2009/5/12

『中国「新富人」支配』呑込まれる共産党中国 2  

早朝、teacupはサーバーが停止していたので、今頃更新

昨日はボブ・マリーの命日だとか。ジャマイカのレゲエを世界のレゲエにした人、彼の持つメッセージ性はすごいね。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/507/trackback

今がプリウスの燃費が最もよい時期。クーラーも暖房もつけないし、多分暖かいことで駆動部の摩擦も少ない?  1回給油すれば1000kmは走る。 ただしなかなか26km/Lの大台にはのらない。
クリックすると元のサイズで表示します

『中国「新富人」支配』
中国の最大の国内問題は農村問題。過剰な人口と生産力の低い土地。既に東南アジアに対し農作物は国際競争力を持たないといわれる。それではどうするか、長期的視点での解決法は農村人口の都市部への移転であるが、これは治安の維持の上で大きな問題を抱えることになる。この矛盾に葛藤しているのが中国政府だろう。

人口の移転は急速に行いたいが、一方で本音は農民が大挙して都市部に押し寄せるのは治安の面からなんとしても阻止すること。できれば農民は農村近辺の小都市にとどめおきたい。 例えばそれが端的にわかるのは以下のような規則。2001年の段階で蘇州が定めた規定では、農民が蘇州の戸籍を入手するには、

1)累計5万元(70万円)以上の納税 
2)50万元(700万円)以上の投資 
3)単身者で50平方メートル、家族持ちで75平方メートルのマンション購入
の3条件をクリアーしなければならない。これでは事実上農民の戸籍取得は不可能。P180

また一方で中国が国際競争力を維持できるのは、農村という無尽蔵の過剰労働者を抱える「植民地」をもつからでもある。p182 これを矛盾といわずしてなんと言うのだろう。 

様々な社会保障に守られる都市民にくらべ事実上社会保障のない農民。彼らが農民のまま都市部に違法に住めば彼らの生活は悲惨なものになるのは目に見えている。事実大都市の周縁にはそのようなコミュニティーが大量に存在しているのが現状。これらを解決するのは本当に大変なことだと思う。

ただ手をこまねいているわけではない。土地の集約化として1つの解決策をしていま動いているのが「農民の土地を株式化して有償で集める方法」 p150 これは日本の農業問題にも応用できるかもしれない。

0



トラックバックURL

トラックバック一覧とは、この記事にリンクしている関連ページの一覧です。あなたの記事をここに掲載したいときは、「記事を投稿してこのページにお知らせする」ボタンを押して記事を投稿するか(AutoPageを持っている方のみ)、記事の投稿のときに上のトラックバックURLを送信して投稿してください。
→トラックバックのより詳しい説明へ



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ