2008/6/14

地震 & 懇談会 & ONE & 排出権取引  salsa

仙台方面でかなり大きな地震があったようだ。とりあえず知り合いにメールやmixiで無事を確認してみる。 

流石にmixiからの反応は早かった。ものの10分もしないうちに無事との連絡がとれる。掲示板やmixiなどの特定多数への通信手段は今までにない力を発揮するだろう。

昨夜は担任の学生さんとの懇親会で焼き鳥屋へ。基本的に構わないつもりだが、それになりに彼らの要望や不満は吸収する必要があるだろう。段々お酒が入るにつれ本音が。
1)早口で一方的に喋るだけで、授業が判りにくい先生がいる(昔の大学の先生は皆そうでしたヨ)
2)評価の基準が不明、というよりも不当評価がある(う〜ん、実態は伝聞だけでは判りませんからネ)
3)殴るなど、手を出す先生がいる。 …今時、そんな教師がいるとは驚きだったが、これはチト問題。 大事になる前に少し行動が必要かも。
4)教室の空調が悪い。冷房の吹き出し付近は寒い一方、暑い場所もある。(昔は冷暖房などありませんでしたヨ、それに構造的問題は解決が難しい)
   10時前に終了。私はそれからONEにGO!

…しかし人が少ない。しかもお相手をしてもらった女性3人組も11時半頃帰宅。お一人は木曜振替のクラスの女性。

待てばまた人も集まるかもしれないが、土曜はSalsonもある事だし、ということで帰宅。 ちょっと物足りない。今夜のSalsonに期待しよう!

書き忘れ>
朝のテレビ番組で排出権取引のことが話題になっていた。途中、地震情報が入って続かなかったが重要なことを寺嶋氏が指摘していた。それはこれが今後、原油・食糧に続く、投機の対象になるかもしれないとのことだった。私もそう思う。とりわけ、排出権というのはバーチャルなもの、保管の費用もかからない投機の対象としては理想的条件を持つ。しっかりこの点を配慮しなければ社会のための手法が、逆に社会を痛める方法を提供することになる。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ