2013/1/18

出遅れた2013年1月・ゆっくりスタート  雑感

20013年1月 5日の吹き初めで始まったラブフルートの活動は、5日夜に会場を引き上げてから、一気に体調不良に陥り、そのまま寝込んでしまい、風邪のひき初めになってしまいました。

おりしもインフルエンザが活発化している時期と重なり、周囲への迷惑も考えて珍しく病院に出向きました。一時期は軽くなったのものの、どうも調子が戻りません。年末のハードなスケジュールのツケが回ったのかもしれません。免疫力が落ちているのでしょう。

こんなにズボラで何にもしない一年のスタート。さすがに半月を過ぎ、残り10日あまりとなると、これはまずいなと少々焦り気味になってきました。

何処かで切り替えて動き出さなければならないのだけれど、そのタイミングが難しい。身体の支えと気持ちのバランスは、自分自身のことでありながら思うようにならないものです。このまま起き上がれずに終わることだって十分ありうる。そんな思いが浮かび上がったりもしました。

つくづく健康が人生の土台だと思い知らされています。食生活をしっかりとさせてきたはずなのに...。思い返せば、2〜3日続けて徹夜になってしまった年末の誤算が尾を引いたようです。正月はのんびりできるから多少無理しても何とかなるだろう。この油断が思わぬ形で不覚のスタートに繋がってしまいました。

若い頃は、意識優先で肉体に無理をかけ過ぎる傾向が強かったけれど、それも随分抑制されバランスが取れるようになって来たはずでしたが、まだまだ未熟でした。

食べることとと寝ること。このシンプルな土台を年齢の変化に応じて確認する機会を与えられたことは良かったと思います。加齢と共に自分との付き合い方も変化して行くのは当然なのですが、どうやら自覚が乏しかったようです。

どんな知識も経験も、夢も希望も、この小さな肉体を持つ自分が維持されることが無くなればすべて失われてしまう。

これまでに何度も肉体喪失の危機をくぐり抜けてきた自分が、改めて足元を見詰めさせられたのはありがたい事です。15年以上健康診断を受けずに過ごしてきた生活も、ここらでシフトチェンジする必要が出てきたのでしょう。上手に死んでいけるよう準備を始めるのは、生き続ける事と同じくらい大切だと確認する1月になりました。
4



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ