2012/9/28

小さな丘の嬉しい出会い  雑感

  東京神楽坂の小さな丘の上にある「ようこそ我が家へ」での三人展の会期も残り少なくなってきました。

  そこに何が待っているのだろうか…そんな思いで始った展示会。ウィークリーマンションから会場までの道のりにもなれて来て、ちょっと振り返って見ました。

  放射能を気にしてマスクをして乗り込んだ初日でしたが、翌日には暑さもあってマスクをせずに移動。ところが今日はやけにマスクをしている人が目立ちました。

  マンションに戻ってから調べると東京方面の数値が高くなっていました。注意し警戒している人の存在を確認した思いでした。無味無臭の放射線の不気味さと自分なりの姿勢の大切さを痛感しました。

  コンサートやワークショップでは、再会の喜びと新しい出会いが待っていました。メールだけで交流していた方や東京方面の知人との繋がりできてくださった方々など意外な繋がりを楽しむことができました。

  溢れるほど多くの人々が生活している大都市。そこで生きる人達の手にラブフルートを手渡すわずかなきっかけ。それは一粒の雨だれのようです。天から注がれるひとしずくは誰にも届かずに地中に染み込むのかも知れません。

  そんな中でゆっくりと旅立つラブフルートも現れるかもしれません。サロンでは毎日のようにラブフルートの響きをお届けしています。時にはハンドドラムと合わせたり、小さな鳴り物と合わせたり、贅沢にラブフルート4重奏を楽しんだりしています。

  一昨日は飯田橋の橋の上で歌ったり、演奏したり。昨日はアロマとの素敵な時間を過ごしました。メールだけで繋がっていた方とお会いできたり、これからも嬉しい出会いの予約が入っています。

  残り数日にも思い掛けない出会いが待っていて、ラブフルートの響きが心を繋いでくれそうです。

*  神楽坂の小さな丘の上で 
展 示 会 2012.9/22~9/30 12:00~18:30 

ラブフルート(小野昭一)・絵画(川上カオリ)・ステンドグラス(石戸谷準) 

会場   ようこそ 我が家へ ( フランス画廊) 
新宿区岩戸町8番地 グリーンヒルズ神楽坂201号 TEL 03ー6326ー4493
3



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ