2009/9/25

先手必勝  

今朝の『ビジネス展望』で藤原氏は鳩山首相のニューディール政策として25%CO2削減を評価していた。同感。 新規事業の創設に期待出来るだろう。 

かっての石油危機、当時は大変だったろうが、あの危機の中から数多くの新技術が生まれその後の世界最高水準の省エネ日本が生まれたと思う。以前も書いたが、経済連の御手洗会長が述べた、

「産業界、消費者の負担が大きすぎて、+4%が適当だ」は

「エコ」の努力をしないということと同義。 楽な道の先には破産がある。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1465/trackback

それに、日本が率先してイニシアティブをとれば有利な方向がつくれることもある。温暖化ガス削減で不利な条件を飲んだ過去を繰り返すべきではない。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ