2009/12/21

立ち上がり・手を繋ぎ・天を見上げる  雑感

 思いを言葉にし、図を描き、ペーパーで簡単な模型を作りながらおよそ半年。想像と思考が混じり合いながら過ごしてきましたが、昨日切り倒された木々が立ち上がり骨組みが出来上がりました。

 現実にそれが、そこに立ち上がる。事実となる。そこには独特の感覚が生まれます。恐れていたことが現実になる。望んでいたことが事実となる。未だ見えていなかったものが、実在し現実となる。この流れを感じています。勿論、こうした現実もまた夢のように消え去る時が来るのでしょう。

 人の手、人の行動が何ものかを生み出す、その一部始終を寒気の厳しい中で見つめ続けました。豚汁、おむすび、特製野菜スープ、甘酒、ミカン、鳥と野菜をダッチオーブンでローストしたものなどで棟上げの祝いをしました。

 建て始めにハイトーンのラブフルートを吹き、去来する様々な思いを天に向けてのスタートになりました。雪の予報が崩れ、冬空独特の青空に恵まれて作業が進みました。ふと見上げると、大きな鳥たちがゆっくりと頭上を旋回していました。トビたちが10数羽ほど群がっていました。この辺りでは珍しい光景でした。ワタリガラスから伝言を受けてやってきたのかも知れない...。そんな不思議な感覚でした。

 組み合わされた姿を見ていると、あたかもそれは立ち上げられた木の人が手を繋ぎ、天頂で一つに合わされているようにも見えます。それぞれのポジションに立って自立しながらも、手を繋ぎ、一つの方向に向かう。それを象徴する小さな建物が次の流れを待っています。
18



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ