2008/6/13

何故、狂気や凄惨な事件報道から避けるようにしているかについて  

先ほど書き込んだ「9-11の教訓」について一言。当時の記録はログからは削除(誹謗中傷ということで)されているが、前後の書き込みで雰囲気は判るかもしれない。 (9-20書き込み)
http://www.greengrape.net/bbs/rbbs_2001_1208.html

ただ弁解するならば、9-11直後の考えと今の考えに大きな違いはない。 あの時、私はこのように述べた。

『あのテロを、「アメリカの力に反対する人が居て、これに対抗する手段として、テロルがあった」という図式で捉えると、これはもうアメリカを代表する世界と、虐げられたイスラム世界の衝突の図式に結びつきます。 この『文明の衝突』の図式だけはどうしても避けなければならない。 ですから何としてもあのテロは純粋に「犯罪」でなければならない。「犯罪」としてイスラム世界から切り離さなければならないというところに落ち着きました。 そうしなければ、テロリストの思う壷にはまると思うのです。』

その後の事態はまさに最悪のケース、親米派も反米派もテロリストの思う壷に嵌るわけです。 残念なことです。 

毎回、毎回あの飛行機がビルに激突するシーンが放映されると、人は冷静さを失い。恐怖や怒りに適切な判断が出来なくなってしまう。 そのことはその後のアフガン戦争へ(ここまでは仕方なかったと思うが) そして愚かなイラク戦争に走らせる結果になったと思うから。
0

2008/6/13

木曜初級クラス & 9-11の教訓  salsa

昨夜は振替ではじめて木曜7-30PMのサルサクラスに出た。女性ばかりのクラスでペアはなし、そのせいかずーと激しい動きばかりだった。ステップは問題なかったが流石に疲れた。初級のクラスなのについて行くのがやっとだった。う〜ん、そろそろメタボ危険信号か(汗)

9-11の教訓から、あのような事件が起こると、それに関する報道から出来るだけ離れるようにしている。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1077/trackback

というのも、9-11の時はかなり心理的なダメージを受け、いいことはなかったから。 事件の狂気さや悲惨さから距離を置かないと、物事を冷静に見ることが出来ない、とそれ以来思うようになった。

…とはいえ、ある時点で、秋葉原の事件についても何を思ったかを纏めてみるのも意味があるかもしれない。

先日の秋葉原の事件から思うに、殺傷能力の高いナイフが誰でも簡単に手に入る状況を改めた方がいいと感じている。 以前、銃に関して述べた時に「ナイフにはそれほどの殺傷能力がない」としたが、これは私の無知だったようだ。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/857/trackback

事件に使われたナイフ、ダガーナイフはサバイバルナイフや刺身包丁と機能的にもかなり違うらしい。報道によれば、

『今回の事件で使われたダガーナイフは殺傷能力が高く、人を刺す武器として作られている。短時間に連続して人を殺すことができる…』とされている。
http://www2.asahi.com/special2/080609/TKY200806100127.html

「ダガーナイフがなくても刺身包丁を入手できる、規制は無意味だ」との意見もそれなりに理屈が通っている。 しかしアメリカのように銃が自由に手に入る社会との比較でみれば、どうも殺傷能力の高い武器の流通の度合いと殺人の発生率には相関があるようだ。

要は結果が全て。相関があるようであれば規制した方がいい。日本には「刀狩り」の伝統がある。 そのことで日本の江戸時代が比較的平和な時代だったとするなら、ここはそれに習った方がいい。

今朝のニュースによれば、ダガーナイフの生産と輸入中止になったらしい。反論は出てくるだろうが、私は適切な処置だと思う。
http://www.excite.co.jp/News/society/20080612150000/20080612E40.071.html
0

2008/6/12

ちりも積もれば山となる & エコ  

四川大地震から今日で1ヶ月。時々利用するコンビにでこんな掲示板が出ていた。
クリックすると元のサイズで表示します
何度か釣り銭を寄付したことがある。全部合わせても100円程度しかないだろうが、それでも「ちりも積もれば山となる」 

今朝は流石にガス湯沸かし器でシャワー。でも今日は天気になるだろう。 

今朝のニュースから
グリーン電力証書なるものがあるそうだ。簡単に電気発電用のパネルとか風力発電とか導入出来るものではないが、企業が電気代を上乗せして(あるタオル企業では年間100万円)それをこれらの発電の資金にしてもらうというもの。一方、このタオル企業はこれを商品に「自然にやさしい商品」として売り出せる証書として商品の宣伝に使えるというもの。詐欺にならぬように監視のシステムは必要だろうが、なかなかよいアイデアだと思う。色々な知恵を入れていくことが重要。

しかし個人的にはエコ対策は企業より個人の方が遅れていると感じる。
5月の電気使用量は昨年の59%。今までは30%程度で推移していたが、大分低下した。しかしこれは1年くらい前からエコ意識が上がりはじめたことによるものだと思う。
<省エネ>
10月の消費電力、前年比65%
11月のレコードなし
12月の消費電力、前年比39%
1月の消費電力、前年比38%
2月の消費電力、前年比32%
3月の消費電力、前年比34%
4月の消費電力、前年比40%
5月の消費電力、前年比59%。

エコも寄付も同じ「個人のエコなんて知れてる、焼け石に水だけ」などと公言する人がいるが、大きな間違い。まず個人が動かなければ政府は、そして企業は動かない。

そしてその際大事な事は、数字で示す事。イメージや、思い込みだけのエコは駄目。 「CO2減らしてナンボ」の感覚を持つ事、数値目標を示すこと、それなしにはエコは進まない。
0

2008/6/11

いずれ暴落する & 猫好き  

原油価格がようやく下落したとか。 とはいえ依然1バレル当たりTWIで130ドルを越えている。 この乱高下が投機資金によるものであることは今や常識のようになっている。しかし2年前は常識ではなかった。 当時はまだ、急成長する中国説、ナイジェリアの内紛説、革命政権ベネズエラの暴走説、中東の政情不安説などが、誰それの評論家によりまことしやかに述べられていた。この雰囲気が変わったのは私の記録では去年の秋頃からである。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/774/trackback

投機ならばいずれ暴落する。経済産業省は原油の適正価格を60ドル程度とみており、その2倍を超える価格が「世界経済失速の大きなリスク要因」と警告してきたが、3倍とみる人もいる。またある人は1バレル150ドルが目安だと予想を述べていた。いずれにせよ素人には判らないが、投機であればいつかの時点で形勢が逆転するのは論理的帰着。 

<猫好きblog>
『僕は・・・猫の死は受け入れます。
その日で終わりにします。
出来るだけ、想い出さない様にします。』
http://nekonet.blog72.fc2.com/blog-date-200708.html
http://blog.nekotomo.jp/?p=416#trackback

と書かれたblogにたどり着いた。でも、時々思い出すよね。犬や猫は人より何倍も早く歳をとる。それが悲しいこともある。 子猫として出会い、老猫として先に逝ってしまう。 20歳での大往生は幸福だったと思うが… 
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/501/trackback

猫好きで涙もろい方は要注意「キミとボク」
http://universal-radio.jp/
0

2008/6/10

福田政権評価 & 中世から現代へ  試行,指向,志向、思考

福田さんがついに数値目標をだし、かつ排出量取引の施行実験を今年からはじめると述べたとか。これは素晴らしいことだと思う。先日のクラスター爆弾禁止条約受け入れなど、
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1065/trackback
地味だが着々と進めている。個人的には高く評価している。何かと評判の悪い福田政権だが、もともとは前政権のお荷物、気の毒だと思う。

<中世から>
先日の「サンチアゴ巡礼路」についてのセミナーの時、
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1075/trackback
イシ先生に質問したことの1つは「この巡礼路は交易ルートとしての意味はあるか?」ということだった。それに対しイシ先生は否定的だった。私もそう思う。これは確認の為の質問。 実はこのことと先の「西欧中世の民衆信仰」で述べられていたことには関連がある。

「千年紀以前の民衆の信仰とそれ以前の信仰を対比してみるならば、最近の歴史学においても特筆されているような明白な特徴がみられるといえるでしょう。それは民衆の参加の肥大です」 p112 
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1077/trackback

巡礼路の興隆は、交易やイスラームに対する軍事的なルート(レコンキスタの為の)の開発という意味合いよりも(もちろんそれらがなかったわけではないが)民衆的な情熱の発露としての巡礼熱が基盤にあった。

<現代へ>
…それから派生する思いだが、先日のセミナーで指摘されたこと、すなわち14世紀以降忘れ去られたサンチアゴ巡礼路が突如として1970年以後爆発的と云えるほど活発となり今日に至るのは何故か? 
クリックすると元のサイズで表示します
私はこの現象と、同じ時期(歴史上)アラブ民族主義が破綻し、中東世界で「イスラーム回帰」が起こるのは同じ現象ではないかと感じている。特に狂気的ともいえる原理主義的過激派の出現。私は此処にジル・ケペルが著書「神の復讐」で指摘した、宗教の復活を見る。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/345/trackback

なお、中東で自爆テロが始まるのは1992年だが、この自爆テロは中東イスラーム世界では伝統的なものではない。『グローバル化と文化の横断』より p77
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1029/trackback

しばしば、「山の老人」で知られる「暗殺教団アサシン」とアルカイダの自爆テロが対比されるが、『イスラームの「英雄」サラディン』の著者である佐藤次高氏によれば、この教団が若者を大麻中毒にして暗殺者に仕立て上げるという逸話はヨーロッパ側のでっちあげだとのこと。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/125/trackback
0

2008/6/9

「西欧中世の民衆信仰」1 & 「メトロに乗って(?)」  お勧めの1冊

今朝も太陽熱でシャワーを浴びることが出来た。以前であれば即、ガスとしただろうが、予め温水の温度を確認し多少我慢をするところなど、段々エコも地についてきたなと思う。

後期高齢者医療制度
以前、原理的におかしなものは何処か根本的な欠陥があると述べた。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1019/trackback

どうやら調査の結果、高齢者への負担は予想以上に大きなものとなっているらしい。 誰かも述べていたが、厚労省の役人はエリートだったはずだが… どうもその常識は考え直した方がよさそうだ。
   …いやね、それは先から気がついていましたが、、
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/262/trackback

昨日は車の中で秋葉原で起こった凄惨な事件について聞いていたので、夜ニュースを聞く気分になれなかった。それで極力、ニュース番組を避け、読書と映画に過ごした。 先日から読んでいた「イスラーム哲学」は段々、読むのが苦痛になっていた。どうも内容に新鮮さが感じられない、確かに共産主義や社会主義、資本主義に対しての記載があるなど、普通の宗教書には書かれていない内容はあるが、所詮宗教書である、最も苦手とするところ。結局、念のため別に借りていた本に手が伸びる。流石にドンドン読める。

「西欧中世の民衆信仰」1
R マンセッリ著。八坂書房 2002年初版。 

これまで云われたことだし、新たな内容は殆どないが、記憶を新たにする機会になったし、異端として断罪されたワルド派や教皇に認められ、かつ利用もされたフランチェスコ派を同等に扱って議論をするところなど面白い。特にデーターベース的に書き込むと、

聖フランチェスコ(1181〜1226)はすくなくともその在世中の姿について奇跡を起こす人としてあらわされることがない事実が、確かな意味をもつ… p64

千年紀以前の民衆の信仰とそれ以前の信仰を対比してみるならば、最近の歴史学においても特筆されているような明白な特徴がみられるといえるでしょう。それは民衆の参加の肥大です。p112

読書に疲れると、次、テレビの映画を見た。久しぶりである。題名は「メトロに乗って」のようなタイトルだったが、これが結構おもしろかった。現実と過去そして幻想の世界をタイムスリップするような感じの映画だが、内容にも深さがあった。以前この題名は聞いたことがあるので多分名作なのだと思う。
0

2008/6/8

「イスラーム哲学」2  お勧めの1冊

昨夜のSalsonではよく踊った、いや〜満足しました。それほど人が多くなかったのでちょうどいい集まりだった、それでも何度もぶつかりながら踊りましたが。

ただ、見慣れない人たちがジョッキ片手に踊っていて、あぶないな〜と思っていたら案の定フロアーにビールをぶちまけた。しかし気にすることもない。しばらくサンチョの人が注意するかも思ったがそのうち別の人物もジュースの瓶を持ち出し踊りだした。流石にみかねて個人的に注意した。 

誰でもそんな役回りはしたくない。しかしフロアーが濡れると非常に危険、ダンスする人間はすぐ気づくはず。誰かが教育しないといけないが誰しも最近トラブルを避けたがる傾向があるのは残念。 

今朝の「報道2001」でも後期高齢者医療制度についての話題。これらが小泉改革で行われたことを取り上げ、その批判が出ていたが、小泉改革は時代の要請であったと思うし、それなりの必要な小泉改革だったと思う。 問題点は改良すればよい。彼は転換期の人。

「イスラーム哲学」2
『…アリストテレスの思想の摂取によってギリシャ的哲学が興隆し、イスラーム文化の知的論理化に大きな貢献を果たしたことは周知のことである。…一時は隆盛を極めたこれらの流派(キンディー、ファラービー、イブン・シーナ、イブン・ルシュド)が存続したならば、イスラーム世界の歴史は大きく異なっていたであろう。P472

確かにその通りである。バーナード、ルイスは『イスラム世界はなぜ没落したか?』でこの文化が停滞した理由をイスラーム文化が外からの文化を取り込むことを止めたことが原因だと述べている。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/131/trackback
0

2008/6/8

サンチアゴ巡礼路:El camino de Santiago  

TIでイシ先生がサンチアゴ巡礼路についての話を聞く。新たに知り驚いたことは、この巡礼路が。レキンコスタが終了した後、14世紀に廃れその後復活したのは実は20世紀、しかも70年度からであること。

何と1970年には68人しか巡礼者がいなかったのが、2007年にはその1000倍以上の、114,026人にものぼる。これが何の理由によるのか、イシ先生は人々の自然回帰志向と述べられたが、どうも納得いかない。これは今後の課題。 

また小ピークがあるのはお祭りのせい。特に1992年にガイシア州政府が大々的ばキャンペーンをしたことで増倍した。これは多分、巡礼者が段々増えたことが動機になっているのだろう。キャンペーンを進めた理由だろう。

1970年からのこの変化の理由が知りたい。

その他、新たに知ったこととして、フランスの有名な3つの巡礼路(パリ、ベズレー、ル・ピュイ発)それに「アルルからの道」を含めた4つの道、その他、「銀の道」とよばれる、ポルトガルの道がある。これは太平洋岸の道。 100キロ以上徒歩、あるいは200キロ以上、自転車、ロバで巡礼路を歩けば巡礼証明書が出る。サンチアゴに巡礼した後、「身を清める儀式」が必要で、これで贖罪が終了する。その場所は決まっていてその場所がLangosteiraそれで貝殻が巡礼証明となる。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2008/6/7

昨夜のONE  salsa

それなりに人も集まり、1時頃まで愉しく過ごした。 普段12時までには寝ているので流石に1時頃になると眠くなる。 それを乗り切れると3時でも4時でもいけるのだが、そうなると土曜に差し障りがくる。 顔ぶれは大抵決まった人たち。もっと色んな人が集まるといいのだが。
0

2008/6/6

マケイン氏か、オバマ氏か? & 日本UNHCR協会  

民主党の大統領候補にオバマ氏が決定した。 最初は泡沫候補とされた彼がついに大統領選に出る。 しかしカーター氏も、クリントン氏もそうやって大統領まで上り詰めた、何が起こるか判らないのがアメリカ大統領選。 

マケイン氏か、オバマ氏か? 前者ならこれまでの路線維持指向。後者なら転換路線指向。 ただし「指向」は指向であって必ずしもそうなるわけではない。

これまで随時、寄付していたが、面倒なのでこれからは毎月少しだが銀行振込で定期的に寄付することに。
クリックすると元のサイズで表示します
注意↓ 音楽が流れます!
http://japanforunhcr.org/
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ