2008/3/31

『数量化革命』2  お勧めの1冊

祝シアトルズ再開店
無線LANもOK♪
クリックすると元のサイズで表示します

『数量化革命』
『物事を数量的に考える兆しが現れたのは西ヨーロッパの人口と経済成長が最初のピークに達した1300年前後のことだった』p35 とし、その例として、
『ゴシック聖堂の建設に携わった石工』p34 を挙げる。

それ前はどうかということに関し、著者は noonを例にとり、その時間が中世を通じて変動する例を示し。同時代人が「時間」の象徴的な価値を重視し、時間の正確さには無頓着であったことを示す。p54 因にnoonはnone=9からくる、つまり日の出から数えた9番目の時刻。
0

2008/3/31

日曜Tangoクラス  Tango

定点観察
職場の桜はほぼ満開
クリックすると元のサイズで表示します
左足横(男性はすぐ体重をかえ、女性がまだ体重を変えないうちに)
左足前に下から上に踏み込み反時計回りに180度回転(上半身を反時計回りに捻り、女性の方に傾かない)右足クロソ
右足後ろ、左足180度に移動(進行方向は常に一定)
(次の動きへのつなぎ)
右足を女性の足の間に挟む
体重移動しないで左足前に出し、全体で180度ピボット
右足後、左足後ろ。
そのままで(足を床につけたままで)時計回り回転して、
女性が踏み込むのと一緒に、左足前、右足揃える(素早く)。
女性がピボットした時、左足出して動きを遮る
女性越える
(次のヒーロへのつなぎ)
右足前、左足前
右足クロソにしてピボット180度
女性を待って、右足ヒーロー(回転)
右足女性の前に遮るように置く
0

2008/3/30

『数量化革命』  お勧めの1冊

今朝のTV番組で、数学者藤原氏がアメリカは世界の中で極めて特殊な国で文化が殆どない国、この国の真似をしてはいけないと述べられた。ニュースキャスターの鳥越氏は日本がそのアメリカの影響を受けたのは戦後アメリカに占領されたのが原因で、もしこれが英国や仏蘭西に占領されたら違っただろうと述べられた。まことに同感。

竹村氏が「報道2001」から今日の番組を最後に卒業されるとか、竹村氏の意見には合わないことが多いかったけどちょっと残念。 『どちらかを換えてみよう』の代表例だったね。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/276/trackback
彼の言葉を座右の銘にしていることも多い。

「Life goes on」もその1つ
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/520/trackback

それにしても4月は色々なことがはじまる時期。そう新学期ももうすぐそこ。 教室の人員も替わった。これまで潤沢にあったプロジェクトが終了し、新たなプロジェクトは国家予算が動かないと何もはじまらない。いやこれから申請するものが通るかどうかも不明。 先が見えないなかで本年度はどんな年になるだろう。

『数量化革命』
紀伊國屋書店、2003年初版 アルフレッド・W・クロスビー著。副題は、「ヨーロッパ覇権をもたらした世界観の誕生」とある。この副題にこの本のすべてが語られるようだ。

著者は序文で、西欧が近代に至って、世界を数量化することに熱中しはじめたことが西欧の世界覇権を可能にしたと述べている。とても読みやすく、興味を引く対象をうまく引き入れて読者を飽きさせない。

冒頭、著者はそれまでの西欧世界の世界観として支配的であったものとして古代ギリシャの世界観を挙げる。特にプラトンとアリストテレス。曰く、

『プラトンは、物質世界は「常に生成、消滅するものであって、あるもの(実在するもの)ではない」ゆえに、物質世界には背を向けた。それに対し、アリストテレスは、このプラトン主義には経験による裏付けが欠けているとみなした…』 が、それでもアリストテレスは数量化まで踏み込むことはなかったと述べる。p31 それが近代特に16世紀にその世界観が転換していくと述べる。

さて、これからその変化が語られる。どのように説は展開されるのだろうか? 大変楽しみ♪

そのほか注目した記載として
『塔型風車は中世ヨーロッパが動力技術の発展に貢献した唯一最大の発明品 p23』

これは重要な点である。 西欧中世の主要な動力源としてしばしば水車が挙げられるが、これは古代時代から既にあった。これが古代に主要な動力源にならなかったのは奴隷労働力が安価で入手できたから。 しかしあまりこの事は指摘されることがない。
0

2008/3/29

需要は創りだされるもの  試行,指向,志向、思考

昨夜のONEでは久しぶりによく踊れた♪ 今夜もSalsonだ♪

<凶悪犯罪に死刑適応は必要>
今朝のTV番組で元・内閣安全保障室長の佐々淳行氏が、凶悪犯人に対して死刑が回避される最近の傾向に対して苦言をていしていた。元財務大臣の塩川氏も同意見だった。私と同意見。

最近は死刑廃止の傾向がある。死刑をしても確かに凶悪犯罪の抑止にはならないかもしれない(ただし、これに関し統計的な論拠を出した死刑廃止論者を私は知らないが)しかし問題はそこではないと思う。問題は社会秩序の問題。佐々氏は「自然法」だと述べたが、私は人性法だと思う。いまの死刑廃止論には神性法的考え方が根底にあると思う。それはキリスト教的社会では納得されやすいかもしれないが日本の風土には合わない。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/724/trackback

<需要は創りだされるもの>
社会・経済学者の話を聞いた。勉強になった。曰く、

人口=実質需要ではない。何故なら、需要には「顕在」需要と、「潜在」需要があり「顕在」需要は何も努力しなくても出てくるが「潜在」需要は、

1.専門家(のイメージを持つ者)が、
2.持続的に、
3.情報を提供して、
           はじめて実質需要に結びつく。

よい例が女性のシャンプー&リンス。30年前には誰も毎日シャンプー&リンスをする女性はいなかった。しかし現在では全ての若い女性がシャンプー&リンスをしている。これは需要というものが必ずしも必要と結びつくわけではないことを示す。成る程と思った。これまで、そのような考え方を意識的にしていたわけではないので少し今後は考慮に入れるべきかと。ただしそれでこれまでの自分の考え方の変更を迫るものではなさそう。むしろ補強された感じがある。 

需要は創りだされるもの
0

2008/3/28

ビジネス展望  

毎朝通勤途中よく聞いている番組がある。 テレビもラジオもほとんど見ない、聞かない人間だが、この番組だけはよく聞いている。 このblogにも何度も登場する『ビジネス展望』である。

4月からこの番組のキャスターの木村さんが降板するらしい。あと誰が受け持つのか知らないが、ちょっと残念。 それがあってかこの1週間毎回のゲストが木村さんとのこの数年間をまとめのような形で話題を提供している。今朝は寺嶋氏だった。曰く、

『自己の基軸になる座標軸を定めて、その中で日々の出来事をプロットしていくことが重要。そうすることで、時代の流れの向かう先は何処なのかを知ることが出来る』との指摘、真に同感。

これは歴史を学ぶ上でも同様であるが簡単ではない、単に個々の事象を理解し、意味付けしていけば、それが自ずから座標軸が決まるというものではない。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/139/trackback
0

2008/3/28

化石燃料も広義のバイオ燃料  試行,指向,志向、思考

化石燃料から、バイオ燃料への転換が必要だとよく言われる。それは確かにそうだと思うが、ちょっと気になることがある。それは『化石燃料も広義のバイオ燃料の1つ』だということ。

文字通り「化石」なので、もともとは石炭も石油も太古の森林や微生物が大気中の二酸化炭素を光合成で炭素固定して化石化したものと言われる。 だから化石燃料もバイオ燃料の1つ。

ただ決定的な違いは、化石燃料は自然が数百万年、あるいは数千万年かかつて蓄積した炭素を一気に、この数世紀で大気中に二酸化炭素の形で放出していること。このアンバランスが問題。バイオはその時点、時点で炭素固定と二酸化炭素放出の帳尻をあわせている点で、自然に優しいと言える。

昨日、ある人のblogのコメントを読んでいてそんなことを考えた。
http://blog.goo.ne.jp/z-__-z/e/651fb5ab8f3d60d7ce94d6111cadd1f2
0

2008/3/27

結果が出た  

全国29校中、下から9番目(私立では中程)。 新卒は悪くないが(Q大より上!) 既卒がわるい。しかもそれなりの国試浪人数がいるので全体の合格率を引き下げる。

卒業の段階で厳しく絞るというのは表向きの合格率をあげるが、根本的解決にはならない。要は優秀で勉強家の学生を集めることだが、 …それが簡単に出来れば苦労はない。
0

2008/3/27

植木  

室内で育てている鉢植えの2ほどが枯れ始めた。何が悪かったのか? 長年問題なかったのに、違いといえば最近水性の濃厚肥料を与え始めたことか? アンプル式のもので先をカットして土に刺しておけば徐々に肥料が漏れ出てくるタイプ。 やり方が間違っいたのか??
クリックすると元のサイズで表示します
<大学評価>
大学や短大などの認証評価機関「大学基準協会」が24日、2007年度の認証評価の結果を発表した。 それによれば、宇都宮共和大が「不適合」判定。 「不適合」は制度開始以来初めてだとか。理由は大幅な学生の定員割れと財務状況の悪さ。その他、九州では九州国際大(北九州市)が保留。
http://www.asahi.com/edu/news/TKY200803240356.html

もう1つの認証評価機関「日本高等教育評価機構」から保留になったものに長崎国際大学の例がある。実は知り合いがそこの教授をしている。大変だろうな〜と同情する。
http://www.jihee.or.jp/kikanbetsu/kikanbetsu_kekka19.html

以前から破産や、大学として不適切な状態の大学はあったが、
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/498/trackback
このように認証評価機関が予めダメ押ししたのははじめて。公になった以上この大学の存続はますます難しくなるだろう。大学が淘汰される時代。

ところで、今日の午後には国家試験の合格発表がある。さて今年はどうだろう?? これが此処では一番の大学評価だろう。
0

2008/3/26

復讐は何故いけないのか?  

誰でもいい、誰かを殺したいと考え。実際に「計画的に」人を殺した2人の若者。彼らの「命」も大切なものとして扱われなければならなのだろうか??? 

私の意見は『否』である。 
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/724/trackback
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/411/trackback
0

2008/3/26

定点観察  

桜の蕾みが大きく膨らんで、既に開いているものもある。今週末は花見にいいかも?
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ