2006/3/28

『中世ヨーロッパの歌』  お勧めの1冊

「豊かな歌声に満ちていた中世が蘇る」とのタイトルに引きつけられる。 ピータ.ドロンケ著 水声社出版。2004年7月初版。 紹介記事には『宗教詩歌と世俗歌謡との関係を強調し、世俗歌謡が11世紀に突然発生したのでなく初期中世から盛んに歌われていたとの推論が導き出されているとのこと。これはさきに南仏のトルバドール歌謡が実はグレゴリオ聖歌に起源を持つとの説「準典礼歌起源説」と同じ。 『トルバドール』より
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/20060305/archive

表紙には写本の挿絵からか、貴婦人とヴァイオリンのようなものを奏でるジョグラル、それに中央には踊り子。踊り子の官能的な肢体はフラメンコのムーブメントそのもの。
http://images-jp.amazon.com/images/P/4891765216.09.LZZZZZZZ.jpg

著者は云う『・・聖俗の別なく、中世の詩歌は、非常に深い意味で、一つの同じ伝統を共有する二本の織り糸とみることが出来るだろう・・・』p62 記録上、最初に賛美歌が西欧世界に登場したのはアンブロシウスによってミラノにて。 その時の情景を聖アウグスティヌスは「告白」に記す。p74 訳は先の「キケロ」の高田康成氏。 

日本語版序文に著者は、古代日本の万葉集の相聞歌と中世初期ドイツの対話詩との近似を述べる。p11 時空を超えて東西の詩歌に限りない類似性を見い出す時。文明の衝突とも言われる今日の世界情勢に何らかの解決法があるはず、と期待するのは余りにも情緒的過ぎるか?

トゥルバドゥールとして有名なアキテーヌのギョーム(AD1071-1127)には二人の愛人の名前を記した以下のようなあからさまな詩がある。 

『拙者には見事な馬が二頭あり、おのおの乗りこなしておる。・・・はてさてどちらを採るべきか、途方に暮れる、アニュスにすべきかエルマンサンにすべきか!』

著者はこの詩のメロディーと形式が賛美歌から採られたものだとするが、それを論証する記載はない。p242-3 しかしこれは以前話題にした『トゥルバドゥール』からのものだろう。因みに、アベラールは当代一流の詩人として評価されているが、彼自身の愛の詩は現存していないとか。ただ宗教詩が2編現存するのみ。p113
 
本の内容から外れるが、私が不思議に思うのは、詩が2編しか現存しないのに何故ロマネスク時代一流の詩人としてアベラール評価されているのか不思議である。エロイーズの贔屓目の書簡によるもの故か?

著者は最後に中世詩の研究に関して、安易な一般論や総論で片付けることの危険性を説き、詩作そのものの詳細な解析の必要性を説かれて以下のように述べられていますが、これは西欧中世詩研究に限らず全ての分野で共通すること。

『・・研究のモットーは、アビ・ヴァールブルグの「神は細部に宿る」でなければならない。』p504
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ