2006/11/30

「癌研究は飛躍的に進んだが癌死の数は増えている」ことについて  

来年早々に久しぶりにアメリカ癌学会(AACR Special Conference)に行く予定で目下その為の事務手続きとAbstract作成中。

実は新任の者は1年間は海外出張は認められないことが内規で決まっているとか聞いて驚いている。 ただし例外がないわけではなさそうなので取り敢えずトライしてみることにした。 そうこうしている中でAACRのHPを眺めていたら「How did AACR begin?」↓の中に、AARCが発足して今年でちょうど100年になることを知った。
http://www.aacr.org/home/about-us.aspx

AACR was founded in 1907 by a group of eleven physicians and scientists interested in research, “to further the investigation and spread the knowledge of cancer.”

この間、癌研究は飛躍的に進んだだろうが、今でも癌は先進国における死因の大きな部分を占めている。よく言われることだが癌研究は進んだが癌で死ぬ人の数はむしろ増えているとか。

…しかしこれは考えようである。 最貧国や戦火の中にある国では癌や認知症は問題にはなってはいない。 ある意味、癌や認知症が問題となる社会は幸福(?)な社会であると言えるかもしれない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ