2008/12/28

基本中の基本 & 注目する歴史家  

昨夜のSalsonはeventが予定より遅れて、8時半が9時に。
あまりよい事ではない。時間厳守はビジネスの世界では基本中の基本。ITの評判が落ちるのではないかと憂慮する。

そんなわけで昨夜は1時頃まで踊ったがまだ、余力がありONEも考えた。しかし当日ONEではこれまたeventがあっているとのこと。チャージがとられるようなので諦める。

カウントダウンのチケットゲット。大晦日もサルサで過ごす? 勿論!

サルソンので時間がかなりあったので百道の図書館にいく。このところ読書量が低下しているので、正月休みに少し読まねばと思い2冊ゲット。1つは『納得しなかった男』著者はイスラーム・中央アジアを専門とする山内昌之氏。

もう1つは『フランス革命の心性』こちらの著者はミッシェル・ヴォヴェル、彼は17〜18世紀のプロバンス地域の庶民の遺書2万件の遺書を解析し、中世から近世にかけての「生死観の変遷」を分析したという人物。 と私が注目する歴史家。 さて読めるか?
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1166/trackback
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ