2009/3/7

宝塚で歌うクルミペア・ラブフルート  ラブフルート

 少し前のブログで30数年ぶりの関西訪問と書いたのですが、それはちょっとした宝塚歌劇団リベンジでもありました。30数年前の自分は、宝塚歌劇の世界にまったく無知でした。それこそ、大阪に足を延ばしたついでに、ひとつ宝塚に立ち寄ってステージを覗いてみようと思い立ったのでした。

 映画館にでも出向くような気持で受付前に向かったのですが、その日にチケットを入手して入場できるような世界ではなかったのでした。それ以来、宝塚はちょっとした失望の象徴の一つになっていました。

 そんな自分が30数年後に宝塚に思いもよらぬ形で足を運ぶことになりました。この3月(東京は5月)に雪組が公演する舞台で、ラブフルートの音色が響くことになったのです。求められているスケールで同じものが2本必要とのことで、巡り巡ってラブフルート工房に連絡が入ったのです。

 注文がたまり作業が遅れ気味のところに飛び込んだ製作依頼にしばし戸惑いましたが、2千人を超える観客の前で歌うラブフルート、しかも時間の余裕が全くない。私が真っ先に考えたのは、そのフルートを皆さんの前で演奏しなければならない歌劇団の方たちのことでした。

 これまでにも、特別な事情でラブフルートを必要とする方たちのために、先に注文された方々に待っていただくことがありましたが、今回も、そのひとつとしてお受けすることにしました。言葉を発することのできない男性が奏でるラブフルートの音色...。物語の断片をお聞きし、その物語とフルートの繋がりから生まれる大切なメッセージのために、この小さな工房に声がかかったのでした。

 男性と女性のそれぞれが、同じスケールのフルートを奏でるため、チューニングやデザインを考えながら最速で間に合わせる作業が始まりました。くるみ・ラブフルートのペアの完成後・納品とレッスンのために宝塚歌劇団の楽屋入口の前に立った時、不思議な、それでいて必然とも思える感覚がありました。

 飛行機が遅れたこともありましたが、到着してすぐに稽古が始まりました。二人の女性と向き合いながら、かなり集中したレッスンになりました。その中心は、舞台を前提としたものになりました。バードとプレートとチューニングのコンビネーションを何度も繰り返し、安定して身につくまで反復すること。水滴がたまって音が出なくなる現象を舞台の上でどのように対処するかなどなど。

 お二人の真剣な表情は、緊張感はあるものの次第にフルートを奏でることの楽しさへと変化し始めていました。舞台での演奏ということ以上に、自分の人生の時間、空間の中で自分らしく自由に羽ばたき奏でる響きがなければ、その音色は心には届かないと思います。このレッスンのポイントは全身が自らの呼吸とひとつになり、その瞬間の中にいることですとお伝えしました。

 既に用意されていた楽曲との関係で、後日ブラックウォルーナットのAスケールフルートをお送りし、結果的に手を慣らすために最初にお送りしたシウリザクラフルートと合わせて4本のラブフルートが宝塚歌劇団のもとに届けられました。

 歌劇団の音楽担当者の方が、正直このフルートのことを軽く考えていたと思います。素朴でとても奥深いフルートなのですねと口にされた言葉が、印象に残っています。はるかに豊かに音楽の専門家として経験を積まれ、歩んでこられた方が、年若き自分の前で謙虚な眼差しを向けてくださったこと。それは、残された道を旅する自分にとってとても大切な出会いとなりました。そして、ラブフルートの持つ豊かで、多様で、奥深い構造と響きを改めて見つめ直すことにもなりました。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ