2009/9/30

風の中で笛を吹く  ラブフルート

 先日「えこりん村まつり」で2ステージの演奏とラブフルートの展示の機会がありました。初期の演奏活動の際、丸一年小樽でのステージライブでお世話になったIさんからのお誘いがあり、地元で何か協力できることがあればと思い、参加させていただきました。

 久々にディジュのケンGさんにも協力いただいてのステージになりました。まつりということでしたので、少しパワフルさがあってリズミカルな構成が必要かと思ってのことでした。

 素晴らしい秋晴れで、暑過ぎるほどの好天でした。それはイベントにとっては良かったことなのですが、太陽光を浴びたフルートは音程が上ずり調整が難しいのです。最初のステージは暑さとの戦い。2度目のステージは、吹き始めた風に翻弄され、音がかすれてしまう厳しい状況でした。さらにタイムスケジュールの調整もあり、最後の演奏は風を避けるためにお客様に背を向けざるを得ない状態になってしまいました。

 風に向かって演奏すると微妙なニュアンスで表現することが出来ない...。あるいは音の流れが中断される...。あたかも風の強いときにたばこの火を点けようとしているようなスタイルでの演奏でした。

 風、雨、日差し。屋外での演奏にアクシデントはつきものですが、先日の平岡樹芸センターのコンサートも極度の湿度がドラムをボコボコさせ、演奏が厳しいことをお伝えし、室内での演奏に切り替えていただきました。

 この10月2日の「光の森2009」は日本庭園。屋外のライブですが、果してどうなるか...。3日は豊平館のロビーですから、天候の影響はないけれど湿度が高ければドラムが厳しい。

 こうした流れを否定的に捉える必要はなさそうです。自然と繋がっていて、生きていて、そこに待ち受けていることを受け取る。その大切さを感じます。アクシデントの中から、笛の響きを感じ取り、工房を訪ね、或いは連絡をくださる方々がおられました。

 決めたことを、何としても実現しなければならないと考える人々の計画とエネルギー。それは人の命の源にある自然の流れとどうかかわっていくのかという問いになるでしょう。自然からのメッセージは、人生に起こる様々な出来事の根元にある動きと確実に繋がっている...。それを確かめることも必要な気がします。

 変わりやすい秋の天候が、確実に冬に繋がっているように、人生の揺さぶりもどこかに繋がっているのでしょう。変動し続ける..それは自然が持つ本質と言ってもよさそうです..。
9



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ