2008/9/13

20年前の今日、はじめてコンピューターウイルスが蔓延  

今日は職場の重要な年間行事、大事をとって昨夜ONEに行かず。

通勤途中、ラジオの「今日はなんの日」によれば20年前(1988)の今日、はじめてコンピューターウイルスが蔓延したとのこと。 当時既にパソコンは使用していたがネットには未接続。 接続したのは90年以降(論文にアドレスがあるかどうかで判断)。 接続したのはMacにしてからなので1度もウイルスに悩まされたことはない。 ただ例外は一度、周りのMac以外のパソコンにウイルスが蔓延してサーバーがダウン、その二次的影響を受けたくらい。 何故、世の中がWizばかりなのか不思議。 Wizはセキュリティーが脆弱。

94年には「インターネット接続法」と称して、自慢げにプロトコールを教室に配布いている(笑) これから判断するにネットに接続したのは92年頃ではなかろうか? 当時のメール法はサーバーに直接接続するTelnet。wwwはGoppherにFetch。 モザイク(ネットスケープの前)が出たときは感動しました、はじめてコマンドベース以外でネットが出来ることに。Goppher、Fetchはまだコマンドベース。

当時のプロトコールは以下のようなもの。
------------------------------------------------------------
e-mail* を通じた情報の入手法1(Gordon Conferenceのプログラムの入手法を例に)
  *当時はe-mailとwwwをきちんと区別出来ていなかったことが判る。

Goppherでの入手法
1Hard disk上のNetworkのフォルダーを開ける
2TurboGopherをあける
3ファイルから「他のゴーファー」を開ける
4Server nameのところに指定された"hanckberry.chem.niu.edu" を入力する
5しばらくすると接続され"hanckberry.chem.niu.edu"のウインドが開くのであとはメニューからConferenceを選び情報を入手する(簡単でしょう?!)

anonymous ftpでの入手法
1Hard disk上のNetworkのフォルダーを開ける
2Fetch をあける
3ファイルから「open connection」を開ける, 既に開いている場合もある
4hostのところに指定された"hanckberry.chem.niu.edu" を入力する
5しばらくすると接続され"Fetch "のウインドに入力されるのであとはConferenceを選び情報を入手する(簡単でしょう?!)
                          文責 ○○ 浩 11/3/94


0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ