2009/11/30

『中国情報地図、中国が直面する50の緊急課題』  お勧めの1冊

昨夜、たまたまNHKの新番組『坂ノ上の雲』を観る。 ちょっとヤバそう、面白そうだから。 これが噂の司馬遼太郎原作の番組か。

『中国情報地図』
孔健著、河出書房新社、2009年初版。 『高度成長を続けながら財政赤字に悩むのは… 中央政府から企業や現場に資金がわたる過程で何処かにその資金が消えてしまうのである。つまり役人や業者の不正行為が多発して…』p32

『中国の失業率の定義は都市戸籍だけの統計』4%程度の失業率は企業内失業も加えれば実際には30%にのぼるとか。p37
  中国がルイスポイントに達したという先のカン氏の指摘はどうも当てにならない。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1688/trackback

近年「農業税」を撤廃した。P44
  これは初耳である。

三権分立ではない中国 p92
  先の理解は私が正しかったことが此処でも確認出来た。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1629/trackback
0

2009/11/29

『もっと好きになっちゃった上海』  お勧めの1冊

昨夜のSalsonで、mixiでメールを頂いた人から声をかけられた。 普段いつも踊っていても名前を知らない人ばかりなので、よくあること。 

他にもこれまで何人かいたが、大抵、向こうの方はこちらをご存知。実名で出しているのが原因でしょう。実名はインターネットがまだ普及していないころからの習慣。あの時代は実名が当然でしたが、最近は色々な危険性などから匿名性が普通になった。

『もっと好きになっちゃった上海』 下川裕治編集、2007年初版。双葉社。 上海のSalsaはレベルが高かったがその理由が判った。  『もっと好きになっちゃった上海』によれば、上海ではテレビの『舞林大会』というダンス番組が流行して習い事と云えばラテンダンス(拉丁舞、ラーディンウー)という状態になっているとか。 なかでもサルサが急に人気が出た。しかも上海人の性格として真剣に学ぶ傾向があるとか。 p100 もともと中国では社交ダンスが昔から盛ん、そこにラテンダンスブームが来たみたいだ。

上海を歩くには『歩く上海』という本が便利だとか。p129

庭の紅葉、生け垣の椿が満開。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/11/28

『上海新風』3  

『$をペッグにしてきわめて安定した今の元相場は、沿海都市部の加工組み立て産業にとっては安過ぎ、内陸から奥地の農業・一次産業にとっては高すぎる… 広い中国を連邦制にして複数の通貨をもつことがよいが、そえは政治的には無理』 p206-7

そのようなことが考えられるのかと、驚いた。

『今後農村部から出てくる2億人近い人口を食わせていかなければならない…これから10年が最も悪化する(2002-2012年)、その10年、どんな手を使ってもしゃにむに駆け抜けなければ、次の10年以降、今度は社会の老齢化を心配しなければならない… China gets old before it gets rich』 p229

私が考えたことと全く同じことがこの著者によって語られている。まんざら素人の「薮睨み」も見当はずれではなかったようだ。

私はある時は、
「荷崩れを起こしそうに山積みにされたトラックがデコボコのゆるい下り坂を駆け抜けている」  と表現し、
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1558/trackback

またある時は、
「中国の人口学的危機」と表現した。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1112/trackback
0

2009/11/27

『上海新風』2  お勧めの1冊

今朝の『ビジネス展望』で寺嶋氏はデジタル放送が南米で日本方式が続々と採用されたことを取りあげ、
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1629/trackback

またかつて携帯が日本に特化した「ガラパゴス化」した苦い過去の失敗を反面教師として取り上げ、ICT(情報コミュニケーション技術)の発展がこれからの日本に重要であると指摘された。 まことに同感。

携帯については確かにそうだった。 かつて私は日本の携帯システムが世界標準になると期待したが完全に予想は外れた。2000年11月15日書き込み分
http://www.greengrape.net/bbs/rbbs_2000_1115.html

昨日の『ビジネス展望』で野村総研のカン氏は、
  「中国は今やルイスポイントに近づいた、つまり完全雇用状態になりつつある」
と述べる。かつて農村の余剰人口が都市部に流入することで安価な労働力が得られたがこれが、そろそろ限界に近づいたと述べる。(リーマンショックでやや遅れたが)

…そうだろうか? 少しカン氏はいつも身内贔屓のところがあると思っている。 国内での経済格差がある以上、平均値で飽和状態になるにしても、現実的にはやはりの三農問題を抱える中国には農村からの過剰労働者存在の状況はしばらくの間、変化ないと思うのだが?

『上海新風』2
「マンションはスケルトン販売される。配管工事や主要な配線工事はするが、あとは間取りすら決まっていないただの箱として売り出す」p147

これで、あのアパートの無秩序なエアコンの取り付けが納得される。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1105/trackback

新天地を設計したのは香港のディベロッパー。p159

上海だけには、近代的な労働者がまとまって存在していた。だから中共は上海で生まれなければならなかった。p162

20階以上のビルは1984年の上海には1つも無かった。今日(2002年の時点、初版は2006年だが内容は2002年)2,600棟。これは土地が政府所有であることによる。 p176

投資を速やかに回収しようと思えば、高い値段で使用権を売り出し、開発に重点をおこうと思えば使用権を安く売り出す。現実には後者か? p176
0

2009/11/26

普段みないTV番組 & 『上海新風』2  お勧めの1冊

昨夜は出張帰りで、いつもより早めに帰宅。たまたまテレビをつけたところこの番組があっていた。

「言語力」を高める、
言葉はコミュニケーションの役割だけでなく論理力を鍛えるのに必要。文字化することの意味。 
…blogを書き続けることはその能力を維持するよい訓練かもしれない。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/403/trackback

「ためしてガッテン」
6万5千人が肺がんで死亡。煙草の原因は2割(43種類の発癌物質含む)、残りの8割は不明。ここ2年の成果。
女性であることが原因の1つ。女性ホルモンの暴露。空気による活性酸素発生が原因
受動喫煙で4〜5倍のニコチンの受動喫煙がある。煙草吸って後5分は残る。
癌は「運」
2年に一度はCT検査。

厚生省の局長の釈放。本人は無罪を主張。これについては個人的に不自然さを指摘しておいた。今後の展開が興味深い。
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1489/trackback

テレビもなかなか興味深い。

『上海新風』谷口智彦著、2006年初版、中央公論新社。
中国は世界の価格破壊者だが、価格の格差は都市と農村にもある。P67
中国で立ち退きがいとも容易に進む理由の1つは、いま彼らが住んでいる個人の住宅がトイレや浴室がない状態からこれが完備したアパートに移れることがある。P69
上海にはテレビのアンテナがない、その理由は、「トイレがなくともブロードバンド」がある。P72
30代の女性でも両親の受けた文革の記憶があり、これがバネとなっている。P95

0

2009/11/25

メールチェック  

5時帰福。メールのチェックに駅前のスターバックスに入るも回線が遅い。
0

2009/11/24

広島より & 『上海・浦東IT世界戦略基地の実像』  お勧めの1冊

広島チサンホテルよりアクセス。 今回からホテルから無料でネットにアクセス出来るようになった。 この時代そうでなくちゃね! 出張のときは自分でホテルを選択できないので今回も予め、無料無線LANサイトを調べてきたが、これからその必要はなさそう♪ 

8時ごろからMambosにいく予定。 今夜はsalsaできるかな? 前回は駄目でしたが… 同じ火曜日、駄目かも、、、
http://blue.ap.teacup.com/applet/salsa2001/1503/trackback

追記
サルサな広島の夜は、男性5人、女性ゼロでもっぱらシャドートレーニングの異様な夜になった。汗、汗、


笑うなかれ、この努力が男性には必要なのだ!(断言)

『上海・浦東IT世界戦略基地の実像』
沼尻勉著、講談社,2001年初版。 ドッグイヤーと云われる上海の記述としては致命的に古い。しかし目的はそこではない。 此所で予想されたことがどれだけ現実となったかの検証が目的。

南の経済特区(深圳)は海外へ輸出基地。浦東は輸出と国内市場むけ。P46
上海の高層ビルは事務所と住宅がほぼ同じ面積 p97 
  あの高層ビルの多くがアパートであるのは確認済み
上海市は、80年代は技術、90年代は金融、21世紀初頭は人材p146
中国は市場と引き換えに人材の育成をはかっている。P150
(2000年の時点で)人口1,600万のうち人材と称されるのは140万の大学卒や専門技術者と20万人の専門研究員の、合わせて160万人。ちょうど人口の1割が人材。P154
浦東が求める人材はITと生物医薬関連。P157
   これは知らなかった。生物医薬など聞いたことがない。

予測され、現在検証可能な事柄。
2010年までに
@ITと生物医薬関連の総生産量を3500億元とする。P158
A浦東にある外資系金融機関を3倍の200以上にする。P160
B輸出量は400億元以上にする

人材確保競争に上海、北京近郊の中関村、深圳、重慶などの西部地区が熾烈争う。p164
0

2009/11/23

広島出張  

明日・明後日と広島出張、アクセス出来ないかもしれない。
0

2009/11/23

神奈川県地域  勝手連=里親リンク

詳細はこちら、「ニャパネットリターンズ」で↓
http://ameblo.jp/aisys/
なお、当方「勝手連」にて、ニャパネットリターンズの了承は受けていません。
クリックすると元のサイズで表示します
0

2009/11/23

『龍城愛歌』  お勧めの1冊

昨夜のSalson Liveは知らない人が多かったが楽しめました。東京から来たというサルサはじめたばかりの娘さん。それと、踊ることはなかったが、帰りにサル友と居酒屋に行って紹介された、中国からきて10年目の娘さん。 日本語が巧くて最初気がつきませんでした。 これからもSalsonに来るとか、楽しみです。 

というわけで自宅に帰ったのは3時頃。 ま、たまにはよいでしょう。今日は休日だし。

週末中国映画の1つ『龍城愛歌』 原作は「龍城正月」Dragon town story
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?oid=4307
チャン・イーモウ監督作品。なかなかつぼをえた作品。楽しめるでしょう。最後はハッピーエンドなどがよい。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ