2009/8/31

これで日本も普通の国  試行,指向,志向、思考

これで日本も普通の国? 先日述べた、

政権交代の無い国 日本、北朝鮮、中国
から、日本が政権交代のある国になった。

<今なら云えることがある>
予想通り政権交代がなった。 自民党には再生のチャンス、これをバネに頑張ってもらいたい。 次回がある! 反対に利益誘導の党のままなら、政権を失った以上ジリ貧になる。

さて、選挙が終わったのではっきり云えることがある。あの幸福実現党だ。ポスターをみたとき、一体全体、何の事かさっぱり判らなかったが、党首が誰かが判って納得した。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1568/trackback

パロディー以外の何物でもないが、パロディーとばかりに笑い飛ばすことも出来ない。何故なら前例があるからだ。 前例とはあのオウムのこと。 
  国政が混乱する時、変な事が起こる。

Mixiなどで 「どの党が政権をとっても政治は変らない」 ということを云う人がいた。 もし、そのように考えるなら、その通りになるだろう。しかし「変えよう」と考えるならば、「必ず変る」そういうものだ。
  
  「自己改革が可能だと信じない人に自己改革は出来ない」 のと同様。

それにしても民主が勝ち過ぎ。 ある程度勝つことは政治の安定や力強い政策実行の為に必要だが、圧勝はまずい。 緊張感が無くなるとろくな事はない。 
  とは云え、こればかりはね、、、

選挙の番組の裏でNHK教育を見る。 ここで若狭出身のオホド=継体天皇が大伽揶(朝鮮系)と関係の深いことを平然と述べる。考古学では常識だが、一部の世界ではタブーになっていること。 ちなみにオホドは今の天皇系に直結すると考えられている。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/18/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/208/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/488/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/740/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/938/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1085/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1090/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1091/trackback

これをいつも西欧中世史との類似性で考えることが多い。ノルマン王国もイングランドとノルマンディーは海峡を挟んで存在した。 英国とフランスが別れたのは、近世のこと。 新羅、百済、高句麗間の三国戦乱時代の中で日本列島に移り住む人たちが多かったのが1つの原因。727年渤海(10世紀まで存在)の使者が日本に来る。

<データーベースとして>
前主席、江沢民が1994年に制定した「愛国主義教育」が現代の中国の若者に歪んだ中華思想を育てたという。 p178

人口の8%が55の少数民族。うち、チベット族、ウイグル族、蒙古族は比較的人口が多い。 その他は大抵100万人程度か、それ以下。p224

民工の数は1億以上、彼らは上海万博が終わると何処に向かうのか? p227
0

2009/8/30

今日は歴史的日? Innovationの有無  

昨夜は右膝の調子も悪かったし、頭痛もあったがSalsonへ。 そのうち忘れて8時頃から気がつけば午前様。足の裏は痛くなるし、膝はガクガク。やり過ぎだし、体にも悪いが好きには叶いません(笑)人間好きなものに殺されるとも(笑)

朝ゆっくり起きて、洗濯、掃除、庭の雑草取りをすませ(水やりは陽が既に高いので夜の予定) 選挙に行く。

今日は果たして歴史的日になるか? 小選挙区は政権交代必要論者としての行動。比例区は民主になっても野党としての批判勢力の立場を維持する政党へ。 皆さんお分かりですよね。

ベリリンの壁が壊れ、共産・社会主義国家が自壊し資本主義社会に緊張感が無くなり、様々な問題が生まれたというのが私の立場。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1255/trackback
拮抗する勢力を維持、育てることが重要という理念が私の選択の基本。

先日、中国についてmixiで議論していたら、ある人たちがかの国はコピーばかりで駄目だと述べていた。 確かに事実のある側面はある。しかしこの考え方は危険というのが私の立場。

20年程前、留学時代にアメリカ人の親しい友人、BobとDaveと議論になった。曰く、『日本の車はアメ車のコピーだ』と。それに対し私は、コピーがアメ車より性能がいいのは理屈にあわない、アメ車にはinnovationがないと。 議論は平行線を辿ったが、その後、私の正しさは証明されたと思う。 ただしまさかGMが破産するとは思いもよらなかったが… 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1351/trackback

確かに今はコピーかもしれない、しかしやがてinnovationが見られ始めたら、日本がfade awayする前兆だと思っている。傲慢さはやがて日本を滅ぼす。一見愛国者が裏切り者になる。

0

2009/8/29

Flu & Open campus & 招聘理由書  

Flu
今朝のニュースによれば今後日本での新型インフルエンザ感染者は国民の5人に一人、2,500万人と予想されているとか、死亡率を普通のインフルエンザ並に0.15%とすると、37,500人になるこれは阪神淡路大地震の死亡者よりはるかに多い。大変なことだ。

Open campus
今日、某大学ではOpen campusが開かれる、受験生集めの1つ。 少子化でどこの大学も学生集めに必死だ、最近では旧国立大学でも同じだと聞く。 かくいう私もこのところ東奔西走させられている。 

数も大事だが質も大事、この塩梅が難しい。 特に最後に国家試験がある大学では合格率で評価される。 せめて9割の国試合格は維持しないといけない。 幸い昨年は健闘した。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1397/trackback
とにかく大学での教育が重要、昔の大学生はエリートだったが今は全入時代、それなりの対応が必要。

それにしても、毎年このイベントの実施担当者にさせられる、いつの間にか定着してしまった。 新任の先生に何とかバトンタッチ出来ないか工作中(汗) 

<招聘理由書>
我々が中国に行って講演したりしても、特に中国領事館に書類を出す必要はない。
ところが立場が逆だと向こうの日本大使館に書類を出さなければならないのは何故だろう? 日本側の事情なのか? 中国側の事情なのか?

手がかりないわけではない。日米、日仏、日独の場合、このような手続きをした記憶がない、つまりこの原因は主に中国の事情ということだろう。

クリックすると元のサイズで表示します
3

2009/8/28

人民武装警察法  試行,指向,志向、思考

先ほどニュースで、中国の全人代で、治安維持に当たる武装警察部隊の任務などを定めた「人民武装警察法」を初めて採択したとか。 表題には「新彊ウイグルなどでおこった武装警察による暴動鎮圧を正当化」とある。
http://www.asahi.com/international/update/0827/TKY200908270399.html

それはあるだろう、しかしポイントはむしろ今後にあると思う。 これを単なる「現状是認」と捉えると本質が判らない。 
     …はい、またいつもの独断と偏見(汗)。

先の2007年の「物権法成立」と同様、今後の中国の向かう方向を現したものだと考えるのが正しい。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1565/trackback

つまり、法整備が出来たのでこれからどんどん暴動には力で制圧しますよ、との意思を示したわけ。 

いま、中国の抱える矛盾は坂道を転がる雪だるまのように大きくなる一方だ。 しかしこの動きを止めれば、それこそ全体が瓦解する。 矛盾が巨大化し、暴動がさらに頻発するのに対し怠りなく準備しておこうという強い意志を示したもの。
0

2009/8/28

『宴の後の中国』あるいは、原体験の違い  お勧めの1冊

職場に病院があるのは便利なものだ、色々恩恵も受けられる(汗) 准教授の先生自ら担当になって頂いた。 普通に受付を通したが、病棟で婦長さんと目が合ってしまった。

先生曰く、「どこにも治療跡がないですね〜」 それはそうだろう、憶えている限り一度も歯科に行ったことはない。 治療計画なるA4の用紙を頂き、おおよその治療期間や費用なども説明があった。 これまであまり医者にかかったことがないので判らないが、こんなにインフォームドを受けたことはない。 最近の「お客様=患者様第一」の傾向なのでしょうか?



『宴の後の中国』あるいは、原体験の違い
柘植 久慶(ツゲ・ヒサヨシ)PHP研究所、2008年初版。 反中感情の強い著者は傭兵経験者。反中に満ち満ちているが、内容は私の理解している点とかわらない。それに対する解釈の違いが態度に現れるということだろう。 

それにしてもこの本の反中国はちょつと凄い、著者は信念があるから構わないが、PHPさん、あまり過激なのは評判を落とすのではないかとこちらが心配してしまう(笑)

著者曰く、
『(2004年〜2006年の)暴動は74,000件、100,000件以上、120,000件』p121 

これは、「2005年に農民暴動が年間87,000件も起こっている」との手持ちの情報とほぼ一致する。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1127/trackback

また暴動が起こる原因として著者は、「検察と裁判所は党書記の影響下にある」ことを述べている。P160

これは司法の仕組みとして日本のような三権分立がないことによる。 解放軍が国軍でなく、共産党の私兵であることと同様、日本の常識が通用しない。

『雨後のタケノコのように中国は大学を新設し、現在卒業生は年間500万人に迫るが、求人は2005年段階で200万人、つまり三人に一人しか職に就けない状況がある』P168

これも、「最近中国の大学生の就職事情が厳しく、これまでは考えられないような職種、例えば料理人や家政婦などに大卒が就き始めているらしい」という情報に一致する。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1420/trackback

著者は上海万博を目安に(2011年までに)中国証券、債券が確実に紙くずになると予想している。P212

さて、それはどうだろうか? 北京オリンピックの時もバルブ崩壊が囁かれたがそれほどでもなかった。多分東京オリンピックのときのほどもなかったような気がする。 

私には2011年までに中国の証券、債券が紙くずになるとは思えない、危険性はあると思うが荷崩れを起こしそうな中国トラックはうまく乗り切れるだろうと思う。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1572/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1558/trackback

いや、これは予想というよりも期待だろう。 何故なら中国が転ければ日本もただでは済まないから。



さて、感想として、全体的に手持ちの情報は共通しているが、その解釈は著者と私とでは異なる。何故だろう? 

…多分、それはそれぞれ個人の「原体験」によるものではないだろうか? 私のアメリカに対するそれも同じ。 散々悪口を云えども、アメリカ大好き(あるいは中国大嫌いではない)人間であることと、

この原体験について、「超整理法」の著者である野口悠紀雄さんが同じような体験を述べていたが、原文は残念ながら既にweb上から削除されている。同氏も最初のアメリカ体験がその後、アメリカを厳しく批判しつつもアメリカに好感を持つ人格を形成したとのこと。
http://www.noguchi.co.jp/

<その他、有益な情報としてのデーターベース>
(1)温州みかんの原産地は浙江省温州市。P128
(2)メタミドフォス混入の犯人は天洋食品の元社員で50歳、07年4月に解雇され、6月と10月に侵入して毒物を混入、逮捕され既に処刑されているとのこと。P87 それは知らなかった、日本では報道されていないのではないか?
(3)2008年の月収は北京で3300元(52800円)、武漢で1300元、広州で2200元、新彊ウイグルでは<年収で!>1000元。民工は月収で1000元。p54
 この情報はなかなか貴重。
0

2009/8/27

再度『不都合な真実』  

mixiニュースから
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=52&id=941423

10人に1人は煙草が死因!?

今更だが、どんなに警告されても人によっては
      『不都合な真実』
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1267/trackback

以下は転記
* *************************

[ワシントン 25日 ロイター] がんの専門家らは25日、喫煙に起因するがんや心臓疾患、肺気腫などの病気で死亡する人の数が、来年には年間600万人に達するとの見通を発表した。

 米がん学会などがまとめた報告書によると、医療費や生産力の低下、環境への害などを合わせると、喫煙による経済損失は1年間で推計5000億ドル(約47兆円)に上る。

 世界全体でみると、10人に1人がたばこが原因で亡くなっており、このまま増加が続けば、たばこに起因する年間の死亡者数は2020年までに700万人、2030年までに800万人に達すると予想される…

 同報告書は、ウェブサイト(http://tobaccoatlas.org/)で閲覧することができる。
0

2009/8/27

平日のONE  

昨夜はサル友からメールをもらい、ONEで9時からパーティーがあるとのこと。 

平日ONEに行ったことがないし、到着しても灯りがついてない。ガセネタではないかとしばらく外で仲間を待つ。3人集まり意を決してGO。たしかにあっていました。平日のこと正味2時間程度でしたがそれなりに楽しめました。沖縄から来られていた上手な女性、帰り際、以前踊ったことがあると言われましたが、記憶にありません。Salsa時はハイになっているので記憶が飛ぶことはよくあります(汗)

今朝、ちょっとしたショック。朝食時奥歯が1本欠ける。見た目には判らないが大ショック。 これまで歯医者にかかったことがない、というのが自慢の1つだったのに… 

健康であることが自慢の1つでしたのに(涙、涙、涙)
0

2009/8/26

気配  

<秋の気配>
車の気温計によれば今朝の外気温は18℃、いつも市内よりも2℃ほど低いが、確かにニュースでは20℃と出ていた。 

クーラーがいらなくなるとプリウスの燃費が向上する。 積算燃費も20キロ台から22キロ台まで上昇したが、これも秋を予感させる。 ただし、まだ秋には早い、ぶり返しの残暑が待っている。

<政権交代の気配>
今朝のニュースによれば「沖縄返還に関わる密約」に関する訴訟に外務省の元局長が証言台に立つらしい。先日の「核三原則」に関わる密約と通じるものがある。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1577/trackback

以前には、このようなこともあった。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1493/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1489/trackback

うかつな事は云えないが、権力の移行、官僚機構の力関係の変化を無理矢理押しとどめようとする先のような動きもあったが、これがかなわないことがわかると保身に入る。 

それが政権交代を控え、(元)官僚の動きとみる。
     これらは全て繋がっている
             というのが私の独断と偏見。

政権交代(=権力構造の変化)とはこういうものである。旧政権の恥部、暗部が暴かれ、責任を追求されるのがどこの世界でも見られる。支持政党に関わらず、政権交代が必要だと常々考えているのはこれが理由。

政権交代のない国 → 日本、北朝鮮、中国
政権交代のある国 → 米国、英国、フランス等

日本の常識は世界の非常識というのはこの点に関する限る正しい。


0

2009/8/25

神奈川県地域  勝手連=里親リンク

詳細はこちら、「ニャパネットリターンズ」で↓
http://ameblo.jp/aisys/
なお、当方「勝手連」にて、ニャパネットリターンズの了承は受けていません。

クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/8/25

予兆 & リーダーズ・ダイジェスト  

<予兆>
予兆1:夏からインフルエンザの流行、しかも新型。感染者はこれまでのように老人でなく、若年層が大半を占める。      
      …これは秋からの大流行の予兆か?

予兆2:核三原則に関する密約についての元外務次官の内部告発とも言える重大証言。
      …これは政権交代・政官構造の大変化の予兆か?

<リーダーズ・ダイジェスト>
今朝のニュースでリーダーズ・ダイジェスト社の倒産。小中学生の時、毎月家に送られて来ていた月刊誌。 親の目を盗んで、読みふけった記憶。大人の世界への開眼?
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ