2008/9/16

「おくりびと」の想定内、想定外  

昨日は連休バージョンでTangoクラスが2時から、普段は祭日でも職場に行くのが習慣だがそんなわけで全日お休みにする。クラス終了後、夕食にはまだ時間もあることで突然思い立ち。映画「おくりびと」を観に行く。

どの映画館でやっているか判らなかったが、とりあえずダイヤモンドシティーへ、ここなら常時沢山の映画が上映されているので多分その中にお目当てのものがあるはずとの読み。 そして読みはズバリと当たる。これは想定内。

幸いにも上映後7分くらい経った時点で現地到着。予告編とかがあっていたのか、まさにはじまる数秒前に着席。

劇中、死者の旅立ちの儀式を観ながらパトリック・ギアリの「死者と生きる中世」で描かれた西欧中世と比較し、納棺や湯灌という言葉にフィリップ・アリエスの「死の歴史」を思い出す。
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/76/trackback
http://diary.jp.aol.com/applet/salsa2001/80/trackback

ここまでは読み通りと云うか、想定内。 …しかし、最後に巧妙な「仕掛け」が仕組まれていて想定外のことが起こる。

最後、1個の小石が握りしめられた手から転がり落ちるシーンでうかつにも思わずブアーと来てしまう。 

両親共に見送った経験がある。涙も出なかったし、淡々と処理したつもりである。だが流石にその時のことを思い出した。これは想定外。
0

2008/9/16

中秋の名月  

今朝のニュースと中秋の名月
クリックすると元のサイズで表示します

今朝のニュースはリーマン・ブラザーズ破綻一色。予想外に公的資金は注入されなかった。アメリカとしては筋を通したということだろうが、これで将来、アメリカには投機資金規制の動きはないと見た。残念なこと。

今朝の『ビジネス展望』のテーマはK氏の「明るさが見える…」だったが、これほど今日のテーマにふさわしくないものはない。同氏はその理由の1つに原油価格の下落を指摘していたが、それは違うでしょう?

これは世界的不況を予想した動き。投機資金が逃げていることが原因じゃないの? どうも当てにならない。

それにしてもちっとも報道されないが、リーマン・ブラザーズ、あのライブドアに資金提供した金融機関。 堀江社長逮捕の時、当時行きつけの掲示板で司法批判が出ていて、見かねて反対意見を述べたことがある。彼は若者には人気があったからね。 彼の本質は彼らは見抜いていなかったと思うが、リーマン・ブラザーズの破綻にもそれが言える。 

今朝も傲慢こいてしまいました(汗)
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ