2008/12/23

マウスの命、人の命  

先日亡くなったサルサ友さんはメラノーマだったとか、Aさんから聞く。 確かにメラノーマも悪性度が高いものがある。 誰しもいずれは死ぬとはいえ、若くして亡くなるのはお気の毒と言うほか無い。 ご冥福をお祈り致します。

動物実験に関わり、実際に動物の命を奪う場面になると後ろめたさがつきまとう。 毎日、鶏や豚牛を食べているのに今更何を言うのか、偽善的だ。と言われそうだが、実際その場に立ち会えば誰でもそのように感じるものだと思う。

人の命を救うためと言うが、本当に人の命はそれだけの価値を持つものなのか?
目の前の1匹のマウスの命より本当に1人の命の方が価値あるものなのか?
実はそれに対し、真に説得力のある理屈があるわけではない。
0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ