2009/5/30

一夜の嵐  雑感

 控えめな白い花が見事に咲いて嬉しく、楽しい時間をくれたプルーンの花。小さなユキヤナギの花もたくさんの輝きを見せてくれました。咲き始めたヤマブキや赤いボケや斑入りのボケ、紫のオダマキ、風知草などが揃って庭で歌ってくれました。

 そんな庭に、激しい風と雨の夜がやってきました。白い花たちは跡形もなく吹き飛ばされてしまいました。たった一夜で、そこには何もなかったかのように...。失われてしまうこと、それは何度も人生にやってくることなのでしょう。

失われてみて、あの時の白い花の輝きがその瞬間のもので、それを見て感動や喜びを感じていた自分の人生の瞬間もまた記憶の世界に引き込まれ、次の新しい瞬間に繋がっている....。

 花弁は散ったけれど、そこには新しい木々の源が育まれ始めている。あの濃い紫色のプルーンが、花弁のあったところに生まれてくる。美味しい実の内部に、新しい命の種がある。光を受け、風を受け、水を吸い上げながら、実りのときへと向かう。

 花が咲くまでにも当然のように物語はあるけれど、どうしてあの可憐な花と呼ばれるものが木の枝から現われるのだろうという驚きの方が印象に残ります。しかもそれが、どうしてあんな色と形の実になって枝にぶらさがるのか...。

 およそ、自分たちの人生もこんな風に流れているのだと知るとちょっとした共鳴感覚が生まれてきます。自分も木々もそれぞれの道を歩む不思議な存在なのだという共振が起こってきます。実際、自分の人生が特定の木と繋がっているという感覚も生まれてきます。

 身近な体験や話題の中に、木との繋がりを知らせてくれるものがいくつかあります。木が自分たちと一緒に生きているなどといえば、怪しげな話に聞こえるのかも知れません。でも、そういうことがあるのだと知って生きるのもいいものです。

 人とのつながりから離れた時、自分に語りかけてくれる存在があることを知る機会が訪れるのかも知れません。それは、孤独や孤立から始まる道を辿って知る秘かな道とも言えそうです。
9



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ