2009/9/21

戦後の日本と中国  試行,指向,志向、思考

先の学会では中国の招待講演者のお世話をした。 3日間一緒だったので公私にわたり色々話をした。

仕事関係では来月に院生をこちらに出向させたいとのこと。 その手続きを急ぐ必要がある。

私的な会話で面白い話をされた。 その先生が高校を卒業したのが1977年、まさに文革が終わった年。 約半年間何もすることがなく杭州の田舎でブラブラしていたそうだ。 そして大学が漸く再開され受験することになった。 受験者数2000万人、桁が違う! あまりの受験者の多さに2回に分けて試験が行われ、受験者の中には15歳も年上の人も含まれていたとか。 悲劇の「大躍進」に続く文革10年間の空白。

結果30万人が合格。500人の同級生の内受かったのは彼1人。 
ちなみに現在中国の大学卒業生の数は700万人。20倍以上に膨れ上がり就職難となっている。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1596/trackback

それはさておき、彼が合格通知をみてまず思ったのは「残念」だったとか。 何故なら、成績順で大学・学部が振り分けられる為に彼が合格したのは医学部。 彼は数学が得意だったので、そちらに行きたかったとか。 勿論今となっては医学でよかったと思っている。

それにしても文革が終わった年に高校卒業し、特に時間をロスすることなく進学出来たのは幸運と云うほかない。 私の数少ないもう一人の中国の友人であるMさんは10年以上の「外放」を経験し、大学院で日本に来た時には40歳になっていた。 勿論それでも「外放」経験者が都市に戻れたのは幸運なこと、しかも彼は海外に留学出来た。 まさに幸運中の幸運ではあるのだが…

日本人は半世紀、戦争も内戦も、飢餓もなく平穏に生活してきた。 それは世界の中では比較的稀なこと。 それに気がつかない人は多い。 Mixiの以下の話題をみて思ったこと。
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1285159824&owner_id=17314025
0

2009/9/21

現代史の難しさ  試行,指向,志向、思考

先日から『上海史』を読み出し、今、大躍進や文革のところにさしかかっている。 これまで読んだ本や映画(DVD)の殆どがこれらをNegative 評価している。唯一、日本人の書いた『中国50年の虚像と実像』 の中で著者の中野謙二氏は、

『なにが虚像で、なにが実像なのかを判断する資格があるとは、思えなかった』p292 と言い、文革に対する評価も一面的ではない。

『いまどきの中国人』の中でも、
『あの時代、人々の心は純粋だった、との感情が(一部の中国人には)強い…』p145 と述べられている。

これらの評価は文革が毛沢東の権力闘争に利用された悲劇と捉える多くの日本人の感じとは異なる。 評価する主体がその評価対象と無関係であるどころか、その中で生きてきた現代史の難しさはここら辺にある。 

私の親しくしてきた中国人(40歳以上)の多くは文革を厳しく批判するが、一方で毛沢東に対しては決して批判めいたことを云わない。 毛沢東批判は即、共産党批判であるからだろう。 従って文革は全て四人組の仕業となる。

同じようなことは先の日米の軍事密約にも現れる。 
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1579/trackback

民主党にしても解明をしたとしてもそれを即、個人批判や責任追求には持っていかないだろうと思う。 個人的にもある種、「苦渋の選択」として容認する気持ちがある。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ