2008/6/30

北京への旅5 今日からお仕事  北京

さて、今日からお仕事。まず最初にセミナーをして、その後一日中あちこちでDiscussionをすることになっている。それが2日間に渡って続いたあと、水曜からは遺伝子診断ではトップレベルにあるという、中国のバイオハイテク企業の見学。バイオチップ関係の企業にも行くらしいが、詳細は向こうまかせ。 現在バイオテクノロジー関係の企業が中国でどのように成長しているのか知るよい機会。

<北京の街の印象>
第一に上げられるのは車の運転が荒いこと、タクシーに乗っていてもはらはらする。とにかくアグレッシブ。不要な警笛をしょっちゅう鳴らして回りの車を威嚇する。

第二の印象は都市の中の高層アパート。北京の中心部でさえアパートがひしめいている。しかもそのアパート、地震がきたら大丈夫かな?と思うほど耐震性の高くなさそうな構造である、所謂安普請。 北京の地盤は固いらしいので、この前の四川地震のようなものはないとのことだったがこればかりは判らない。 それにこれが特に印象的だが、冷房の屋外器がむき出しでそのまま高層ビルの外に取り付けてある。 取り付けも、メインテナンスも命がけなのでは?と余計なことを思ってしまう。
クリックすると元のサイズで表示します
(写真はホテルの隣のアパートだが、この2倍も3倍も高い高層ビルでも大抵このような造り、しかも老朽化したものもかなりある。見て通り、ガラスの占める面積が広いので構造的にはかなり脆弱ではないかと思う。みていて不安を覚える、専門家である、「おいちゃん」の目からはどう見えるかしら?

第三は、スモッグ。こちらにきてまだ3日目だが、いつも1日中霞んでいる。近くのビルでさえ霞んでよく見えない。

第四の印象は携帯電話の普及。 何処かしこで皆歩きながら電話している。日本ではメールが主流で、皆黙々と打ち込んでいるのに対し、此所ではうるさい程誰もが携帯で怒鳴り合っている。総じてこの街はうるさい。

追加:
第五の印象というか、問題点として、天安門広場など人が沢山集まる場所で観光名所でも、公衆トイレが少ない(ない?)。しかも、料金を払って入れる建物の中にあるトイレもちょっとレベルが低い。 有り体に言えば、ちり紙などは準備しておいた方がよい。オリンピックを控え、ここはへん、大丈夫でしょうかね??

最後は最初書かないつもりだったが、意外と重要な点かもしれないので追加しました(笑)

続き
幾つもの肩書きをもつ所長を表敬訪問。
クリックすると元のサイズで表示します
研究室を見学。成る程一通り揃っていますね。
クリックすると元のサイズで表示します
セミナーをして、
クリックすると元のサイズで表示します
例のように熱烈歓迎受ける。今夜は北京ダッグの有名店。目の前で調理してくれた。
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ