2008/10/31

『寛容の文化』3  お勧めの1冊

今朝の『ビジネス展望』で寺嶋氏はバブル期以降、日本の株価は最大1/5にまで価値が低下したとのべ、これは日本の資産がマネーゲームに使われ、未来への投資に使われなかった結果だと指摘された。まさに同感。

未来への投資として同氏はエネルギーと食糧をあげられた。特に日本海海底の地下資源を指摘されていた。

…実は、私も授業でこの地下資源の1つを取り上げて紹介するようにしている。
クリックすると元のサイズで表示します
メタンハイドレート;CH4は本来極性がなく疎水性であるが極限の高圧状態で生成される。通常下では直ちにメタンが発生する。メタンを中心にして周囲を水分子が囲んだ構造を持つ。水深1,000〜2,000メートル付近での、地下数百メートルに結晶化して存在する。見た目は氷に似ているが、火をつけると燃えるために「燃える氷」と言われることもある。ほとんどが海底に存在し、日本近海は世界最大のメタンハイドレート埋蔵量を誇ると言われる。

『寛容の文化』3
ここでもコルドバの図書館の事が描かれている。曰く、
『当時の西欧最大の図書館が蔵書400冊(1000冊とも云われる)をかろうじて数えるとき、そのカリフの図書館は40万冊を数えた』とか。P30 
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/24/trackback

ちなみに当時最大の図書館はカイロの2つのカリフの図書館で、合計200万冊の書物があったと伝えられる。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/132/trackback

人文主義的なイスラーム解釈を展開した伝説的な神学者で、その正統性にもかかわらず、彼、ガザーリーの著書が狂信的なムラービト朝により焚書されたことも述べられる。p42 

そう、焚書は西欧中世だけで見られた現象ではない。イスラーム圏においても原理主義的政権ではしばしば見られ、特にスーフィーの多くが殉教した。

著者はここに1つのパラドックスを観る。即ち、

『はじめて近代性とよばれるものが開花した、世俗文化の再生・復興を奨励したプロバンス宮廷がアルビジョア十字軍によって破壊され、それが13世紀中葉までに終焉を迎えてしまったことを』p44

プロバンス宮廷といえばトルバドールだろう。 確かにその世俗性はこの時代、群を抜いている。例えば、封建領主にして、トゥルバドゥールとしても有名なアキテーヌのギョーム(AD1071-1127)には二人の愛人の名前を記した以下のようなあからさまな詩がある。 

『拙者には見事な馬が二頭あり、おのおの乗りこなしておる。・・・はてさてどちらを採るべきか、途方に暮れる、アニュスにすべきかエルマンサンにすべきか!』
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/107/trackback
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ