2006/3/13

『ハイチ革命とフランス革命』  お勧めの1冊

浜 忠雄著、北海道大学図書刊行会、1999年 紹介によれば『人権宣言の国フランスは、黒人奴隷制植民地ハイチの革命にいかに対応したか。フランスの史学界永年のタブー、ハイチ革命史』

今日世界の最貧国として知られるハイチがかつて『カリブ海の真珠』とも呼ばれた文化の中心であったこと。そして世界史上はじめて黒人奴隷による革命が行なわれた栄光の歴史があること。そしてそれが何故今日世界の最貧国になったのかを知る事は決して無駄ではない。

この本を読んだ理由は、色々なところでハイチ革命が『カリブのビックバン』と呼ばれていたことを見聞きししていたから。 この<ビックバン>は二重の意味があるらしい。1つは17〜18世紀のカリブ世界にあってハイチが文化の中心であり、この地から革命により文化が周囲に飛火したという事。2点はそれに伴いハイチが文化的真空地帯になった事。(これは勿論外からの視点ではあるが)

この本の中で、革命によりハイチ経済が崩壊していく様子が史料の中ではっきり認められる。例えば反乱直後の1795年の総輸出量は直前の1788年の1〜3%、独立1804年の時点でも4〜5割程度にしか回復しない。p228 しかし著者によれば、経済の崩壊の最大の原因はその後の土地の反乱黒人奴隷軍人への分配、細分化がその運命を決めたとか。

いずれにせよハイチ革命によって多くの白人、そしてそれに伴われ多くの黒人奴隷が周辺諸国に難民として流れていった。とりわけ対岸のキューバがその最大の受け入れ国であったよう。 1809年の時点で著者はその数を2万人と推定する。p252  この難民の数が如何に大きいかはキューバ大使館のHPに書かれている1763年時点の全人口が15万人であることからも明白。これは全人口の何と1割を越える。 さらに一部の難民はジャズで有名なルイジアナへも流れていった。なお革命によるハイチ経済の崩壊が逆にキューバの経済的繁栄に直接繋がったことは『キューバ経済史』でよく描かれています。 

さらに政治的にはこれが『ハイチの二の舞になることの懸念がこの世紀を支配する』p253。即ち、本国の植民地支配政策が革命により大きく影響を受ける。それは南北アメリカ主要国の独立と奴隷解放年の表p257 にも顕われます。大雑把に云ってハイチと地理的・政治的に繋がりの大きい国ほど、宗主国からの独立と、奴隷解放年度が遅くなる。これはハイチの場合、支配側の内部分裂(宗主国フランスvs植民地政府)が奴隷の反乱を容易にしたこと。また反乱を出来るだけ「芽」の段階で摘む努力を各国がやり始めたことと関連ありそうです。

著者はあとがきで、西半球では合衆国についで2番目の独立国(ラテンアメリカでは最初)にして、歴史上最初の黒人共和国という栄光の歴史と現代ハイチの厳しい現実について、

『ハイチ(革命)が有する先進性と普遍性の故に、これを「黙殺」し「封じ込め」てきた外の世界のあり方』p295 を指摘されていますが真に同感。

あくまでも政治・経済史的観点から書かれた内容で文化、とりわけダンス音楽についての記載は一切ない。しかしダンスや音楽がハイチ革命と無縁なはずはなく事実多くの芸能はハイチから伝わったことは知られている。とりわけ対岸はキューバ東部、サンチアゴ・デ・クーパが位置するオリエンテ州。
0

2006/3/13

『文明が衰亡するとき』  お勧めの1冊

新潮選書、高坂正?著、1981年。 
内容とは離れますが別の角度から。 

以前からフランスの聖堂は石造りなのに、何故森林がなさそうなイタリアでバシリカ聖堂の天井は木造なのか?ということに長いこと疑問を感じていました。

この本によれば、ヴェネチアにおける軽ガレー船の製造コストについて、1563年におけるコストを100とした時、70年後の1633年にはこれが352になっていて、その間ほぼ直線的に価格が上昇しているp129。 で、その原因が16世紀中葉以降、船の材料である樫材の不足が顕著となったこと。つまり地中海の木材資源が枯渇しはじめたということらしいp132。

これは言葉を換えれば、それまでイタリアでも曲がりなりに木材資源が確保出来たということで。そう考えれば、 <かつてはバシリカ聖堂の天井を覆うくらいの木材は難なくイタリアでも手に入れる事が出来た> さらに付け加えると、後年フランス風に石造りに出来なかったのは近代のフランスが国力をつけたのに対し、逆にイタリアでは国力が衰えていた> という事で正解なのでは? 何方かこの件についてご存知の方がおられれば宜しく!

ところでこの本、20年以上前に書かれた本ですが、それを今頃になって読んでいるのは、記載内容と過去20年の歴史がどのくらい一致している検証の為。 
歴史家に限らず著作家は大変。本がそのまま残る以上、後年読者に検証されます。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ