2007/1/16


期限を過ぎた食品を生菓子に使用したという事件、その後の報道によれば1パート職員の問題ではなく、組織ぐるみの偽装だったとのこと。雪印乳業の事件を思い出させる。会社の存続に関わる重大な展開になる可能性が高い。

それにしても今回の事件の発端は内部告発だとのこと。 前回雪印の時もそうだった。考えてみればこのような事件は昔から多かれ少なかれあったのではないか? 最近はそれが内部告発の形で発覚するから多いように思われるだけではないか? 

…そう言えば思い当たることがある。昔ならばなかなか、自分の属している組織を裏切るようなことは出来るものではないが、今はそのような心理的ハードルは低くなっている。 会社と個人との関係が昔のような家族的なものでなくなって、ドライになれば内部告発にたいしても抵抗が無くなるのは当然。

経営者の皆さん。従業員を非情に取り扱えば、同じような扱いを当然相手からも受けることは覚悟の上で!
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ