2009/3/30

鳴き交わしつつ旅立つ鳥たち  雑感

 終わることは、始まること。そんなことを感じながら、一気に融けていくゆく雪を眺め、気の早い小鳥が連れあいを求めて盛んに囀っている歌声に耳を傾けています。このときとばかりに、とっておきのさえずりを始めている小鳥の姿を見ていると、ちょっと早すぎじゃないかな..とは思いますが、可愛いものだな..とも思います。あのなんとも言えな調度いい大きさ?の小鳥たちが嬉しく楽しいです。

 このさえずり、快活で明るく美しいと感じる自分がいます。果して、それを聴きとる小鳥には、どんな感じに聴こえているのでしょう。虫や鳥をはじめとする生き物たちは、自分たち人間が美しい、楽しいと感じるように心をときめかせたり、喜んだり、美しさを感じ取っているのだろうか?

 いかにも心地良さそうに温泉に入っている猿たちを見ていると、妙に自分たちと共通した世界を感じます。ウォークマンを耳にした猿のコマーシャルを見ていると、(古臭いけど..)ちょっと不思議です。何を聴き、何を感じているのだろうか...と。とりわけ、言葉のない音楽の世界に焦点を絞ると、そこで起こっていることは何なのだろうと思ったりします。

 先日、ラブフルートを手にされた方が、フルートを吹き始めると犬たちがそばに来て正座すると話しておられました。森の中でフルートを吹くと、小鳥たちが盛んに囀り始めることは珍しくありませんが、彼らにとってラブフルートの響きは、どんなものなのでしょう。

 やや集中的に、自分たちが笛を吹くことがどんなことなのか、ラブフルートがもたらすメッセージを含めてワークショップを開かせていただきました。ただ笛一本のことで、二日間..。実際は、1週間でも足りないと思っているのですが..。

 文字や言葉を用いない世界。そこに展開される事象から受け取るものが、どんなに豊かなものなのか。
そんなステップに踏み込むときに見えてくる世界。そこへ誘う響きの神秘などなど。自分自身との触れ合い、そして取り囲む世界との接点には、沈黙からのメッセージ、そして響きから生まれる神秘があります...。

 自らの呼吸が生み出す響きと自己以外の世界から届けられる響きの本質的な違いと同一性など..
待ち受けているメッセージは尽きないのですが、生かされている時間の中でどれくらい共有できるのでしょう...。

 近隣の川や沼、畑に降り立った白鳥や雁たちが、長い旅路のために食べ物を探し、僕たちが本能と呼んでいる不思議な力に導かれて飛び立っていく季節。自分自身の中に届けられる呼びかけに応えて、それぞれが新たな旅を始めるのでしょうね..。
2



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ