2009/7/31

きょうもいるかな..  雑感

 今日もあいつがいるかな〜。工房に向かう前に入口付近の池のメダカと金魚たちとのご対面。そろそろ池の上のブラックベリーが花から実に変わり始めました。その上では時を待つプルーンたちもいます。

 そこからくるりと方向転換して工房前のレッドベリーに向かい、食べ頃の実をいただきます。気が向くと、その奥にあるレッドカーラントもいただきます。

 その手前あたりに根わさびが茂っているのですが、数週間前に、その葉っぱの上にアマガエルがいました。その姿を見た途端、一気に子供のころに空間が移動したような錯覚に陥りました。当時はちょっと勇気を出して、僕も蛙にさわるのなんて平気さと言いたげな表情をしていたんだと思います。

 水場もないのに、どうしてこんなところに現れたのだろう?!その道のりが謎です。その不思議さが新鮮でした。緑色のあいつは他に仲間もいない感じでした。考えてみたら、蛙一匹一人旅なわけです。この広い世界にたった一匹で葉っぱに乗っかっているのです。そう思うと、こいつはかっこいいし、かわいいやつだな〜と真面目に感動してしまいました。

 最初の出会いから半月、もういないだろうと思いつつも例の葉っぱをのぞきこむと、なんと彼はちょこんと葉っぱの上にいたのです。ものすごく嬉しかった...。生きてたのか、そこにいたのか〜と。何食べてるのかな?ちょっと食べ物のことなども気にしたり..。

 彼からすれば、巨大な存在に見えるだろう僕が、親指の先ぐらいの蛙に感動している。その出会いから、いろんなことが広がっていきます。最近咲いたゴーヤの花だって、朝目を合わせると「おはよ〜」と言ってるような気がします。

 冬には毎日のように食事に来ていた鳥たちは、すっかり姿を見せなくなってますが、自然からいただくごちそうを楽しんでいるのだと思います。出会ったり、別れたりという輪の中で旅を続けているけれど、しっかり大地に繋がっていて、いつかはみんな大地に帰っていく。そういう不思議な世界で命を与えられている自分。さて今日は何をしようかな...。

 明日からはラブフルート・ワークショップ。どんなことになるか..そこから何が生まれて、どこに向かうのか...。自分も、蛙の隣に並んで新しい朝を迎えながら、一人旅を楽しむことにします。

クリックすると元のサイズで表示します
10



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ