2007/1/19


今朝の「ビジネス展望」でも田中直樹氏が日銀の利上げの話題を別の角度からしていた。 はじめてBlack outという言葉を知った。金利を決定する立場の者は、その直前には何を喋ってもいけないらしい。 …それはそうだろう。 

ところが今回マスコミや政府関係者からは「金利は上がらない」との観測が流れていた(あるいは、そういう流れがを作っていた)ことは周知のとおり。これでは日本の市場の信頼は失われる、とのこと。 投資する当事者にとれば、何か損失が出た場合、そのような市場に投資したことに対する責任が問われることになる。やがて日本の金融市場から資金が引かれていくということ。

長期展望に立つか、それとも目の前の問題を取りあえず乗り越えていくことに軸足を移すべきか、金融に限らず難しい問題。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ