2009/9/30

領土問題について  試行,指向,志向、思考

例の元代議士のHP、読むに堪えない内容。(と、云いつつ読んじゃいましたが、汗) 

それに触発されたわけではないが、領土問題についての私見をまとめてみる。 既に元となる部分は以下のURLにも書いていますが…
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/205/trackback
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/291/trackback

まず歴史上、国境の変らない国などないことを踏まえる。 その上で、

(1)「妥協」が必要。
   →しかし島の場合にはそれは難しい。まさか半分ずつというわけにはいかない。
    ではどうするか?

(2)日本がこれまでとってきた「無策の策=無視」がよい。
   →しかしお互いの政治情勢により論争になったら?
  (領土問題が浮上する時は大抵、背景にそれぞれのお国の裏事情がある)

(3)日本の主張をしっかりするとともに、
   実効性なくとも、国際司法裁判所への提訴を進め
  「情勢の変化=お国事情の変化」を待つ。

   →しかし、それが出来ないならば? 一般的、歴史的領土問題の解決策は、
   戦争!  それを選択する???

@とても解決しそうにもない、長年の領土問題を見事解決し、いまやEUの中心国となった独仏に習おう。
0

2009/9/30

『大地の咆哮』2  お勧めの1冊

胡錦濤は恩人で失脚した胡燿邦と同じ失敗を靖国問題でしでかしてはならないという意識を強烈に持っている。p95

総額18億円のプリジェクトのうち日本が17億円を無償援助しても、何故感謝されなかったのか? それについての中国の国内事情、特に地方と中央の関係で明らかにされる。これは参考になる。そこから改善策が自ずと明らかになる。

『資金が外国から出ているか、中央政府から出ているのかは援助を受ける地方にとっては第二次的関心事である』 

これを回避する道は、
<日本政府が現地に直接出向く、プロジェクトを中央を介さず選別すること> p130

その他、データーベースとして、
○中国では義務教育制度といいながら、国家の負担は3割、7割は地方負担、その地方が財政難で結局個人負担になる仕組み。p152

○建前は三権分立だが、背後には共産党の指導がある。p162 
  →そうなのか!? 誤解していた。制度上三権分立ではないと理解してが…?
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1582/trackback

1000tの水で1tの小麦が生産され、その市場価格が1,400元。同じ水で生産される工場で使えば70倍の生産性がある。p187
  →だから、(農村、農業でなく)工業化の方に傾くのは仕方の無い部分がある。

行政サービスを全く受けられない農民の方が、税金、公共料金、教育費の負担率が高い。p206
  →ここに三農問題の根深さがある。

72年の国交正常化は中国国民には認めがたい条件だったが、このとき共産党は『日本の一部軍国主義者(=戦犯)に責任があり、日本の国民一般はむしろ犠牲者である』との説明をした。 だから靖国問題は避けて通れない問題になっている。p242 
同様なことは小菅信子氏も述べていた。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/289/trackback
  →日本はここらをよく理解して戦略的に動く必要がある。

著者は靖国神社が各国にある「無名戦士の墓」と同等の施設ではないことを明言している。p250
ちなみに、あの神社の歴史は明治2年に最初招魂社という名で建てられたもの。 高々100年。 近くに散在する小さな神社でも1000年の歴史がある。 その点でも異質なもの。そのことは靖国神社のHPにも載っている。
http://www.yasukuni.or.jp/history/index.html
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ