2008/9/20

第57回九州地区一般教育研究協議会  教育

平成20年9月19−20日 長崎大学(文教キャンパス)全学教育棟
  司会 高橋(長崎大)
  挨拶 羽坂(長崎大):一般教育の重要性が叫ばれている、
     key wordは、学士力、国際化、専門以外の領域の知識
  議長 淵田(九大):教員の意識改革が必要、アウトカム重視、専攻と教養科目の
     対立を解消し全学的に進める必要がある。
  挨拶 斉藤(長崎大学長):旧国立の2/3の建物は築30年以上でその2/3は未改修
  
  来年は宮崎大学 9−11〜12(金、土)、再来年は 福岡大学

<基調講演:13:20-14:45 川嶋 太津夫(神戸大学)>
○授業 教員からの視点→学生からの視点
○知識の獲得・所有→知識の活用
○終身雇用制の崩壊、多様な就業パターン→学習のポータビリティー必要
○大学全入時代 進学率55.3% (収容率92%)選ばなければ誰でも大学に入れる時代
    (内訳:学力入試で6割、推薦・AOで4割)
○大学全卒時代 中退率10%(イタリア55%,アメリカ52%)
○大学全入・全卒時代→きちんとした教育が出来ているのか疑問
○国際化 留学生30万計画、現在その1/5程度達成
  (しかし、本当に30万も留学生が来る程日本の教育は魅力あるのか疑問)
○現代学生像 4割の学生が将来何をやりたいか未定(授業を通じて将来を決める)
○学生の授業に対する期待に二極化 学問の基礎取得と実践的知識・技能
  (最先端の研究成果は期待していない=古典的学生像は妥当しない)
○現在の学生像 授業関連の自習は1日1時間以下が6割、だからと云って独自の学習をしているわけでもない(何も勉強していない)
○高等教育のパラダイム転換
教員視点から学生視点へ
(入試成績)から出口管理(合格率)へ

<何をこれからすべきか>
@ 学生本位の視点 A質保証のシステム構築 B学位プログラムの構築
学位=知識と能力の証明であるので知識を体系的に獲得する(幅広い教養)

○アウトカムを重視した学士過程教育
 まず育成すべき人材像を確立する→そこからカリキュラムの構築→人材選別(入試)
○ エリート段階の学生 対 ユニバーサル段階の学生
前者は受動的な学習活動でものびるが、後者は能動的活動が必要
○ 能動的学習の必要性 (学習活動と知識獲得率)
○ 学習ピラミッド
Lecture 5% < Reading 10% < AV 20% < Demonstration 30% < Discussion 50% < Practice 75% < Teach others 90%

授業を受けただけでは理解出来ない。演習問題解いて少し分かった気分になる。さらに、人に教える立場になってはじめてよく理解出来た、ということは経験済み。授業で一番勉強になるのは教師自身かもしれない。
クリックすると元のサイズで表示します

<まとめ>
○ (従来)個々の授業の集積から人材育成
○ (今後)まず「育成すべき人材像」からカリキュラムデザイン>入学者選考
  
「育成すべき人材像」で獲得すべき知識・スキル・特性を確立し、その獲得にむけたカリキュラム作成、並びに入学者の選抜をおこなう。
0

2008/9/19

長崎出張  

長崎には車で行く事に。少し早めに出て、長崎のシアトルズかスターバックスでネットに接続することにした。予め、車のナビ機能で市内の両店は確認済み。

ところが、第一候補のシアトルズが指定された場所にない。そこは場末の鉄道線路上? 散々長崎駅周辺を歩き回るが見つからない。諦めて仕方なく第二候補スターバックスへ。 ただし、駅前の駐車場は20分無料、無駄に駐車場料金を払うことはなかった。

市内は路面電車が走っていて右折の際に路線を遮ることのないように停車しないといけない、慣れないとつい塞いでしまう、実質問題は起こらなかったが少し注意が必要。 

長崎市内のスターバックスは「夢彩都」にある。9時半頃その駐車場に入れたのはいいものの、エレベーターは10時からとか… 5階から車道を歩いて降りる。 

スターバックスはしばしば無線LANがないことがあるので第一候補にしていなかったのだが、案の定、夢彩都のスターバックスに等到着したものの無線LANの設備はなく、長崎でのネット接続は前途多難? さらに朝食代わりに頼んだシナモンロールにはナイフが付いてこず、苦労しながらフォークだけで食する。 
  …いえ、まあ、店員さんにナイフをお願いすればいいことなのですけどね。

とは云え、何とかホテルで無線LANに接続♪ 無事up出来る。写真は途中の風景

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します
0

2008/9/18

Too big to fail? ライス・ロンダリング 縦糸横糸  試行,指向,志向、思考

出勤時、まだ暗くて判りにくいが彼岸花が咲き出した。
クリックすると元のサイズで表示します
<Too big to fail?>
何故AIGには公的資金投入? 一方でリーマン・ブラザーズは見殺し、不公平では? それを分けたものは何? リーマン・ブラザーズ破綻の世界的影響を見て、筋を曲げたのか?? それにしては、それを受けたNYやロンドン、フランクフルト市場は株価の大幅下落が伝えられている。よう判らん!

…ま、アメリカの足下がふらついているということでしょう。 自信のなさとも言える。 う〜ん、これは深刻、、、 しかしこれで、今後、アメリカ自体の投機資金規制の方向の可能性も出てきた?

<ライス・ロンダリング>
昨夜のNHKニュースで中国産米の汚染米が最終的に国産高級米になったとか。
汚染中国米(非食用米)→食用米→国産米→国産高級米
和菓子屋では国産高級米になったとか…???
それにしてもよく判らん。和菓子屋は材料の質も区別出来なかったの???

<縦糸横糸>
あるblogで南米棄民のことが話題になっていた。 
http://blog.livedoor.jp/emmy_marine/archives/51034545.html
それについてコメントするうち、あることに気がついた。

それは「グローバル・ディアスポラ」という本の中で、現代日本人が「交易・ビジネス・専門職型」ディアスポラに分類される同時に、過去の日本人が「労働・サービス型」ディアスポラに分類されていたことだ。 
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1014/trackback
前者の「交易・サービス・専門職型」は判るとしても、後者の「労働・サービス型」ディアスポラというのが当時いまひとつ理解出来なかった。 

しかし、今納得がいった。その分類の内に契約労働者としてのインド人、中国人が含まれていたことからこの本の著者は、ドミニカ移民に代表される。かつての日本国家が起こした国家的犯罪、「棄民」の犠牲者をこの分類に入れたことを。

確か小泉首相の時だったと思う、彼らの訴訟は時効の壁でかなわなかった。しかし小泉元首相は彼らに特別に賠償金のような見舞金を出した。 当然だと思う、確かに法的には時効かもしれない。しかし国家が意識的にかつ組織的に国民を見捨てた過去は償わなければならないと思う。 そうでなければ国家の品格が問われる。

我々日本人が忘れてしまった過去の犯罪を外国人がきちんと記録していることに恥を感じなければならない。 ちなみにグローバル・ディアスポラの著者ロビン・コーエン氏はこの本の最後の部分で自分自身がアシケナージム(ロシア系ユダヤ人)であることを告白している。だからこそ、これらについて誰よりも感受性高かったに違いない。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/1021/trackback

それにしても昔疑問に思っていたことがこうして納得いく糸口が他のところからやってくるのは嬉しい。これも縦糸横糸。 以前、『ハーメルンの笛ふき男』とドイツ中世史で出てきた東方植民に関する疑問が、あるとき東欧中世史から解答?が得られた経験がある。それ以来、このようなことを縦糸横糸と勝手に名付けています。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/416/trackback
0

2008/9/17

昨夜の「ニュースステーション」  

昨夜の「ニュースステーション」を帰宅途中の車の中で聞きながら、どうも納得がいかなかった。

今ここにある危機と称してある投資アドバイザー(?)がこの数日の金融危機以上に日本には別の問題があるとして、いま銀行が貸止まりをしていることを指摘していた。曰く、前年度、数百億の黒字を出しながらも経営破綻したアーバンコーポレイションの例を取り上げ、いかにも銀行に原因があるかのような議論だった。

…しかし、そうだろうか? 銀行自体がサブプライムで少なからずの損失を抱えている以上に当のアーバンコーポレイションに問題があると聞きかじりだが聞いている。 

投資家から巨額の資金を集め、都市開発で利益を上げていた、そのアーバンコーポレイションのビジネスモデルそのものが現在立ち行かなくなっているとのことだった。それなら、例え前年度に黒字決算だったとしても銀行が資金を貸さなくなるのはむしろ当然ではないか? 

以前読んだ『貨幣システムの世界史;非対称性をよむ』に、
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/191/trackback

通貨は「広く流通」し「交換」されなければ価値は無い。その為にはそれが『流通し、交換』する基盤、つまり実業が活発でなければならないという事が頭に浮かんだ。時代背景は新大陸発見からその植民地経営時代の話であるしかし、現代にも通じることだと思う。 はたしてそのような実業をアーバンコーポレイションは持っていたのだろうか…?

どうせ経済音痴の戯れ言、聞き流して下され(汗)
0

2008/9/16

「おくりびと」の想定内、想定外  

昨日は連休バージョンでTangoクラスが2時から、普段は祭日でも職場に行くのが習慣だがそんなわけで全日お休みにする。クラス終了後、夕食にはまだ時間もあることで突然思い立ち。映画「おくりびと」を観に行く。

どの映画館でやっているか判らなかったが、とりあえずダイヤモンドシティーへ、ここなら常時沢山の映画が上映されているので多分その中にお目当てのものがあるはずとの読み。 そして読みはズバリと当たる。これは想定内。

幸いにも上映後7分くらい経った時点で現地到着。予告編とかがあっていたのか、まさにはじまる数秒前に着席。

劇中、死者の旅立ちの儀式を観ながらパトリック・ギアリの「死者と生きる中世」で描かれた西欧中世と比較し、納棺や湯灌という言葉にフィリップ・アリエスの「死の歴史」を思い出す。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/76/trackback
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/80/trackback

ここまでは読み通りと云うか、想定内。 …しかし、最後に巧妙な「仕掛け」が仕組まれていて想定外のことが起こる。

最後、1個の小石が握りしめられた手から転がり落ちるシーンでうかつにも思わずブアーと来てしまう。 

両親共に見送った経験がある。涙も出なかったし、淡々と処理したつもりである。だが流石にその時のことを思い出した。これは想定外。
0

2008/9/16

中秋の名月  

今朝のニュースと中秋の名月
クリックすると元のサイズで表示します

今朝のニュースはリーマン・ブラザーズ破綻一色。予想外に公的資金は注入されなかった。アメリカとしては筋を通したということだろうが、これで将来、アメリカには投機資金規制の動きはないと見た。残念なこと。

今朝の『ビジネス展望』のテーマはK氏の「明るさが見える…」だったが、これほど今日のテーマにふさわしくないものはない。同氏はその理由の1つに原油価格の下落を指摘していたが、それは違うでしょう?

これは世界的不況を予想した動き。投機資金が逃げていることが原因じゃないの? どうも当てにならない。

それにしてもちっとも報道されないが、リーマン・ブラザーズ、あのライブドアに資金提供した金融機関。 堀江社長逮捕の時、当時行きつけの掲示板で司法批判が出ていて、見かねて反対意見を述べたことがある。彼は若者には人気があったからね。 彼の本質は彼らは見抜いていなかったと思うが、リーマン・ブラザーズの破綻にもそれが言える。 

今朝も傲慢こいてしまいました(汗)
0

2008/9/15

必ずある割合の学生は目的を達成されない仕組み  教育

入学させておいて、必ずある割合の学生は目的を達成されない仕組み

卒業を新司法試験の受験資格としてスタートしたロースクール(専門職大学院)だが、その合格率は33%だそうだ。 それ故、「学校側が授業料をぼったくってる」との不満や批判がでている。それはそうだろう。
http://askadi.exblog.jp/9695024/

実は、同じようなことが歯学でも起こっている。現在合格率は70%。これについては国が歯科医師数のシーリングをしている、絶対評価でなく相対評価を入れていることは周知の事実である(これには歯科医師会の意向があるのだろう)。 従ってどんなに勉強しても確実に不合格の学生がでてくる。 

一方でいま医師の数を増やす方向でも国は動いている。ただしこれは研修医制度によるもの、専門医の偏り、都市部と農村部の不均一が原因と云われているので一時的に医師の数を増やしても巧くいかないような気がする。獣医学科では4年生から6年生への移行の際、マスター修了を受験資格にして定員増を回避した。

大学の認可は文科省が握っている。一方で、規制緩和が云われ自己責任が強調されてもいる。 入学させておいて、必ずある割合の学生は目的を達成されない仕組みは何も新司法試験だけのことではない。 酷なやり方だとの不満批判がでるのは判るが、しかし、最初から一度コースに入ればゴールが約束されているという仕組みも問題あるだろう。 そこでの努力や精進が要求されるのは当然である。 それでもなお、相対評価というのは少し違うような気がするし、 まして合格率33%とはあんまりだと云う気がする。

尤もそれを言い出すと、もとより大部分の卒業生が教職につけない教員養成大学側から文句がでるだろう。

ちなみに私も国家試験を経てきた。現在とは状況が違うが、それでも合格率は70%以下だった気がする。当時大学には何も期待していなかった。あくまで国家試験は個人的なこととしていた。それに不合格になるとは予想もしていなかった。かなり不遜というか、生意気な学生(汗)

いずれにせよ、立場が違えば様々な意見がでるのは当然だろう。なかなか難しい問題。
0

2008/9/15

昨夜は「日曜Salson」&日本の教育予算  教育

昨夜はスペースが1スタジオ分狭かったが、人もその分少なかったので結構思い切って踊る事が出来た。満足。8時頃から、気がつくともう0時をとっくに過ぎていた。連日連夜よく動けるもの、我ながら呆れる(汗)。

<日本の教育予算>
今朝のニュースによれば日本の教育にかける予算はOECD加盟国28国の中で最低で、GDPの3.4%とか。これはOECD平均より何と1.6ポイントも低い。特に幼児教育と大学教育が低く、大学にかかる費用の69%は家庭負担。これが日本の教育の実体である。

資源のない国は人が一番重要だったのではないか? これで今まで日本の学力水準が先進諸国のなかで比較的上位だったのが不思議なほど、それが年々低下しているのはこのような原因も大きいだろう。それでは一体、国のその分の予算は何処に行ったのか、それを探ると色々判るような気がする。
0

2008/9/14

昨夜のSalson & 道路、下水道  

7時から午前0時半まで、我ながらよく踊れるものだ。 ま、昨夜はパチャンガだったので途中、何度か休憩がありましたからね。

新聞によれば福岡教育大学で武田鉄矢氏に名誉学位が贈られたとか、愚かなこと。 人気取り、奇をてらったパフォーマンスで教育は出来ない。 

今から20年くらい前、留学直後に感じたこと。それは日本の社会基盤が貧しいということだった。だから道路も、下水道ももっと完備しなければならないと感じたものだ。 アメリカはもとよりフランスなどはナポレオン時代の下水道がいまでも機能している。 今公共工事が色々問題になっているが、そのことをすっかり忘れていたような気がする。今朝のTV特番を観ながらそのことを思い出した。反省。 …ただ問題は、これまで作られた道路や下水道が100年経っても、200年経ってもなお使えるようなものであるかどうか、そうするにはそれなりの維持管理も必要だろう。
0

2008/9/13

20年前の今日、はじめてコンピューターウイルスが蔓延  

今日は職場の重要な年間行事、大事をとって昨夜ONEに行かず。

通勤途中、ラジオの「今日はなんの日」によれば20年前(1988)の今日、はじめてコンピューターウイルスが蔓延したとのこと。 当時既にパソコンは使用していたがネットには未接続。 接続したのは90年以降(論文にアドレスがあるかどうかで判断)。 接続したのはMacにしてからなので1度もウイルスに悩まされたことはない。 ただ例外は一度、周りのMac以外のパソコンにウイルスが蔓延してサーバーがダウン、その二次的影響を受けたくらい。 何故、世の中がWizばかりなのか不思議。 Wizはセキュリティーが脆弱。

94年には「インターネット接続法」と称して、自慢げにプロトコールを教室に配布いている(笑) これから判断するにネットに接続したのは92年頃ではなかろうか? 当時のメール法はサーバーに直接接続するTelnet。wwwはGoppherにFetch。 モザイク(ネットスケープの前)が出たときは感動しました、はじめてコマンドベース以外でネットが出来ることに。Goppher、Fetchはまだコマンドベース。

当時のプロトコールは以下のようなもの。
------------------------------------------------------------
e-mail* を通じた情報の入手法1(Gordon Conferenceのプログラムの入手法を例に)
  *当時はe-mailとwwwをきちんと区別出来ていなかったことが判る。

Goppherでの入手法
1Hard disk上のNetworkのフォルダーを開ける
2TurboGopherをあける
3ファイルから「他のゴーファー」を開ける
4Server nameのところに指定された"hanckberry.chem.niu.edu" を入力する
5しばらくすると接続され"hanckberry.chem.niu.edu"のウインドが開くのであとはメニューからConferenceを選び情報を入手する(簡単でしょう?!)

anonymous ftpでの入手法
1Hard disk上のNetworkのフォルダーを開ける
2Fetch をあける
3ファイルから「open connection」を開ける, 既に開いている場合もある
4hostのところに指定された"hanckberry.chem.niu.edu" を入力する
5しばらくすると接続され"Fetch "のウインドに入力されるのであとはConferenceを選び情報を入手する(簡単でしょう?!)
                          文責 ○○ 浩 11/3/94


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ