみ嘆きを伴う事を恐れない素朴で純粋な心で旅を続ける事だろうと思っています。

 予期せぬ挫折や孤独が待ち受けていた人生。密かな約束を信じて来た僕は、気が付けば老いが進み、死の準備を始める時期になって来ました。目の前には、母が死に、父が倒れた年齢が待っています。

 倒木ポプラと陸前高田の松が手元に届いた意味を新たな視点から受け取る事になりそうです。それは人生のバトンなのかも知れません。

  今回は陸前高田の松で2本のフルートを作りました。長い方のフルートに息を注ぐと、深い海の底に巻き込まれて行った人々のイメージが浮かんで来ました。

  それは怒りでも嘆きでも悲しみでもない不思議なイメージとなって湧き上がって来ました。仮に言葉を使うとすれば畏怖と静寂かも知れません。

 このフルートの響きだけでは重過ぎると感じ、もう一本フルートを作りました。こちらは落ち着きの中にも明るさや安らぎが伴う響きになりました。2本のフルートは、この23日のモエレと24日の藻岩山のコンサートで響きました。
 
 倒されたポプラと松のフルートが持っているメッセージ。その美しい響きは風になって求める人達のところに届けられるのでしょう。
6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ