2006/3/29

『イスラーム文化』と『原始仏典スッタニパータ』  お勧めの1冊

『イスラーム文化―副題;その根底にあるもの』 岩波文庫 井筒 俊彦 (著)  1991年 著書紹介には『イスラーム文化を真にイスラーム的ならしめているものは何か.――著者はイスラームの宗教について説くことからはじめ,その実現としての法と倫理におよび,さらにそれらを支える基盤の中にいわば顕教的なものと密教的なものとの激しいせめぎ合いを認め,イスラーム文化の根元に迫ろうとする.世界的な権威による第一級の啓蒙書』とある。

この中で、九世紀の最大のスーフィー(イスラーム神秘主義者)の一人であったバーヤジード・バスターミーという人の言葉に、

<蛇がその皮を脱ぎ捨てるように、私は自分の皮を脱ぎ捨てた・・・>とある。p349 

この言葉はまさに「原始仏典スッタニパータ」の各章の最初の繰り返しと同じ。仏教ではこれは解脱を示す文言だが、仏典の影響があるのではないか? ちなみにこの原始仏典には最後にこの言葉がある

『犀の角のようにただ独り歩め』

この意味は、欲望やしがらみに打ち勝ち、独り決然として修行に励めということ。インドサイはアフリカのサイと違い角は1本なので、個人の悟りを中心とする南方上座部仏教(小乗)の象徴として使われたらしいが、後には大乗が小乗を批判する言葉として、即ち『一角犀』という言葉で個人の悟りだけを求める狭さの象徴として使われることもあったよう。 

この言葉はスッタニパータの各章の最後の言葉として繰り返し、繰り返し使われたらしいのですが、原始仏典では同じく繰り返し使われる言葉として、先に挙げた冒頭の『蛇がその皮を脱ぐように』という 

頭が蛇で尻尾がサイということで面白い。多分、蛇もサイも当時のインド人には日常的な存在だったのでしょう。 因みに中国ではこのサイは存在しないのでキリンに変わったとか、この1角獣、日本にもやってきて、京都の西本願寺の国宝唐門や知恩院の三門に描かれれいるとか。 さらにこの1角獣、西欧にもやってきたようで、いまパリのクルニュー中世博物館でみることが出来る。あの有名な「5th sense」、昔むかしにアップした私のHPに載せているもの↓
http://www.greengrape.net/hiroshi/03_crunny_01.html

これらが仮に相互に関連があるとするなら、仏典がイスラームにも、キリスト教にも流れたということになる。もし事実なら興味深いこと!

なお『原始仏典;Udana VI4』もこのblogで紹介しているので参考にして貰いたい↓
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/20060320/archive

この本の中に収められている「イスラーム生誕」という、短い著作がある。これは著者の若い時の作品で文章の端々から情熱がほとばしるような文体。 この中で、井筒氏はムハンマドの教えが広がる背景として当時のアラビア人の精神状況を以下のように記している。

『イスラーム誕生前夜のアラビアでは、若い世代はまさにこのような重大な(精神的)危機的状況に追い込まれていた』p43 

著者はそれを彼が<悲劇的>と呼ぶ数々の詩歌を文献的に挙げて論証する。 しかし 『何故そのような精神的危機状況が訪れたのか?』 についての記載はなかったように思う。 

私が思うに、これは確かB・ルイスの本だと思うが、このジャーヒリーア時代、特にイスラーム誕生に遡ること数世紀前、ベドウィンの社会に社会的危機が起こった。それは人口の急増と南アラビアにおける治水ダムの決壊を象徴とする農業の崩壊であり、多くの南部のアラビア人が北に避難せざるを得ない生存の危機的状況あったという事実と何らかの関係があるのではないか? 時期的にはかなり幅があるので直接関係はないかもしれないが、今後の課題としたい。

いずれにせよ、ある思想(宗教)の誕生はその背景となる社会の時代状況抜きには考えられないと思う。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ