2011/2/4

カードの事&節分に刑事課から連絡  雑感

 実務的な事を書き込むもは幾分煩わしいのですが、これもまた人生の現実だと割り切って、今日2度目の書き込みになりました。

 今回のカード会社とのやりとりの中で感じたのは、人生の限られた時間の中で、何が大切なのかということでした。前提を決して変えようとはしないのならば、対話をしても無意味だと云われました。しかし、結果的に前提を変えようとしなかったのはむしろ会社の立場にいる人だったような気もします。

 対話の実質は、提示された規約の主張と反復になりました。契約が強調されるのであれば、契約のプロセスに関する問題性はどうなのでしょう。双方が十分に納得した上で履行されるはずですが、十分な説明、とりわけ問題が生じた時の具体的な対応のあり方など、詳細の説明がないままカードが届きます。そして事が起きた時には会社側の規約だけで動いてしまいます。確かに、書いてはあるのですが、矛盾が潜んでいるし、どこか片手落ちな気がします。

 暗証番号がなければ、引き落としはできない。ならば、盗難の結果、お金が引き出された時はどうなるのか。その対応の結果が、会社によって異なるのです。この違いを考えてみれば、消費者が盗難にあった時のために、保険に加入するのは会社の責任ではないかと思います。盗難保険に入れないのなら、その点を明確にしていく必要があるように思います。消費者は、そういうリスクを契約しする前に十分承知でした上で契約することになるでしょう。

 めったに起こらない、可能性の少ない事が実際に起こった。そんな事例は、決して多くはないと思うのです。多くはないけれど、実際に起こったのです。ありえないという前提から始まれば、その視点は変わらないでしょう。ありえなくはないと考えれば、そういう時のための対処をする。それが会社の姿勢のような気がします。

 いい方を変えれば、万が一盗難にあって、暗証番号で引き出されるような事があれば、消費者が払うべきだというわけです。むしろ、そういう場合もありうるのだから、その時は消費者を保護しますという姿勢が必要なのではないだろうか。仮に、盗難保険に加入して維持する力がないのならば、そうしためったにないことに対する個別の対応をしても良いように思います。

 この会社の場合は、こうした状況に対する補てんの保証がないというのです。それは最初から提示されて注意事項として説明してもらうべき重要な事項だと思います。そうした対処ができない、しないカード会社だと分かればその会社のカードを敢えて所有したいとは思わないでしょう。ふたを開けたら、保証がなかった。自分が払うしかないという構図は、不親切ですし、ちょっと疑問です。

 第一に、この会社に勤務する人は、こうした内情を知りながら、自分の会社のカードを敢えて選択するのでしょうか。親しい仲間や家族に、このカードを勧めるのでしょうか。自分が支払いの当人ではないから、規約を示すけれど、いざ当事者になれば、システムの矛盾に沈黙できるでしょうか。なぜ、消費者に対しては規約の履行が主張されるのでしょう。

 保険に入っていないなら車を運転するなと言われるぐらい、いざというときのための保険は必要でしょうし、高い保険料を払うのは運転者の義務であり責任と言っても良いと思います。

 この会社が盗難保険に入っていないのは、会社の諸事情があるだろうからと百歩譲って受け止めたとしましょう。だとしても、通常起こらない事が起こったから支払いなさいではなく、通常滅多に起こらない事が起こったのだから、そういう場合には消費者の負担にならないように対応しますという姿勢が妥当な気がします。

 ブログの中に、その会社の具体的名前をあげることはしませんとお伝えしました。ですが、あまりに理不尽な対応となれば、風向きは微妙に変化するかもしれません。もし、個人的に問われれば、自分のようになって欲しくないし、仲間を守ろうとするのは自然な事だと思います。

 勿論、現段階では最終的な結論が出ているわけではありませんし、担当者も出来うる限りの事をしようという姿勢を示してくださっていますので、社名をお伝えするつもりはありません。

 今は、ビジネスの中にも、愛を!といった気持ちです......。それは会社自体にとっても有益な気がします。個人的には、このブログも含めて、出来うる限りの事をさせていただいたので、後は流れに沿っていくことになると思います。

 節分の日に、南警察署の刑事課から連絡が入りました。キャッシングの詳細の問い合わせと確認でした。何か動き始めそうな気もします。敏腕刑事の登場はあるのでしょうか...。

  クリックすると元のサイズで表示します

  もっともっと短い屋久杉のラブフルート・バードは屋久島のヒノキ
      取り囲んでいるのは磨かれる前の屋久杉玉
     (詳細はKOCOMATSUブログに書いています)
41



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ