2010/12/31

みなさん ほんとに ありがとう  ラブフルート

それぞれの心の響きが木と触れ合うとき、どうしてこんなに美しい響きが生まれるのだろう

その響きを美しいと感じる不思議なものが私たちに与えられているのは何故だろう

美しく純粋なものに触れて動くもの

それを心と呼んでみるとしたら、私たちはその心でこの世界を感じ、愛し合うことを知り、喜びと楽しみを携えて生きていけるだろう

私がラブフルートを吹き続けて来たのは、それぞれが生かされ与えられた道を辿ることが命の歓喜に満ちたものだと感じ歌い始めるためだと思っています

ですから、今彼らたちが姿を隠すことで

それぞれの心の歌、繋がる思いの波が広がっているのを ひしひしと感じています

彼らは私たちの心の扉を開くための不思議な知恵であり、助けなのだと感じます

それぞれの願いや思いやりが見えないけれど静かな響きとなって天に昇っている

それぞれの思いが密やかな揺らぎとなって願い、祈り、繋がっている

その事実こそが 新しい歓喜を生み出すように思います


その人がもし、寒さに耐えきれず防寒着を盗んだのなら

まずは凍え死ぬことから守られてほしい

お金に困っているのなら、まず空腹を満たしてほしい

私は命が続く限り  ここで待ってます

輪をつなぎ、心を割いて 声をかけ

出来ることをしてくださっているみなさん

ありがとう
17



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ